シネマ~ニャ。

アクマでも個人的な評価なのであしからず…

ネタバレもチョロチョロあるので要注意でございます。


テーマ:

友達のもとに、元カレから急に連絡がきて会ってきたそうです。


この二人の別れた最大の原因は、彼の”母親”にあったのです。


友達は未だに思いを引きずりながらも、もう戻れないということは頭では分かっているのに、そういう彼女の気持ちを分かってんのか分かってないのか、急に連絡してきたのです。


話すことといえば、彼女と別れたあと、どんな人と付き合ってきたのか。 そして彼女にも自分と別れたあとどんな男と付き合ってきたのか。 そんな事を聞いてきたのです。
















っていうか、そんな事聞くの?(イライラ)
















しまいには来月は友達の誕生日なのですが、「誰も祝ってくれる人がいないんだったら連絡してよ」 だって。
















何を考えているの?(イライラ)
















彼も未だに思いがあるのか、それとももうフッ切れていて過去のことだし、これからは友達としてやってこうぜ、なのか。


曖昧すぎて分からない。



もう会わない方が自分のためだし、このままでは前に進めない、と友達が言うんです。


でも、彼からの連絡をちょっと待ってしまったりする自分もいるのだと言うんです。




酷だけれど、もう戻れないと分かっているなら辛くとも気持ちを彼に話すべきと思うんですが、弱っている友達にそんなことを言えるはずもなく。


っていうか誰が悪いって

















お前(元カレ)だ、コノヤロウ!(怒)
















大事だと思っている人を傷つける人間は誰だろうと許せないのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ツアーには行かなかったので、11月23日に発売されたツアーDVD(初回限定盤)を購入しました。


NKホールのが1枚、ZEPP TOKYOのが1枚(これにはインタビューやツアードキュメンタリーが入ってます)、そしてシングルのビデオクリップが1枚の合計3枚の超スペシャルDVDなのです。


まだNKホールのしか観てないんですが・・・涙なしには観られない。

途中、ツアーメンバーを紹介するのがあるんですが、エマを紹介するときに 「昔、結婚してました(笑)」 と紹介していました。 吉井さんが、イエローモンキーの解散を”離婚”と語っていたのをよく覚えています。

今の状況を否定するつもりはないんですが、「エマはいるけど・・・他の2人はココには居ないんだなぁ~・・・」 そう思ったら涙が止まりませんでした。 


「いつか再婚してくれないかな~」 なんて思ってしまいました。


このツアーでドラマーとして参加していたのが、なななんとRIZEの人でした。 実はこの人、けっこう好きだったので何だか嬉しかったりして。 でも紹介されるまで気づきませんでしたけど(汗)。


実はイエローモンキー時代にライヴ参加をしたことがなかったのです。無念。 このツアーも行きたいような行きたくないような、複雑な気持ちでいたので行かなかったんですが、来年またツアーがあるので、どうしようか考え中です。


何よりも誰よりもTHE YELLOW MONKEYが好きです。 私の中で吉井和哉がイエローモンキーを上回ることはないのですが、それでもやっぱり吉井さんが好きです。 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2005年 日本


オペレッタ狸御殿


■出演■


+チャン・ツィイー

+オダギリジョー

+薬師丸ひろ子

+由紀さおり

+美空ひばり

+平幹二郎

+高橋元太郎

+山本太郎

+篠井英介

+市川美和子

+パパイヤ鈴木


■あらすじ■


唐の国から、狸御殿に招かれた狸姫。その美しさゆえに、実の父親から命を狙われている雨千代。あわや落命の危機というときに、運命の導きによって狸姫に出会った雨千代は、ひと目で恋に落ちてしまう。狸姫もまた雨千代に想いを寄せるようになるが、2人の仲を認めようとしないお萩の局は、雨千代を牢に閉じこめてしまい…。



■感想■ (常時ネタバレ発信中)


ジョーが出ていなければ観ようとは思わなかったであろう作品です。 ミュージカル映画は、『シカゴ』 で微妙だよな~と感じ、『ビヨンド the シー』 で、けっこうイイじゃん!と巻き返し嫌いではないのですが・・時代モノのミュージカルはイマイチ・・・というのが感想です。


・・・後半なんて諦めて寝ちゃいましたからね・・(苦笑)


しいて言うなら、チャン・ツィイーじゃなくて日本女性で良かったんじゃないかな~と思います。 唐の国の狸姫ということですが、日本語を話すシーンもあり、やっぱりおかしいですから。 ”違和感”を感じました。


私には鈴木清順の世界は分からない・・・のでした。


でも、”色”はとても綺麗だったと思いました。 鮮やかな色のある映像を眺めるのは好きなので。


そして、私の大好きなジョーはと言うと・・・


これまた微妙でした。 『イン・ザ・プール』 や 『メゾン・ド・ヒミコ』 、『スクラップ・ヘブン』 を観ているだけに、彼にはあまり合ってないような感じがしてしまいました。 と言うか、ミュージカルが、と言う方がいいのかも知れません。 どんな役をやっても不思議とその役の色に染まってくれる俳優さんなんですが、この作品はイマイチでした。


余談~


ジョーの出演しているライフカードの新CM、大好きです(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

”亀田3兄弟”を略してみました。



今日は二日酔いで家でちんたらしていたところ、テレビで3亀の長男、亀田興毅のプロ9戦目の試合の模様がテレビでやっとりました。


8戦、全てKO勝ち。まぁ、有言実行なんですよね、彼。


最近はよくバラエティー番組で拝見してました。


あんまり偉そうな人は好かないんですが、ある試合直後のインタビューで目に涙を浮かべ、照れくさそうに父親のためにも世界チャンピォンになってやりたいと言っていたのを見て、彼に対する見方が少し変わったのでした。


なので、本日の試合もチャンネルを変えながらでしたが見てました。


170戦近くやってダウンしたことのないベテラン選手相手に冷静に戦ってました。 試合前は5RでKO勝ちすると口外しておりましたが、結果は確か7R、TKO勝ちだったでしょうか。


1発ボディーに思いっきし入ったのがあって、次のラウンドに相手選手が放棄したんですよね、試合を。 で、勝ったわけなんですけど、もうちょっとでダウンしそうだったんですよね~相手も。惜しかった。


で、試合後のインタビューでKOできなかったことへの質問に、「ま、俺も人間やからたまには間違うこともあるんや」 ぐらい言ってました。 まぁ、その通りでしたけど勝ったことには違いないし、とにかく冷静に試合してたんですよね~あの若さで。凄い凄い。

そして今回も少し目に涙をためていたように見えました。


照れ屋さんなんですかね~、きっと。 本当は純粋な子なのかも知れないな~なんて思ってます、勝手に。 生意気な口きくのも、照れくささの裏返しなのかもしれません。


それにしても3兄弟、似過ぎだなー。パパンに。


でも下へいくほど顔の様子がおかしくなってますね(毒)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年 アメリカ


セルラー


■出演■


+キム・ベイシンガー

+クリス・エバンス

+ジェイソン・ステイサム

+ウィリアム・H.メイシー

+ノア・エメリッヒ


■あらすじ■


女教師のジェシカは、愛する夫や息子に囲まれて、穏やかで平和な日々を送っていた。そんなある朝、ジェシカは自宅に侵入して来た見知らぬ男たちによって、誘拐・監禁されてしまう。監禁された部屋にあるのは、粉々に砕かれた一台の電話だけ。ジェシカはなんとか電話線を復旧させると、やっと繋がった未知の相手・ライアンに、自分と家族の身に命の危機が迫っていることを訴える。今はライアンだけがジェシカたちの命綱だったが、ライアンはジェシカの話に戸惑いを見せ…。


■感想■ (常時ネタバレ発信中)


新感覚、という言葉が似合いそうな作品でした。

物語が始まってすぐにジェシカが誘拐されてしまい、本人は意味が分からないし、見ている側も”理由”が全く分からないので、”彼らは一体何のためにジェシカを誘拐したのか?”という謎がハラハラ度を増すのです。

なのにその一方ではビーチで男が別れた女に復縁をせまるシーン。 あれ?こんな感じなの?と妙な気分になりました。 誘拐されたシーンはハラハラさせてるのに、ビーチのシーンではノリのいいBGMとともに恋愛ドラマ風。 これは一体どうなってるんだろう?


と思わせた頃にジェシカが普及させた電話がビーチにいたライアンに繋がったのでした。


別れた女に未練がましく付きまとうライアンが、最初はイタズラ電話だろうとまともに対応していなかったのに、本当に誘拐されてるということが分かり、しかも被害者と唯一連絡が取れているのが自分だけだとジェシカに力を貸します。 


でも謎はまだ全く分からないまま。


誘拐した男達はジェシカの夫クレイヴを探していたのですが、何をしでかしたんだろう?と思っていたら男達は何と警察官。(にしてはガラ悪すぎでしたけど) 警察官が何故誘拐を? もしかしたら偽者かも? 警察官にしてはやることがオカシイし、クレイヴが本当に何かしでかしたかどうかは分からない・・という感じで謎がどんどん深まるのですが・・・


↓↓決定的ネタバレ↓↓

クレイヴが隠し持っていたのは、その男達が売人を殺したところを偶然ビデオに映してしまったからだったのでした。 これで”謎”は解けました。 あとはジェシカとライアンの1本の電話が頼り。

↑↑


ハラハラさせるシーンが多くて面白いんです。 でも面白いのはそれだけじゃない。

ライアンが携帯の充電がなくなりそうになり、偶然手に入れた拳銃で店に入り、「充電器を出せ!」と言いながらも、ちゃんとお金は払って行くという。 更に顔のキモイ弁護士が車に乗りながら携帯を使ってるんですが、その電話と混線しちゃうんですよ。 で、ライアンはまた拳銃を出し携帯を切らせた上に車も拝借。 しかも2度(笑)。 ハラハラさせる一方で笑わせるんですね~、この作品。


更に。最後の方では感動してしまいました。 母親の子供を守ろうとする強さとか、ライアンがどんどんたくましくなっていくところとか。 涙涙でした。


これは面白い!


余談~


それにしても、ライアンを演じたクリス・エバンス、カッコイイ~!タイプです(笑)。 そして悪者を演じてたジェイソン・ステイサム、相変わらず悪そうな顔してました。 スナッチで彼を知りましたが、なかなか好きです。 あとは・・・あのヒゲの警察官の人は観た事あるんですが、何の作品だったのか思い出せません(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。