シネマ~ニャ。

アクマでも個人的な評価なのであしからず…

ネタバレもチョロチョロあるので要注意でございます。


テーマ:

1995年 アメリカ


ユージュアル・サスペクツ


【出演】

+ガブリエル・バーン

+ケビン・スペイシー

+スティーブン・ボールドウィン

+ピート・ポスルスウェイト

+ケヴィン・ポラック

+ベニチオ・デル・トロ

+チャズ・パルミンテリ


【あらすじ】

船舶の炎上事故を調べていた捜査官クラインは尋問していたヴァーバルから奇妙な話を聞かされる。6週間前に銃器強奪事件の容疑者として集められた5人が、釈放後、協力して宝石強奪を決行。ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング“カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れたというのだ……。


【感想】 (常時ネタバレ発信中)


この作品でスペイシーは助演男優賞を獲りました。 スペイシー好きの人に面白いからと勧められて観たんですが、これがキッカケで私もスペイシー好きの仲間入りを果たしました。
1度目の鑑賞は去年なんですが、どんでん返しがあると聞かされていたのと眠いのを我慢しながら観てたので集中できず、終わったあとも「あぁ~・・・」のような感じになってしまいました。 途中で雰囲気と常に疑いながら観てたもんで犯人も分かっちゃったんですけどね。
が、この作品には定評がありリピーター率も高いので、改めて観てみよう!と思い再び手にしました。


やっぱり面白い!ユージュアル・サスペクツ!


冷静に観ても、犯人を知っていても面白い。 むしろ、2度、3度観た方が面白いのかも知れません。



カイザー・ソゼとは一体何者なのか?実在するのか?それとも架空の人間なのか?



以下ネタバレ↓↓


全て計算済みだったということなんですよね、彼の。 恐ろしく頭のいい男で、あの船の一件で自分が身体が不自由なのを理由に外されるであろうことも、彼の証言によりキートンを疑ってかかっていたクラインがキートンがカイザー・ソゼであり、そしてキートンはまだ生きてると思わせることも全て計画通りだったというわけです。


映像の殆どが結局のところヴァーバルのでっちあげなので、最終的には騙される人も多いんだと思います。 それにしても船の一件までの証言というのが、部屋の中に貼ってあった紙切れから人の名前や土地の名前などを使い話していくんです。 そこは最終的にバレることも計算してたのか、バレないであろうと踏んでいたのか・・気になります。 そして、1つだけ真実だったのはカイザー・ソゼの側近であった”コバヤシ”という男の存在。 


+++++


あの結末に、続編が決まっているそうです。 クラインと犯人が再び会うことはあるのか、続編でカイザー・ソゼの存在が明らかになるのか・・・かなり気になります。 いつになるのかはサッパリ分からないですが日本で公開したら絶対劇場で観たいと思います。


余談ですがベニチオ・デル・トロが若かった(笑) 今じゃ、”目で妊娠させる男”とか称されているのに、この頃の彼には若さたっぷりで、そんな雰囲気はゼロでした(笑)

更に余談ですが、ヴァーバルという名前には”おしゃべり”という意味であることがセリフであるんですが・・・m-floのヴァーバルって、そこから取ったのかな~なんて思っちゃいました、ラッパーなので(笑)



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年 日本


約三十の嘘


出演:

椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴杏里

あらすじ:

大阪発・札幌行きの豪華寝台特急トワイライト・エクスプレス。ある日、この人気特急に、6人の詐欺師が乗り込んだ。彼らはもともと一緒に仕事をしていたチームだったが、3年前の某事件をきっかけに解散。今回は札幌での大仕事のために、久々に再集結したのだった。新参者も加わり、どこかぎこちない雰囲気ながらも、なんとか仕事を成功させた6人は、同じ特急で帰路につく。だが、儲けた現金が突如として消え失せてしまい…。



キャストが豪華



(常時ネタバレ発信中)



レンタル屋で見かけて、この豪華なキャストに惹かれて手にした作品です。椎名桔平や中谷美紀好きなんで。美しい、中谷美紀。『ケイゾク』の時の天然キャラの彼女が好きです。


列車の中で設けたお金が消えてしまう。疑わしい人物は沢山いる。一体誰が仕組んだことなんだろう?と考えながら観て行けるので退屈感はありませんでした。

犯人が分かったかと思うと、そこにはまだ罠があって、なかなか最後に辿り着かないという。


最初から何かあるだろうな~、こいつと思っていた今井(伴)は、やっぱり詐欺師でした、しかも一流の。義理や人情ではなく、ただ金を稼ぐことだけで金のためなら仲間も裏切るという人でした。

でも、そんな彼女も最後は考えるところがあったようでしたが。

元々この詐欺を考えたのは鹿田(漢字分かりませんが、椎名)だったわけなんですが、その理由が仲間である宝田(中谷)をふっ切るために、彼女を出し抜いて金をふんだくって、彼女のこともキレイサッパリ忘れてやろうと思ってたのです。

そんなことしても忘れられないで後悔の念に悩まされるだけだったと思ったんですけど(笑)


詐欺劇の中に、ちょっとした恋愛ごとや仲間とはどうあるべきかということが描かれていましたが、もうちょっと何かあっても良かったんじゃないかな~と感じました。

あれだけのキャストなのに勿体無い。それぞれのキャラクターは個性があって良かったんですけどね。

舞台は”列車の中”ということで、実際どのように詐欺行為を行ったかというのは映ってなかったので物足りなさをそこに感じたのかもしれません。

まぁ、この作品を創るにあたってそのシーンが重要だった訳じゃなかったんだとは思いますけど。


何だか微妙な作品でした。面白かったような気もするんですが、でもどこか足らなかったような気もするんです・・。キャストでけっこう上げた感はありましたけど。


あ、そういえば。

音楽担当はクレイジーケンバンドだったんですけど、良かったです。合ってた。

出たての頃は、「何だこのオッサンら」と思っていましたが、カッコいいんですよね、実はけっこう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。