2007年08月04日(土)

★ 『怪談』

テーマ:【ホラー/ スリラー】
2007年。松竹/ザナドゥー。
  中田秀夫監督。三遊亭円朝原作。
 オープニングが、一龍斎貞水という講談師の舞台の上での語りで始まり、語りが映像に移り変わってゆく、という展開で、ひょっとしたら面白くてこわい映画になっているのか、と少し期待した。
 J-ホラーは帰宅してから、夜にこわくなることが多いので、ほとんど見ていない。この監督の作品は意外に数多く見ていたが、『リング』以外はほとんど記憶から消え去っている。

 ありがたいことに、ぜんぜんこわくない怪談映画になっていた。原因は、ミス・キャストの嵐のような連続にあるような気がする。
 主演の尾上菊之介が、ただひとりで、がんばって、作品を支えていたような印象がある。次々に登場する有名女優陣は、全体に時代劇といった風情ではなく、現代劇の女優がコスプレしているように見えた。
 主題歌が浜崎あゆみという時点で、マーケティングの上で狙いを定めてある観客層が、熱心な映画ファンとは違う人々だろうと思われるので、これはこれで、ありかとも思った。
 それにしても、ときどきビクッとする場面はあっても、全くこわくないし、登場人物のキャラクターも薄っぺらくて、安心して見ていられるホラー映画だったので、よかった。若手のスタッフばかりの割にはセットや美術もすぐれていたような気もする。
   公式サイト
kaidan1
 美しい容姿と優しい心の持ち主の新吉(尾上菊之介)は、身持ちが硬いという評判の歌の師匠、豊志賀(黒木瞳)に一目ぼれするが、やがて豊志賀のほうが新吉を離さなくなる。
 黒木瞳があんまりこわくない。しかし、他に誰か適任の女優がいるかというと、思い浮かばないので、これはこれで良かったのかも知れない。
kaidan5
 原因のよくわからない豊志賀の、重い病の看病に疲れた新吉が、夜遊びをして家に帰ると、豊志賀が来ていた。しかし、実は、このとき豊志賀は死んでいたのだった。
kaidan3
 新吉には、豊志賀が死ぬ間際に殴り書きした遺書、「女房をもらったら、とり殺す」という怖ろしい文が残されていた。
kaidan2
 以前から新吉に想いを寄せていたお久(井上真央)とともに、二人は故郷へ帰ることにする。新吉はお久の顔が豊志賀に見えてきて、お久をあっさりと刺し殺す。
 お久が幽霊になって登場するシーンは、こわくないどころか思わず笑ってしまった。
kaidan6
 故郷でお累(麻生久美子)と知り合い、父親(津川雅彦)に気に入られて結婚する。
kaidan4
 豊志賀の妹、お園(木村多江)が、地味な役だったが、いちばん時代劇に似合っていたような気もする。
他に、悪女役で瀬戸朝香、六平直政、光石研なども出演。
 後半は、ホラー映画というより、アクション時代劇の出来損ないみたいな雰囲気だった。
 しかし、つまらないわけではなく、そこそこに面白い。
メディアファクトリー
怪談 【限定版】
メディアファクトリー
怪談 【通常版】
三遊亭 円朝, 小池 章太郎, 藤井 宗哲
真景累ヶ淵 (中公クラシックス J 34)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。