シネマ~ニャ。

アクマでも個人的な評価なのであしからず…

ネタバレもチョロチョロあるので要注意でございます。


テーマ:

ラブコメっていうけど・・・


ブラック過ぎる!


ちょっとばかし嫌な気分になってしまいました(苦笑)



2003年 アメリカ

おまけつき新婚生活



■あらすじ■


妻のナンシーは一流出版社で活躍する腕利きの編集者、夫のアレックスはデビュー作が高い評価を得た気鋭の作家。キャリアも結婚生活も共に順調な2人は、次なる目標を素敵なマイホームの獲得と、かわいい子供の誕生に定めていた。やがて2人は、ニューヨークのブルックリンに、暖炉が3つもある瀟洒な二世帯住宅を発見し、早速購入に踏み切る。だが2階に住むコネリー夫人は、一筋縄ではいかない相手で…。



■感想■


ベン・スティラーが出てると言われたら観ない訳にはいきません。


でもこの作品、単館上映で劇場に行く事が出来なかったのでDVDを待ってました。


ベンが出てるしコメディーだって事で軽い気持ちで観始めたんですが・・・けっこうヤリ過ぎというか、私の想像していた感じとかなり違いました。


上に住むばあさんが怖い。 怖いというか、悪気のなさそうな顔して嫌なことするんですが、これがまた憎たらしい。 ちょっと殺してやろうかなとか思いますよ、実際あんな人いたら。 観ていてイライラムカムカしてしまいました(苦笑)


そして、恐ろしい!!と思ったのは・・・

↓↓ネタバレ↓↓

『 あの家を勧めた不動産屋と、やけにばあさんをかばう警察官、そして! あのばあさんがグルだったなんて! 予想してなかったので、どえらい驚いてしまいました。 しかもそれが分かるのは本当にラストの方で、もう諦めて夫妻が引っ越したあとだったんで。 二世帯分の金額で家を買わせてばあさんのイヤガラセでみんな最後はあきらめて安値で手放していくということを繰り返しやってたんですね、あの3人。 』

↑↑ネタバレ↑↑ 


面白さを通り越して詐欺じゃーん!と思ったのは私だけでしょうか?(笑)


イヤガラセを繰り返すばあさんを、何とか出て行かせようとするも失敗ばかりしてしまう上に、結局はコキ使われるだけ。 

最終的に購入したばかりのマイホームを手放してしまうものの、マイホームがあれば幸せなわけじゃない、夫婦が幸せに暮らすということがどういうことなのかというのを伝えたんでしょうけれど・・・

個人的には、あまりハートフルな気分も味わえないまま終わってしまいました(苦笑)


面白さよりも、とにかくばあさんの行動や言動に腹を立ててしまったので私はイマイチかなと思います。 でも、ブラックなのは好きだぜ~という方は面白いかもしれませんよ(笑)



■出演者■


ベン・スティラー

ドリュー・バリモア

アイリーン・エッセル

ハーベイ・ファイアスタン

ロバート・ウィズダム



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2005年 韓国


美しき野獣


■出演■


クォン・サンウ

ユ・ジテ

オム・ジウォン


■あらすじ■


ソウル地方警察の凶悪犯罪捜査班、チャン・ドヨン刑事は、男気あふれるまっすぐな性格。犯人逮捕のためには手段を選ばず、力づくで解決しようとする過激な人物だが、家族には不器用ながらも深い愛情を傾けている。一方、完璧なエリート検事として犯罪者からも恐れられている、ソウル中央地検の検事オ・ジヌ。捜査方法も性格もまるで正反対の2人は、それぞれの事件を追ううちにソウルで出会う。しかし2つの事件は交差し、予測もつかない方向へ大きく動き出していく・・・。



■感想■ (常時ネタバレ発信中)


天国の階段』 や 『恋する神父』 の時とは180度違う役柄に挑戦ということで、どんなもんなのか楽しみにしてたんですが・・・・やっぱりクォン・サンウはさわやかな役がいいですね~。 まぁ、あれはあれで悪くはないんですが、さわやかな方が好みです(笑)


共演のユ・ジテは 『オールド・ボーイ』 でえらい気持ち悪い役を演じてたもんで、そのイメージしかなく好きになれなかったんですが、今回は堅い役とは言え、ドヨン(クォン)の本能だけで行動する野獣のような男と出会い、挫折を経験し変わっていく姿は好印象でした。

かなりイタかったんで、『オールド・ボーイ』。


冒頭のシーンはラストシーンなんですが、そこで最後どうなるかはだいたい読めていたものの、なかなか楽しめました。 まぁ、相変わらずアジア映画はヤリすぎな部分が多いですけど。 指ちょんぎるとか。 人を痛めつけたり殺したりするシーンがやけに生々しいのがアジア映画の特徴?で、一緒に観てた友達は酷かったと言っていたものの、私はもっと酷いのも観てるので想定内でした(笑)


正しいことをしているはずなのに、大きな力によって阻まれ世間からも批判されてしまう。 

正義とは何なんだろうか、人を殺すことはどんな理由があっても正当化されることはないんだろうか・・。

いい人はバカをみて、ずる賢い人間の方が成功を治めていくことが多い。 でも、そのずる賢い汚い人間にもいつか罰があたる。 その罰を与えたのはいい人が自分の人生を犠牲にしてまでしたことだった。

うまくいかないんだな~・・なんて実は結構考えさせられる話でした。


なので、面白いという感覚ではなかったものの、見応えはありました。

アクションシーンもかなり頑張ってようなので。


たまには色黒の汚げなクォン・サンウもいいでしょ(笑)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年 アメリカ


アルフィー


■出演■


+ジュード・ロウ

+マリサ・トメイ

+オマー・エップス

+ニア・ロング

+ジェーン・クラコウスキー

+シエナ・ミラー

+スーザン・サランドン


■あらすじ■


ハンサムなプレイボーイのアルフィーは、極上の女性を射止めるために、イギリスから大都会ニューヨークへとやってきた。アルフィーはリムジンの運転手として働く一方で、様々な境遇の女性たちと出会い、それぞれとのアバンチュールを楽しむ。そうして迎えたクリスマスの夜、アルフィーはブロンド美女のニッキーと、運命的な出会いを果たすのだが…。




■感想■ (常時ネタバレ発信中)



これですか?ジュードとシエナがあんなことになったキッカケは(笑)


アルフィーが観ているこちら側に話しかけながら物語は進んでいきます。 ・・・あれ、どっかで観たな~・・・確か、ウィル・スミスの 『最後の恋のはじめ方』 もそんな感じじゃなかったでしょうか。(たしか)


失ってはじめて気付くんですよね、大切なものに。 失うまでは、それが当たり前にあって大切さが見えない。 でも気付いたときにはもう遅い、時は確実に進んでいるんだから。

”スタイリッシュでポップなラブストーリー”とうたっているんですが、私には悲しくて淋しい話に思えました。 もちろんアルフィーが悪いんですけどね、女にだらしない男ではあったものの、底意地の悪い人間には思えなかったので余計に可哀想でした。


↓↓ネタバレ↓↓

1番悪くて、1番悲しかったのがアルフィーが親友の彼女に手を出してしまったこと。 更に妊娠が分かってしまい、彼女は子供を堕ろした・・・はずだったんですが、堕ろせなかったんです。 相手が誰であろうと、自分のお腹の中にできた小さな命を自ら捨てることができなかったんですよね。

アルフィーとその親友はいずれ一緒に会社を起こそうとしてたんですが、突然彼女と郊外へ引っ越してしまったんです。 もしかしたら彼女は全てを彼に告げたのかも知れません。


アルフィーは白人、親友と彼女は黒人。 生まれてくる子供が万が一少しでも白人の血が入っていたらアルフィーの子供なんです。 途方にくれたアルフィーが2人の家を訪れ堕ろしたはずの子供を目の当たりにするシーン、親友との再会のシーンは可哀想でした・・・と言ってもツケがまわってきたんですけどね

↑↑ネタバレ↑↑


色んな女と遊びまくっていたアルフィーに、子持ちのガールフレンドがいて、彼女はアルフィーが唯一、ホッとできる場所だったんです。 彼女のことは好きだけど、でももっとレベルの高い女を探していたアルフィーには彼女は友達以上、恋人未満、のような感じだったのかも知れません。

彼女もそれを分かっていたけど好きだから何も言わずに居たんです。 でも・・・女は決めると早いですよ。 しかも子供がいるなら、”女”でありながらも”母”ですからね。 アルフィーは彼女が自分にとってどんなに大切な存在だったのか気付くのが遅すぎたんです。


ね、何だか悲しい話じゃないですか。 最初はスタイリッシュかつ、ポップなんですが・・。 どんな女もモノにしてきたアルフィーが女に捨てられていく挫折感。 可哀想なんだけど、ざまーみろっていう(笑) 面白かったです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2005年 日本


姑獲鳥の夏


■出演■


+堤真一

+永瀬正敏

+阿部寛

+宮迫博之

+原田知世

+田中麗奈

+清水美砂

+篠原涼子

+すまけい

+いしだあゆみ


■あらすじ■


昭和27年夏、東京。古本屋の主人にして、神社の神主である京極堂こと中善寺秋彦は、友人の小説家・関口から、とある奇妙な噂についての相談を受ける。それは、雑司ヶ谷にある産婦人科・久遠寺医院にまつわる噂だった。なんでも医院の娘・梗子が、妊娠20ヶ月を過ぎても一向に出産する気配がなく、さらにその夫・牧朗が、1年半前から行方不明だと言うのだ。謎の答えを求める関口に、京極堂は…。




■感想■ (常時ネタバレ発信中)


実はこの作品の原作を読んでたんですが、上巻でギブアップしてしまってたんです(苦笑)。 1冊が厚くてですね・・(言い訳)。

作品を観て、結末が分かったわけなんですが、下巻を読もうと思っています。


キャスティングが豪華でした。 寺島進も出てたし。


でも1番ツボというか印象に残ったのは久遠時医院に勤めていた・・・松尾スズキ。 また医者かよ!っていう(笑)。 『イン・ザ・プール』、『同じ月をみている』 ともに医者の役だったんで・・どうも白衣姿しか見てません、最近。 で、似合う。


『この世には不思議なものなど無いのだよ、関口君』(だったと思います)


原作にも何度も出て来た京極堂のセリフなんですが、そのセリフ通りだったという。

20ヶ月も赤子を身ごもっている、その夫も謎の失踪・・・何となく怪しいな、と思う人物はいて予想通りだったんですが、そこに隠された真実というのがまた面白いというか、内容としては悲しい話ですが良い内容になっていたと思います。


京極堂のセリフ1つ1つが意外と長かったりするうえに、役作りだと思いますが早口でボソボソ喋ってたので途中、何言ってるのか分かりませんでした(笑)。 でも堤真一は好きです。 関口役が永瀬正敏だったのは、どうかな~という気もしてしまいました。 もうちょっと冴えない人が良かった・・(笑)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1998年 アメリカ


アメリカン・ヒストリーX


【出演】


+エドワード・ノートン

+エドワード・ファーロング

+ビヴァリー・ダンジェロ

+ジェニファー・リーン

+タラ ブランチャード

+イーサン・サプリー


【あらすじ】


優等生だったデレクは、父親が黒人に殺されたのを境に白人至上主義の組織に入り、その活動にのめり込んでいく。ついに彼は車を盗もうとした黒人を無残に殺し、刑務所に入れられる。一方兄を尊敬する弟ダニーもまた、兄の真似をして組織に出入りするようになっていた。だが3年後、出所したデレクは別人のように変わっていた。戸惑う弟に、デレクは自分を変えた刑務所の中での出来事を、静かに語り始める・・・。



【感想】 (常時ネタバレ発信中)


大好きなノートンが出てるので借りた作品でした。 ただジャケが、私の持つ彼のイメージとかけ離れてたので、どうなのかな~と微妙な気持ちを抱えつつの鑑賞でした。


けっこうヘビー。


あれだけ多くのアメリカ人に崇拝されてたデレク(ノートン)を変えてしまった刑務所での出来事を事細かに描いているんですが・・・ヘビー、ヘビー。超ダークなのです。 デレクのプライドはズタボロにされてしまいます。

プライドという大きな塊が大きな音を立てて崩れていくのを観た気がしました。


そんな中でデレクが無事に出所できたのは、実はある黒人のおかげだったんです。 3年という月日がデレクを180度変えたのでした。


出所してきたデレクは弟のダニーの変貌に驚きます。 まさか弟までもが自分の歩いた道を追うように歩いていたんですから。 でも刑務所での地獄のような生活を送ったデレクはダニーに同じ思いをさせたくないと、ダニーを必死で説得します。

「オレはもう子供じゃないんだ」と言い放つダニーに、昔の自分を見たんじゃないかなと思いました。


デレクの刑務所での話を聞かさたダニーは、その事実と自分を思ってくれている兄を感じ、足を洗い新たな生活を始めるのですが・・・


そんな簡単に終わらないだろうなとは思ってましたが、待ち受けていたのは悲しい結末でした。


今も世界のどこかで”人種差別”が叫ばれている。

刑務所のシーンも、街中でのシーンも、組織ぐるみの犯行も、どれもこれもどこかで起きているであろう事で生々しさを感じました。

刑務所の中でデレクは肌の色など関係ないんだという、人と人との触れ合いを感じたはずだったけど、そんな事の方がむしろ、絵空事のようでした。


刑務所に入るまでと、出所したあとのノートンの変貌ぶりに大注目です。 そこまで変われるんだ!というぐらいに変わってました。 スゲー!という一言。

物語の内容はダークですけど、観て良かったと思いました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。