2010年12月18日(土)

★ 『トロン・レガシー (3D版 日本語吹替版)』

テーマ:【アクション】
2010年。アメリカ。"TRON: LEGACY』
  ジョセフ・コシンスキー監督。ダフト・パンク音楽。
 すばらしかった。『グリーン・ホーネット』の3D版の予告編が。
 セス・ローゲンの等身大パネルがシネコンの入り口に飾られているのを見たときにも感慨深いものがあったが(しかも隣には大スターのキャメロン・ディアスが並んでいる)、
 XpanD方式のメガネで見る『グリーン・ホーネット』の予告編、それが、この『トロン・レガシー』の最大のクライマックスになろうとは、予想もしないことだった。
 監督はミシェル・ゴンドリーで主演がセス・ローゲン、これは全国のセス・ローゲンファンにとっては、黄金のような、いやダイヤモンドのような輝きを放つ最高のプレゼントに違いない。

 今現在、TBSラジオのウィークエンド・シャッフルで実写版『スポーツマン山田』(ある最低最悪のゴミ映画を暗号でそう呼んでいる)をディスりまくっているが、『スポーツマン山田』が最低で最悪のくそゴミ映画であること(ゴミ映画と呼ぶことさえはばかられるあまりの最低ぶりに腹も立たないことは小学生でも理解できる)は、すでに現代用語の基礎知識の来年版にはのりそうな一般常識なので、いまさらディスっても、意味がないような気がしていたが、
 この『トロン・レガシー』を見た後では、
 日本もひどいがアメリカもひどいぞ、と考えを改めた。

 「人類が到達した未来の3D体験」というコピーは、オリジナル版に敬意を表した一種の恥じらいを含んだ標語みたいなものだったのかもしれない。
 映画が始まってもなかなか3D映像にならない。映画が始まる前に「2Dで撮影された映像がありますが、そのままメガネを装着したままご覧ください。」という注意が出るので、そのままメガネをかけた状態でいると、徐々にしょぼい3D映像がはさみこまれてゆく。

 電脳世界に入り込んだ後半になって、ようやく3D映画らしい画面にはなってきたが、明らかに『グリーン・ホーネット』の3分程度の予告編にも負けている。
 ダフト・パンクのわざと批評的精神でやっているのかどうか不明ながら、超ダサくてカッコ悪い音楽にのった空中戦のシーンも、『スポーツマン山田』に匹敵するダメさ加減で、
 今さらウィリアム・ギブソン流の電脳世界での冒険など、『ソーシャル・ネットワーク』に20年くらい遅れているが、
 いや待てよ。
 これは3D映画という現在の流行の基礎を築いたオリジナル版の『トロン』の精神に忠実に、3D映画というもののダメさやつまらなさを意識的に明らかにしてみせるための批判的ダメさなのかも知れない。と思い当った。
 そうとでも考えなければ、『スポーツマン山田』に匹敵するダメ映画にしか見えないこの『トロン・レガシー』を製作した意味がなくなるだろう。
 そうなると、もう一度、オープニングの場面から変だったこの映画を見直してみる必要がある。
 (一見すると『スポーツマン山田』や『シー・モンキー3D』に匹敵する最低最悪のゴミ映画風に見えるので注意が必要な映画。)
   IMDb 公式サイト(日本)
映画の感想文日記-tron1
 設定上は素肌に電気的にペイントしただけ、という設定になっているコスチューム姿のクオラ嬢(オリヴィア・ワイルド)がもう少しセクシーなイメージだったら違った意味でスクリーンに集中できたのだが、
 ディズニー映画なのでそこは抑制されている。
映画の感想文日記-tron2
 格闘シーンだけはそれなりに3D効果が発揮されていたが、この程度なら『ソウ ザ・ファイナル』の方がよほど3D映画らしい3D映画だった。
 ストーリーは現代風にアレンジされてはいるものの、基本的には1980年代の人が思い描くサイバー世界の冒険物語になっている。
 見どころは、ない。どこにも。まったく。と確信する。
トロン:レガシー [Blu-ray]/ジェフ・ブリッジス,ギャレット・ヘドランド,オリヴィア・ワイルド
¥2,500
Amazon.co.jp
トロン [DVD]/ジェフ・ブリッジズ,ブルース・ボクスライトナー,シンディー・モーガン
¥1,500
Amazon.co.jp
トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック/ダフト・パンク
¥2,600
Amazon.co.jp
THE ART OF TRON:LEGACY ディズニー映画『トロン:レガシー』の世界 (Sh.../ジャスティン・スプリンガー
¥3,150
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。