2007年12月23日(日)

★ 『魍魎の匣』

テーマ:【サスペンス】
2007年。「魍魎の匣」製作委員会。
   原田眞人監督・脚本。京極夏彦原作。
  この原作はめずらしく読んでいたので、少し興味もあり、見てみた。第1作目の『姑獲鳥の夏』は読んでいないので見ていなかった。
 「魍魎の匣」という小説は、ページ数が多い割にスラスラ読めて、読み終わったら、「これは、少女マンガを文章にしたようなものではないのか。」と思ったのは、登場人物のキャラクターのイメージが少女マンガに出てくる長身の西洋風の貴公子にしか思われなかったためで、
 実際に若い女性のファンが多い作家だと聞いていたら、劇場内にいるのは、若い、というより、映画の中で両手両脚を切断されて箱詰めにされる少女(谷村美月)と同じくらいの年齢の女子高生が過半数を占めているので、ちょっと驚いた。高校生があんな分厚い小説を読むのか、と思ったものの、少女マンガみたいな小説だし、納得できるところもあった。

 大コケして早めの上映打ち切りとなった『伝染歌』 の原田眞人監督が、再び起用されていることに不思議さを感じた。他に、適任者がいるような気もするが、製作会社が危険な賭けに出ることを避けるための安全策として、選択したのだろう、と思った。独自の思考やこだわりを持った映画監督だとは思うものの、演出面で、どうにも中途半端なところがある人物のような気がする。
 見る前から良くない評判ばかりを耳にする映画だったが、たぶん『伝染歌』のようなものだろう、となめていたので、そこそこに面白かった。
 長い小説を2時間ちょっとにまとめなければならないので、登場人物が早口言葉大会のように、猛スピードでせりふを言うのがちょっと面白かった。
 ということ以外には特に何も思うところがなかった。おそらく今年最後に見る日本映画がこれになるような気がするが、来年の今頃は、おそらく、この映画を見たことを忘れてしまっている。
      公式サイト
moryo2
 一番印象に残ったのは、意外にも、ほとんど興味のない雨上がりの宮迫だった。映画の中で『3つ数えて』という映画のポスターが映る場面があるとおりに、宮迫のキャラクターは『3つ数えろ』のハンフリー・ボガート、『キッスで殺せ!』 でラルフ・ミーカー演じる探偵マイク・ハマーに近い荒っぽい人物になっていて、それがけっこうはまっていた。
 宮迫主演で、『キーラーゴ』みたいな90分弱の荒っぽいハードボイルドものの映画を作ったら、面白いかも知れない、と思った。
moryo3
 宮迫の次に面白かったのは、田中麗奈演じる中禅寺敦子で、もともとコメディ調の演技をするとさえる女優なので、田中麗奈主演で、90分弱のおとぼけ探偵もの映画を作ったら、面白いかも知れない、と思った。
moryo4
『檸檬のころ』 で若手のお笑い系女優の有望新人だと思った谷村美月が、むごたらしい姿にされて命を落とす。
谷村美月主演の空回り青春コメディが作られると面白いかも知れない、と思っていたので、今回の配役は少し意外だった。
moryo1
 黒木瞳以外にこういう役柄を演じられる女優さんはいないのだろうか、捜せば見つかるような気もした。
魍魎の匣の箱(初回限定生産)
¥6,306
Amazon.co.jp
魍魎の匣 スタンダード・エディション
¥3,063
Amazon.co.jp
京極 夏彦
魍魎の匣
ジェネオン エンタテインメント
姑獲鳥の夏『魍魎の匣』公開記念版
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。