2005年 アメリカ


フライトプラン



自分の周りでは賛否両論のこの物語。


■あらすじ■


夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E-474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。ジュリアはいったいどこへ消えたのか?


■感想■


これを観るにあたって、映画 『 シックスセンス 』 とか 『 フォーガットン 』 のような結末や展開だったらイヤなんだよな~と思ってました。


で、結果はというと、どちらでも無かったということで・・・とりあえず良かったかなと。

結末や経過を話してしまうと台無しなのでレビューもあまり書けないんですが・・・

↓↓ネタバレ↓↓

ただ、ジュリアの旦那が突き落とされたということが、もっと何か理由があってなら面白かったのにな~と思いました。 全ては計算通りに進んではいただろうけれど、向こう側の一方的な戦略だけだったので、”何故?”という気持ちが宙に浮いたままになってしまったのが残念でした。

↑↑ネタバレ↑↑


サスペンススリラーということなんですが、終わってしまうとそうでもなかったじゃん?という感じもしましたが、あの上空を飛ぶ飛行機の中での密室事件にはそそられます。

あの飛行機は映画の撮影用にデザインされたものだそうですが、かなりハイテクでした。 


■出演者■


ジョディ・フォスター

ショーン・ビーン

ピーター・サースガード

エリカ・クリステンセン

AD

2005年 イギリス


プライドと偏見


■出演者■


キーラ・ナイトレイ

マシュー・マクファディン

ドナルド・サザーランド

ブレンダ・ブレッシン


■あらすじ■


18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた。様々な噂を耳にし、ますますダーシーに嫌悪感を募らせていくエリザベスだったが、なぜか彼の存在が気になって仕方がなく……。


■感想■ (常時ネタバレ発信中)


この時代の女性には財産相続の権利が与えられておらず、大富豪と結婚することでしか自分の地位を上げられなかったそうです。


それにしてもガツガツしておりました、ベネット家の娘たち。特に下の娘たち。 誰でもいいんかい!っていう。 でもまぁ、それだけ必死だったんでしょうね、裕福な暮らしをしてたわけでもないし。


内気で自分の気持ちをうまく伝えられずにいたジェーンやビングリー、まさにプライドと偏見がジャマをするあまり相手を認めることができず強がってばかりいたエリザベスとダーシー。 


お互い惹かれあっているのに、うまくいくどころか誤解から2人の間に完全な亀裂が入ってしまったあの雨の中のシーンなんかは、胸がしめつけられるような思いでした。


冷たい雰囲気を持っていたダーシーが、自分のプライドを捨てて素直になり不器用ながらもエリザベスに気持ちを伝えたり、エリザベスのために彼女の家族に協力をしたりと、変われば変わるもんだな~と感心してました(笑)。 もっと反発し合うのかと思ってたらダーシーは素直になっちゃうし、エリザベスも照れちゃって、こないだの勢いはどうしたの?ってぐらいおとなしくなってしまいました。


めずらしくキスシーンすらないラブストーリーで、何だか新鮮でした。 

周りにも色々なことが起こる中、凛としていたエリザベスとダーシーの姿が良かった。


時代は違うものの、共感できる部分がとても多かったです。




AD

B型の彼氏

2005年 韓国


type-b1


■出演■


イ・ドンゴン

ハン・ジヘ

シン・イ


■あらすじ■


女子大生のハミは今でも運命の出会いを信じている女の子。ある時、間違いメールの相手ヨンビンと偶然の出会いを果たしたことから、「彼こそ、わたしの運命の相手!」とロマンチックな妄想にはまりこむ。でも、実はヨンビンはB型の男の子だった!そう、巷で恋人にしたくない男性1位に輝く、わがままで自意識過剰で自己中心的なタイプである。一方、ハミは小心者で何事にも慎重なA型。自分とは全く違う性格のヨンビンに、彼女は惹かれていくのだが……。



■感想■ (全体的にネタバレ系です)


type-b2


女:「私にも1袋ちょうだい



男:「オレの分しかない」



↑このCMで面白そうだな~と思って観てきました。


どんだけケチなんだよ、っていう。


血液型でイジメやら問題が起きたりした中、この作品。 うっかりすると人権問題になるんじゃないの?とチラッと思ったりしましたが(笑) B型批判。


とにかく自由人でした、ヨンビン。

↑の映画を観てるシーンでも自分がつまらないからと途中で出ちゃうし、文句を言えば、「もう君とは会わない」とか言うしですね。 貧乏なんですけど、お金もちっとも出さないという。 花を贈れば女が喜ぶと思っているところとか。 しまいにはハミをかまっていたせいで仕事が滞ってしまったとか言っちゃうしですね。


ぶん殴りますよ。


しかし。


そうかと思ったら、ハミの履いてたパンプスのヒールが片方折れてしまうんだけど、買いに行こうと言って歩きにくいだろうと脱いだ方の足を自分の足に乗せて二人三脚みたいにして歩くんですよ。

ちょっとニヤけてしまいましたが(笑)


借金を肩代わりしてもらうためにハミと別れると決めたヨンビン。

なのに指輪だけは渡せず持ってたり、会いに行ったりと何なの?という行動ばかりのヨンビンに、さすがのハミもキレました。当たり前ですけど。

でもまぁ、自分の意見が言えず弱気でいるから男もつけあがるわけで、ハミ自身に否がないかと言われたらそうではない。 


自分の意見を言えず我慢してしまう女性にはB型の男は合わないんだろうな、と勝手に思った今日この頃。 そんな私はO型です(笑)


余談ですがこの作品、吹き替えしか近場ではやってなくて仕方なしに観たんですが・・・やっぱり字幕がいいですねー。 ヨンビンの吹き替えやってる声が可笑しくてというか気になってしまいました。 イ・ドンゴン自身もですね~、惜しいと思うのは私だけでしょうか? 男前・・・?に見えそうで、どうなの?みたいな(笑)

AD

2005年 アメリカ


プルーフ・・・


■出演■


グウィネス・パルトロウ

アンソニー・ホプキンス

ジェイク・ギレンホール

ホープ・デイヴィス


■あらすじ■


天才数学者の父が死に、彼を5年間看病し続けたキャサリンは、生きる気力を失っていた。葬儀のためにニューヨークから姉のクレアがやってくるが、折り合いの悪い関係に、キャサリンは苛立つばかり。そんなキャサリンを優しく包み込んだのは、父の教え子で、キャサリンに思いを寄せているハルだった。ふたりが恋に落ちた日の翌朝、キャサリンは、ハルにデスクの鍵を差し出す。そこから出てきたのは、世紀の発見となる数式の証明だった…。




■感想■


決してパッとしない内容。 でも何だか人の優しさを感じられる物語になってます。



その”生きる気力をなくした”キャサリンを演じたグウィネス・パルトロウ、えらい疲れくたびれた感がよく出ていました。 終始スッピンだったんだと思いますが、本当に生気を何かに吸い取られてしまって抜け殻だけが残ってしまったように見えて、彼女の演技力を改めて実感しました。

スッピンで疲れ顔でもキレイです。


ハルに心を許したキャサリンが持ってきた1冊のノートが波紋を呼ぶことになります。 

途中は説明が混ぜこぜにはなっているものの、結論が確かに出ている世紀の証明。 

それは父ではなく自分が書いたものだと言うキャサリン、でもノートの筆跡は父のものに酷似していた。 信じていたハルまでもが自分の言う事を信じてくれず、だんだん記憶がこんがらがってきて、もしかしたら自分が書いたのではないのかも知れないと思い始めるキャサリン・・・


果たして残されたノートは、キャサリンが書いたのか、それとも父が書いたのか?!


↓↓ネタバレ↓↓

結論から言えば、あのノートは確かにキャサリンが書いたものでした。 父親が証明を完成させノートを見せられた時、そのノートには数学的なことは何ひとつ書かれてはいませんでした。 良くなったと思われていた精神障害は良くなっていなかったのです。 でもキャサリンは自分が証明できたことは父には言わず、父のノートを涙を流しながら読んでいました。


本当はもっと前から良くなってなかったことも知ってたんですよ、キャサリン。 でも父を思い、好きなようにさせてあげてたんです。 だから自分のノートは封印したという。 』

↑↑ネタバレ↑↑


天才ともてはやされた父が精神障害を患ったことがキッカケで世間から見放されてしまったこと、何も分かろうとしてくれない姉、もしかしたら自分も精神障害を患っているのかもという不安、など悲しい思いが物語には詰め込まれているんですが、ハルと出会ったことで傷つきながらも立ち直ろうとしていく姿(もう最後の方ですが)が、良かった。


何て言うんですかねぇ・・・人の温度を感じられるような気がします。


余談ですが。

アンソニー・ホプキンス。わざと体重を増やしたんでしょうか?というぐらいポチャポチャしてました。・・・わざとかなぁ・・。 あのレクター博士とは思えないほど可愛げのあるおじいちゃんでした(笑)

2004年 スペイン


バッド・エデュケーション


■出演■


+ガエル・ガルシア・ベルナル

+フェレ・マルチネス

+ハビエル・カマラ

+レオノール・ワトリング

+ダニエル・ヒネメス・カチョ

+ルイス・オマール

+ペトラ・マルチネス

+ナチョ・ペレス

+ラウル・ガルシア・アオルネイロ


■あらすじ■


1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、エンリケの神学校寄宿舎時代の親友イグナシオがやってくる。イグナシオは、エンリケに、自分が手掛けた映画の脚本を見て欲しいと言う。あまりに変わった親友の姿に、多少の戸惑いを感じながらも、エンリケはイグナシオの書いた脚本に惹きつけられていく。そこに描かれていたのは、彼らの少年時代の悲劇だった。エンリケを守りたいがゆえに自らを犠牲にし、砕けてしまったイグナシオの心と、今も変わらぬ愛。真実を求めるエンリケは、やがてイグナシオの大きな秘密を知るのだが…。




■感想■ (常時ネタバレ発信中)


dot the i』以来、ガエルファンなのですが、彼の出演作の中にこの作品があって。 近隣の劇場で1週間だけ上映してたんですが観にいけなかったのでDVDを借りてきました。


やっぱりカッコイイ!ガエル。


も~ぉ、たまりません。 口元が特に好きなんです、口角がキュッと上がってるところが。 さらにこの話ではガエルの女装が見られます!超セクシーなのでガエルファンには必見です。 そして共演のフェレ・マルチネスもけっこう男前でした。



dot the i』ほどではないんですが、隠された真実には驚かされました。 


↓↓ネタバレ↓↓

まさかイグナシオだと名乗る男がイグナシオの弟だったなんて! 更にかつてイグナシオに性的虐待を行ってきたマノロ神父を利用して兄を殺していたなんて。 始めは金欲しさとは言え、60も過ぎたであろうジジイに身を売り、エンリケとも何度も性行為をおこなったり。 

でも1番驚いたのは、小さい頃の超美少年イグナシオが、まさかあんなキモイオカマになってるとは・・・(笑)

↑↑ネタバレ↑↑


最初は観ていて何が何だか分からないんですが、隠された真実を知った時に全ての糸が繋がる・・・という仕組みになっています。 そして、そこからイグナシオやエンリケの想いなどが明確になってくるという。


イグナシオとエンリケの神学校での過去というのが、これまたヘビーな内容なんですが実は、とても切ない愛の話なのです。 イグナシオ、エンリケ達の過去・現在の思いが複雑に絡み合っていて、そこから見えてくる真実にいつの間にか見入っていました。 久しぶりにかなり集中して鑑賞してたようです、私。


オススメしたい1本です。



余談なんですが、メキシコやスペイン系の作品は以前もどこかで書いたかと思うんですが、性描写がけっこうリアルなんですよね。 そのガエルとフェレ・マルチネスの演技には参りました、何かこう伝わってくるものがありました。 まぁ、そこは慣れたんですが、気になることが。

何故かメンズは必ずと言っていいほどブリーフなんですよ。 ボクサーとかじゃなくて、ブリーフ。グンゼ。 何故なんでしょうか・・(苦笑)