2007年06月25日(月)

★ 『キサラギ』

テーマ:【コメディ】
2007年。キサラギ・フィルム・パートナーズ。
  佐藤祐市監督。古沢良太原作・脚本。
 『隣人13号』や『オトシモノ』などでの好演でひそかに応援していた小栗旬がついに主役となった作品。『あずみ』では出てきてすぐ殺されるチョイ役だったが、テレビドラマでは活躍していたらしい。
 登場人物が5人しかいない密室劇で、現在の日本映画になくてはならない香川照之と小出恵介、『ドッペルゲンガー』での演技が素晴らしかったユースケ・サンタマリア、『間宮兄弟』 で意外に好演した塚地武雅といったキャストの中心に位置して、物語の進行役を小栗旬が担当している。

 セットが小劇場演劇みたいに安っぽくてゴチャゴチャしているので、NHKで時々ある舞台中継を思わせる。ストーリーの展開も、これはそっくりなものを見たことがあるような記憶があるが、学生時代に無理矢理チケットを買わされて、いやいやながら見に行った演劇サークルの、ギクシャクして面白いのかつまらないのか判断できなかった芝居に雰囲気が似ていたのだった。
 しかし、原作と脚本は、『ALWAYS 三丁目の夕日』 を書いた人なので、ひとりよがりな印象はなく、面白いものだった。
 テレビ出身のスタッフで固められているが、これは同じ密室劇の映画の『約三十の嘘』を演出した大谷健太郎監督に任せたら、素晴らしい傑作になったのではないか、とふと思った。
 『約三十の嘘』は物語はあまり面白くなかったが、演出は、列車の中という密室空間をていねいな演出で見せていた。
    公式サイト
kisaragi1
やはり香川照之が一番素晴らしい。香川照之がいなかったら、かなりしょぼい印象の作品になったような気がする。
kisaragi2
 密室での5人の会話による推理サスペンス劇だが、『AKWAYS』の脚本家らしく、最後はヒューマン・ドラマで終わるのかと思われた。が、姿を見せないことで美しいイメージのままにするのかと思ったアイドルの映像が最後になって出されて、それまでのヒューマン・ドラマっぽい雰囲気をわざとぶち壊して終わったところにセンスのよさが感じられた。
kisaragi3
 これまで好青年ばかりを演じてきた小栗旬が、幅広い人物像を演じられる俳優として大きく飛躍するきっかけになる作品になるのかもしれない。小出恵介と塚時武雅のふたりが、演じるキャラクターのせいもあるのか、ちょっとうっとうしかった。
キングレコード
キサラギ スタンダード・エディション
古沢 良太, 相田 冬二
キサラギ
ランダムハウス講談社編集部
キサラギ オフィシャル・ムック
サントラ, 佐藤直紀
キサラギ オリジナル・サウンド・トラック
ライムライト, 松原憲
キサラギ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

asphaltさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。