2011年02月28日(月)

★ 『英国王のスピーチ』

テーマ:【ヒューマン・ドラマ】
2010年。イギリス/オーストラリア。"THE KING'S SPEECH".
  トム・フーパー監督。
 セットや美術は一見すると豪華だが、全体の雰囲気が何となくB級映画っぽい。
 コリン・ファース主演の映画としては、『シングルマン』の方が明らかに格調高く、優秀な映画だということだけは、ほとんど寝ていたにもかかわらず感じ取ることができる。

 監督を筆頭に、知らない名前だらけのスタッフによって作られていることが、よりB級映画っぽさを強めている。プロデューサーの名前も聞いたことがないな、と思ったら、ジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスの短い生涯を描いた『コントロール』や、小品映画の佳作、『ボビーとディンガン』などを製作した人々だった。
 カメラマンは『0:34/ レイジ34フン』という血まみれホラー映画を撮影した人物だ。
 衣装デザインだけは、『シャーロック・ホームズ』や、『ブラック・ダリア』などでさえたセンスを見せた人なので、素晴らしかったが、
 明らかに一流ではないスタッフによって製作された映画なのは間違いない。(英国映画界についてはよく知らないので、イギリス国内では一流なのかも知れない。)

 吃音症に悩まされたジョージ6世が、ラジオで演説をするまでの過程を描く、という地味で退屈そうな素材をこれほどまでにドラマティックで感動的なものにした脚本がすぐれているのだろう、と思ったが、脚本家も過去のキャリアはくだらなそうなB級テレビドラマしか書いたことのない人物のようだ。

 やはり、カメレオン俳優、ジェフリー・ラッシュと、『秘密のかけら』で自分につきまとっていた殻を打ち砕いたチャレンジの男、コリン・ファースとの組み合わせの相性が良かったのだろうか。

 『ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方』では、どこからどう見てもピーター・セラーズ本人にしか見えなかったジェフリー・ラッシュのうさんくさい医師を演じる表情の変化が面白い。
 『秘密のかけら』では、ジェリー・ルイスに扮したケヴィン・ベーコンをドラッグ中毒の果てに背後からレイプしようとするディーン・マーティンらしき人物を演じていたコリン・ファースだったが、今回はエリザベス女王の父親にあたる人物を演じることになるとは、映画俳優とは不思議な職業だという感慨があった。

 娯楽映画としても作りがしっかりしており、見どころも多い作品であることには違いないだろうが、アカデミー賞の記録には残っても、人々の記憶には残らない映画になりそうな予感はある。
 はっきりと言えば、この映画はぜんぜん大した映画ではない。
 駄作ではないとしても、せいぜい『おくりびと』程度の、中の下のレベルの映画に過ぎないだろう。(個人的な偏見が含まれています。)
 なぜ、これよりは優秀な映画である『ソーシャル・ネットワーク』が作品賞ではないのか、日本アカデミー賞も本家のアカデミー賞も作品の優劣を決める場ではないので当然の結果なのかもしれない。
    IMDb       公式サイト(日本)
映画の感想文日記-kingsspeech1
 コリン・ファースの俳優人生の中では、印象深い、一世一代の名演技であることには疑問の余地はない。
 大観衆を前にしたときの、いたたまれない感覚が直に伝わってくる心持ちがしたものだった。
映画の感想文日記-kingsspeech6
 正式な医者でもないのに、ジョージ6世の心の中にあったわだかまりを解きほぐし、ジョージ6世を解放し、自由にしてやった男ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)。複雑なキャラクター設定と、ジョージ6世と対面するときの微細な態度の移り変わりなど、プロフェッショナルの職業俳優とはジェフリー・ラッシュのことを指し示す言葉だと言っても良いほどに見事過ぎる演技だった。
映画の感想文日記-kingsspeech3
 ガイ・ピアースが登場したことで、よりB級映画感が強まった。なぜだかはわからない。
映画の感想文日記-kingsspeech4
 ライオネルの貧しいながらも、満ち足りた人生を過ごしてきた様子が自然に伝わってくる家庭の描写が、格式ばった宮廷内との様子との対比で、良いアクセントにもなり、観客にもリラックスする時間を与えていて、すばらしかった。
映画の感想文日記-kingsspeech5
 クライマックスの息をのむような緊張感と、その後に訪れる感動的なエピソードなど、なんだかんだ言ってもアカデミー賞らしい映画だったような気もしてきた。
 ヘレナ・ボナム・カーターや、ライオネルの奥さん役の俳優なども良かったが、全体に脇役にあまりおもしろみのある俳優が少なかったような印象がある。予算の関係か、脚本の不備か、実話なので制約があったのか、どちらにしろ、主役の3人以外は遠景へ遠ざかっていた。
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター
¥4,935
Amazon.co.jp
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター
¥3,990
Amazon.co.jp
英国王のスピーチの真実 ~ジョージ6世の素顔~ [DVD]/ジョージ6世,エリザベス王妃,現エリザベス女王
¥3,990
Amazon.co.jp
英国王室史話〈下〉 (中公文庫)/森 護
¥980
Amazon.co.jp
Ost: the King’s Speech/Alexandre Desplat
¥1,659
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。