本当は劇場で観たかったんですが、単館上映だったもんで逃してしまいました。


・・・でも、DVDで充分だったような気もしました。


つまらなかったわけではないんですが。





リチャード・ニクソン


2004年 アメリカ


■あらすじ■


1974年2月22日。ワシントン・バルチモア空港に、一人の男が立っていた。「私の名はサム・ビック…」ある決意を胸に、彼は親愛なる音楽家、レナード・バーンスタインに宛てるテープに心境を語り始める。平凡なサラリーマンだったサムは、1年前に別居した家族との絆を再生させるため懸命に仕事に取り組むが、まるでうまくいかない。ボスから与えられた自己啓発のテープと、テレビから映し出されるウォーターゲート事件のニュースが、彼の精神を少しずつ蝕んでいった。やがて未来への希望をひとつずつ失っていったサムは、ウォーターゲート事件を引き起こしながらもテレビから正義を訴えるニクソン大統領の姿を見て、大統領暗殺を決意する…。



(常時ネタバレ発信中)

実際の事件でもあり大統領暗殺計画を元に作られたそうです。


とりあえず・・・


かわいそすぎる!ショーン・ペン!っていうか、虚しすぎるという方がいいでしょうか。


不本意な営業はさせられるわ、別居した妻には新しいパートナーができてるし。

言いたいこともロクに言えずに結局はあしらわれてしまう姿に同情心すら芽生えてしまいます。 


ショーン・ペンの演技に大注目です。

本当にすごい人だと改めて実感しました。


その精神的な弱さが最初から最後まで延々と・・・という感じなあげく、最後は結局自分の目的を果たせないまま終わってしまうんです。

む、虚しすぎる。


ストーリーは地味というか静かに事が進んでいくので退屈感がありましたが、それでもショーン・ペンの存在感だけは残しつつも、だらしのない気弱な可哀想な男を完璧に演じていました。

観て損はないかと思います。




ショーン・ペン

ナオミ・ワッツ

ドン・チードル

ジャック・トンプソン

マイケル・ウィコット

AD

2003年 アメリカ


ライフ・オブ・デビッド・ゲイル


【出演】

ケビン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー、レオン・リッピー、マット・クレイブン


【あらすじ】

大学教授のデビッド・ゲイルは、妻と息子を愛する良き父親であり、死刑制度廃止運動に熱心に取り組んでいた。テキサスの大学で哲学の教鞭をとり、人々の敬意を集めていた彼は今、同僚の女性(コンスタンス)をレイプした上に殺害した罪により死刑囚として収監されている。死刑執行の刻限が迫る中、デビッドは女性記者ビッツィーを呼び寄せ、自分の手記を書くことを依頼する。この世で最後の3日間、1日2時間ずつ、彼は金網越しに事件の経緯を語り始める。状況証拠も物的証拠も揃っており、ビッツィーはデビッドの有罪を疑っていなかったが、彼の話を聞き、事件を辿るうちに彼の無罪を確信し、冤罪を証明するために奔走する…。




(常時ネタバレ発信中)




無実の人間までもが無実を証明できずに死刑にされていく時代。 無実の人間が死刑にされるなんて事は、明らかに間違ってはいます。 でも殺人を犯した人間ですら死刑にならない場合があるというのには、正直反対です。 どんな理由があろうとも人様の命を奪うことなんてしてはいけないんです。 死刑にしたところで被害者が帰ってくるわけではないですけど、身をもって償うべきだと。 償いきれるはずもないあんですけどね・・。 

平気で人の命を奪い、その人間が今ものうのうと生きているこの時代。 思うことの多い物語です。


この物語の最後の最後に言わんとしていたことが分かります。

自分は無罪であると主張しつつも、自分の命はどうなってもいいから手記だけは残したいと訴えかけていたゲイル、大した腕のない弁護士を解雇しなかったこと、コンスタンスと生活を共にしていたカウボーイの男が何故、ビッツィー達を執拗に監視していたのか・・・・沢山の謎が動きながら話は進んでいきます。


冤罪の証拠になるビデオを入手したビッツィーは急いでゲイルの元へ行くんですが、途中で車が壊れてしまい、着いた時には既に死刑が執行されていたんです。 じゃぁ、車が壊れなければ執行する前に着きゲイルを救うことができたかも知れません。 でも彼は、そんな事は望んではいなかったと思います。 彼の目的は、無実の人間が、こうして死刑になっているんだということを身を持って証明したかっただけなのですから。


死刑が執行されてからビッツィーの元にゲイルからビデオテープが届けられました。 ”オフレコ”と題されたビデオの内容は、コンスタンスが”自殺”して、カウボーイの男が彼女の服を片付け・・・。 そしてフレーム・インしてきたのがゲイルだったのです。 彼女の死を確認したうえで有罪とされる証拠となったビニール袋に自ら指紋をつけたんです。

コンスタンスははっけつ病を患っていて、老い先短かった命をどう使うか考えた末にこの計画を立てたんでしょう。 カウボーイの男も腕のたたない弁護士も皆協力者だったということなのです。  ビデオで見せたゲイルの表情がとても印象的でした。


自らの命を投げ打ってまで、無謀な死刑制度に対して訴えたのに、上の人間はそれを汲んでやることなんてしませんでした。 すごく悔しかったのを覚えています。


人の命を奪うことはもちろんですが、自ら命を絶つことだっていけないことなのに、日々自殺や殺人事件が絶えない現状を考えた時に、この作品のことが頭にチラリと浮かんだので手直しレビューとして書いてみました。


主演のケビン・スペイシーは、『アメリカン・ビューティー』以来ファンで、彼の作品はちょこちょこ観ています。 ちょっとミステリアスな役や、ちょっと壊れた役をやらせるならこの人!でしょう。 

コンスタンスを演じたローラ・リニーも結構好きで、彼女を出演作品をわざわざ観るということはしないのですが、自分が観て来た作品にいくつか出ていました。 『ミスティック・リバー』などなど。 好きです。

AD

1998年アメリカ


監督:ジョン・ダール

出演:マット・デイモン、エドワード・ノートン、ジョン・タトゥーロ、ファムケ・ヤンセン、

    ジョン・マルコビッチ、ジョシュ・ペス


あらすじ:

 マイケル・マクダートマンは、学費をポーカーで稼いでいる天才“ラウンダー”。恋人のジョーには賭けをやめる様何度も言われているが、この道はやめられない。そんな彼が全財産を賭け、差しの勝負をするが完璧に敗れてしまう。一度はポーカーから足を洗おうと誓うマイク。しかし、イカサマ師の級友ワームの出所を機に、再びポーカーの世界に足を踏み入れて行く?。約束された将来、そして恋人の反対を押しきり、カードの魅力にはまっていくマイク。全てを取り戻せるか、全てを失うか。ラストには未来を賭けた大勝負が待っていた-。


この作品はきっと、ギャンブルをやる人とやらない人ではまた見方が違うのかも?


ちなみに私は一切ギャンブルはやりません。


何故なら、

ギャンブル運がしこたまないので。


1度は足を洗ったのにかつての友人ワーム(ノートン)の出所によって、マイク(デイモン)はまたカードの世界へ足を踏み入れてしまうんだけど…。 昔大負けした時に彼を助けてくれたのは他でもない今の彼女だったのに、彼女の幾度とない説得に背いてしまったわけです。

おいおい、そりゃないでしょ?


誰のおかげで今があると思ってるんでしょうか? 

女の立場から考えたら今風で言うなら、ありえない


そういった意味ではマイクの気持ちはサッパリ分からないな。 マイクを捨てた彼女の選択も正解だと思うし。 マイクのようにギャンブルに強い人なら一生生活していけるかも知れない。でももし、もし負けたら? たった1度の負けが一生パアにしてしまうかも知れない。

そんな男に自分の人生かけられない。 どんなに好きな男でもきっと別れると思う。


しかし、最後のかつて大負けした男との勝負のシーンはけっこうドキドキさせられた。 たかがポーカーと言っても相手の表情やしぐさを伺ったり時にはカマをかけたりと、駆け引きの世界。 結果、この勝負でマイクは自分自身を見つめ直すことと新たな目標を得ることが出来たんだけどね。


あー、そういう感じで行くんだね?っていう感じですね、個人的には。


男のロマンはよく分からないです。


とは言うものの、作品自体はけっこう面白かったです、ギャンブルものにしては。


↓↓余談↓↓

やっぱりエドワード・ノートンはカッコイイ!

もう大好きな俳優の1人なんですが、彼の演技はいつ見ても最高。

作品ごとにまるで表情が違う。 時にはサエナイ男、時には神父、悪役…などなど色んな役をやっ       てるけど、どれもこれも別人のよう。 素晴らしい。

そんなノートンは大学生の頃に関西で生活していた時期があって関西弁を少々喋る。カワイイ。

 




人気blogランキング参加中 ←よろしければポチッと
AD