2008年11月22日(土)

★ 『トロピック・サンダー/ 史上最低の作戦』

テーマ:【コメディ】
2008年。アメリカ。"TROPIC THUNDER".
  ベン・スティラー監督・製作・脚本・主演。
 映画が始まったかと思うと、『グラインドハウス』みたいにフェイク予告編が4本流れる。
 アルパ・チーノ(ブランドン・T・ジャクソン)の宣伝する「ブーティ・スウェット」という清涼飲料水か何かのCMから、ダグ・スピードマン(ベン・スティラー)のくだらなそうなアクション映画、ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)の下ネタコメディ映画、カーク・ラザラス(ロバート・ダウニーJr.)の中世の教会を舞台にした同性愛映画(相手役はMTVベスト・キス賞受賞のみょうになまめかしいトビー・マグワイア)。
 『グラインドハウス』のフェイク予告編は、ちゃんとした本編を見たくなるような良くできたものだったが、
 ここでのフェイク予告編はどれもつまらない(意図的にくだらなく作ってあるせいもある)ので、あれっ、と思ったら、その後も、観客の誰ひとりとして笑わないままに映画は終了してしまった。
 それどころか、トム・クルーズのダンスが始まったら、過半数の観客はクレジットも見ずにさっさと出て行ってしまった。
 ここまで露骨に「つまらなかった」という態度を見せつけられたのは、ゴダールの『アワーミュージック』以来のような気がして、ちょっとショックだった。
 『地獄の黙示録』を想わせるヘリコプターの音が館内全体に響き渡る音響効果のオープニングには期待が高まったのだったが。

 これは日本では受けないな(アメリカ本国でも大してヒットしていないが)、と確信した。公開初日ということもあり、『ハッピーフライト』より観客数は多かったが、たぶん今後は伸び悩んで早めの終了となる予感がする。
 ネタがブラック過ぎることと、アメリカ人向けのものであるので、アクターズ・スタジオのメソッド演技法を知らない人にはロバート・ダウニーJr.の怪演技などは意味不明で笑うに笑えないものだろう。(一般的には映画オタクか演劇オタクしか知らない言葉かも知れない。)

 ベン・スティラーの最近の出演作がファミリー向けの『ナイト・ミュージアム』だったこともあり、もっとわかりやすいコメディを想像していたら、ベン・スティラーの趣味が全開のかなりマニアックなコメディになっていて、映画好きのアメリカ人には常識だと思われる最近のハリウッド映画の傾向などを理解していないと、面白みの少ない映画に見えてしまう可能性が高い。
 字幕もかなり省略されていて、いろいろな固有名詞が出てきても訳されていなかった。
 せりふを全部忠実に字幕にしてあっても、実際に、細かいネタなどは全く理解できなかったような気がする。
 という点では、『JUNO/ジュノ』を見たときに感じた、近いようで遠い異文化の国の映画だという感慨があった。
    IMDb       公式サイト(日本)
tropic1
 クライマックスは『ディア・ハンター』のパロディとして描かれていたベン・スティラーとロバート・ダウニーJr.との対話の場面で、R・ダウニーJr.がメソッド演技は何の意味もないと悟り、メソッド演技を捨て去る場面になっている。
 スタニフラフスキー・システムや、メソッド演技についてよく知っているわけではないので、それほど面白い場面には見えなかった。『ディア・ハンター』をレスペクトしつつ、そこでのロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンの演技をおちょくるという複雑なものになっている。
tropic4
 『ミリオンダラー・ベイビー』のデンジャー役で強烈な印象を残したジェイ・バルチェルも部隊の一員として重要な役どころだったので、フェイク予告編があれば面白かったような気がした。
tropic6
 しかし、つまらない映画ではなく、コメディ映画の傑作であることに間違いはない。『主人公は僕だった』みたいな浅はかでどうでもいい映画とは格が違うことを見せつけていた、ような気がする。
 薬物依存症のコメディアン役のジャック・ブラックがいまひとつ目立たなかった。
tropic7
 出演者の全員が思いっきりやりたい放題の怪演技だったが、ニック・ノルティは本当にこの人は大丈夫だろうか、と思うほどに怪演だった。『コドモのコドモ』で祖父を演じていた榎木兵衛に匹敵する。
tropic5
 麻薬組織のリーダー(子ども)がダグ・スピードマンの映画のファンだったことから物語は面白い展開になってゆく。
 戦闘シーンはコメディ映画とは思えないほどに迫力があって、グロいシーンも多く、面白いと思う人と、つまらないと思う人にはっきりと分かれる映画になるのかも知れない。
tropic3
 誰も笑わないコメディ映画という事態にはちょっとつらいものがあった。
 しかし、もう1度見に行ってみたいような気もちょっとする。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。