2009年05月03日(日)

★ 『GOEMON』

テーマ:【アクション】
2009年。「GOEMON」パートナーズ。
  紀里谷和明監督・製作・原案・脚本・撮影監督・編集。
 「キリヤ・ピクチャーズ」という監督個人の映画製作会社による、ほとんど一人ですべてを思い通りに作ったらしき映画。
 『レッドクリフ』などと比較する必要もないほどに格調高い映画ではなく、悪く言えばコンピュータ・グラフィックだらけのテレビゲームの中みたいな薄っぺらで安っぽい映像だらけの作品だったが、
 何ともいえず、次は何がどうなるのか、あるいは何をやらかしてしまうのか、という期待に満ちたわくわくする感じがあって、画面から眼が離せなかった。
 似たようなCGだらけの映画の『300(スリーハンドレッド)』には拒否反応と息苦しさしか感じなかったのに、これは違った。
 一人で全部やってしまったことからくる間抜けさが救いをもたらしていたのかも知れない。
 場面が切り替わるときに、「おやっ、これは寒々しくなってしまいそうだぞ。」というシーンがいくつもあって、面白かったこともあり、
 出演俳優のキャスティングの見事さもあった。

 この映画を見ていて、映画は誰にでも作ることが可能だ、ただし映画監督に必要な唯一の才能は資金を集める能力と、資金が集まる場所に居合わせる才覚だけだ、という誰かの言葉を思い出した。
 お金持ちのボンボンが金を湯水のように使って作った自己満足の映画に過ぎないように見えて、この映画はかなり開放的なイメージがある。
 同じお金持ちのボンボンであるローマン・コッポラの『CQ』を思い出しもした。

 主演が江口洋介だと知ったときには、期待感はなかったが、平幹次朗、奥田瑛二を筆頭に、周囲を固める濃ゆすぎるほどの配役陣が適材適所で作品を盛り立てていて、
 江口洋介もそれに引っ張られたのか、かなりすばらしい。今度の連休の映画の最大の収穫はこの『GOEMON』ということになるのかもしれない。海外での上映も決まっているらしいが、海外でのほうが受けが良さそうな気もする。
          公式サイト(日本)
映画の感想文日記-goemon1
  『ガキの使い』での芸能人釣り選手権の常連出場者として親しみを感じてはいた江口洋介と、ガレッジセールのゴリという組み合わせには新鮮味はなかったが、
 殺陣の練習は長期間積んだらしく、大沢たかおとの一騎打ちのシーンなどに迫力をもたらしていた。
映画の感想文日記-goemon6
 五右衛門が慕い敬う正義の人、織田信長を演じる中村橋之助もメイクが濃いこともあって、かなり変だったが、きていた。
映画の感想文日記-goemon4
 これまでの俳優キャリアからは、もっとも意外性を発揮したサディスト的な猟奇殺人鬼、石田三成を演じる要潤だったが、面白いほどに役に入り込んでいた。
映画の感想文日記-goemon7
 服部半蔵役の寺島進も濃い演技で映画そのものをうさんくさいものにすることに貢献していた。
 チェ・ホンマン、玉山鉄二などにもそれぞれ見せ場があって、これが何の映画なのかわけのわからない状態に陥ってきた。
映画の感想文日記-goemon3
 悪の権化として登場する豊臣秀吉役の奥田瑛二だったが、最大の見せ場は同じ暑苦しさを持つ千利休役の平幹二朗とのやり取りだろう。
映画の感想文日記-goemon2
 最初は一瞬、麻生久美子に見えた茶々役の広末涼子だったが、少女時代の茶々を演じる福田麻由子のかわいらしさとの連続性のなさも見どころになっている。
 チョイ役で有名俳優が多数出演しているが、思わせぶりな表情の演技を見せておきながら、あっという間に殺された鶴田真由が特に印象に残っている。
映画の感想文日記-goemon5
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。