メロメロパーク
August 12, 2005

よさこい祭

テーマ:映画生活100%

土佐の一番熱い2日間が終わりました!


  私が参加したチームおきゃく屋の衣装は昔ながらの着物でした。


踊り始めの会場は知寄町。

さぁ踊るぞ!って、みんなで盛り上がってきた頃に、突然の雷雨!!!

衣装も荷物もびしょぬれ、せっかく結った髪も乱れてしまう・・・というハプニングがありましたが。


    よさこい最高!!

めちゃ楽しかったー。


我がチームおきゃく屋は、おきゃく(土佐弁で「宴会」の意味。)らしく、楽しく呑んで呑んで、

もともと酔っ払いの踊りだから、朝から真っ赤な顔して踊り続けました-----。


汗水垂らしっぱなしで踊っていると、観客の方が団扇で扇いでくださいました!

他のチームの踊り子に会う度に「おつかれ!」「こんにちは!」ってお互いに声を掛け合いました。

高知の町全体が、大きな大きな一体感に包まれていました。


チーム内でも、練習ではあまり話す機会がなかった踊り子同士、どんどん仲良しになりました。

もともと雰囲気がいいチームだったけど、助け合ったりするうちに更に盛り上がっていきました!

おきゃく屋の踊りの振り付けには、思い切り両手を挙げて飛び上がるところがあるのですが、

2日目にはもう「誰よりも高く飛ぼう!」てことになり、全員で声を上げながら思い切りジャンプしました☆

もう最高だよー!!!

笑顔で・楽しく・自分のために!がおきゃく屋の合言葉。

でも踊っていると、楽しくて楽しくて、自然と歌っちゃうし・・・笑っちゃうし・・・


   一番楽しかったのは、最後の踊り納めとなった菜園場。

観客との距離が近く、最もおきゃく(宴会)っぽい場所ということで、超おきゃく屋好みの会場なのです。


「最後」だから、みんなめちゃくちゃハイテンション!

その上、既にバスでの移動中に大盛り上がりでおきゃく(宴会)しているので、準備万端!

とにかく楽しく、思い切り!残りの力を使い果たしました!!!

必死で楽しんだから、踊り終わった後、スタッフの方々が一人一人が挨拶をしたとき、泣きそうでした。

というか、もう涙出てました。

達成感とか、祭が終わってしまう寂しさとか、感謝とか・・色んなことが一気にあふれてきました。

    あーあ。楽しかったなぁ。また来年踊るぞー。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
August 09, 2005

おきゃく屋 地方車の巻

テーマ:映画生活100%

おーい。おきゃく屋の地方車が完成間近だよー。


  おきゃく(土佐弁で「宴会」の意。)らしく、皿鉢も乗ったで!


謙遜しても、してもしても、ごめん!

ハッキリ言って、めちゃ凝ってるし、めちゃカッコいいと思う!


ボランティアで、沢山の職人さんが手伝ってくれて、できるところはスタッフで力を合わせて、ここまできた。

後は、地方車に負けないくらい、皆が元気に・笑って・踊るだけ!

よさこい祭は明日だよー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 08, 2005

RIMUの森

テーマ:田舎カフェ

よさこいの練習に向う前に、RIMUの森でモーニングを食べました。

  ピタサンド、びっくり美味しかったです。


一昨年もよさこい練習に向う途中に寄ったことがあり、

その時は水戸黄門のすけさん・かくさんの様な格好をしていました。(足袋履いて!)

・・・そのときのインパクトが強かったんでしょうねぇ。

今回は普段着だったせいか、オーナーの奥さんに「今年は踊らないんですか?」と聞かれてしまいました。


いやいや、また行きますよ!よさこいの衣装姿でね!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 06, 2005

おきゃく屋 地方車の巻

テーマ:映画生活100%

今日はよさこい祭の地方車作りに行ってきました。


担当したのは、お昼ごはんの用意と竹取!

竹取は予想だにしない作業だったので、無防備なまま竹藪に入った結果、

何箇所も蚊に刺されて、足首が真っ赤っ赤になってしまいました。

なのに、「貴重な経験をしたなぁ」って思えるのは、なんでだろう?


  軽トラの荷台に乗る!お初の経験です。

「ジェットコースターみたい~」なんて言ってられたのは、カーブだらけの山道に入る前だけ。

  だんだん山道に入ってきました・・・。車酔いしそう!!

  竹薮に到着。どんどん中に入っていく皆の背中が頼もしいです。

当然だけど、足元は辺り一面雑草が生い茂り、上は上で、そこら中にくもの巣が張っています!

オオバコの匂いがしました。

  「竹のようにまっすぐ育て。」・・・誰かがポツリと言いました。


「ワン・ツー、ワン・ツー、」。私は竹を運んだだけですが、まぁ何とか、竹取を終えたわけです。(ふぅ。)

気付けば、竹から出た水やら表面の粉で、手は真っ白・Tシャツは真っ黒でした!


地方車作りの後は、踊りの練習に向かいました。この、汚い格好のまま!

1曲踊っただけで汗だくになり、今日一日で私のTシャツはTシャツ以外のものになりました。。

おきゃく屋の練習は、残すところ、あと1日!(本番は水曜日!)

寂しいような気もするけど、今はとにかく、一生懸命練習あるのみっっ。だと思っています。


  ・・・でもって、地方車作りはまだ数日続くのです。

地方車が完成したら、このブログにもUPしたいと思っています。(よっちょれよっちょれ!)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
August 04, 2005

CAFE LIFE CAFE

テーマ:東京カフェ

麻布十番には、このカフェのために行く。


モデルのような友達と、その彼氏と、3人揃えば迷わずCAFE LIFE CAFEに向う。

どんなに遠くにいようとも、躊躇わず、CAFE LIFE CAFEを目指す!

そして、着いたら声を揃えて「2階の席がいいです。」。

夕方なら夕日が落ちるまで、夜なら話が尽きるまで、

贅沢なまでのソファにゆったりと腰掛けて、延々と3人のおしゃべりは続く―。


CAFE LIFE CAFEで過ごす時間がすき。

誰にも邪魔されたくない。


だから、私はこのカフェに来るとき、特別な人としか一緒に行かないようにしている。

自分の懐の内を見せるかのように、慎重に慎重を重ねて、相手を選んでしまう。

そうまでする程、私にとっては大切なカフェ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
August 02, 2005

Saori Sweets

テーマ:田舎カフェ

季節感たっぷりのケーキがいつも楽しみ!


高知県は夜須町、田んぼの真ん中にポツリと立っているカフェのご紹介です。


ここは、地元の果物を使ったケーキが人気で、昨日行った時はいちじくのケーキがありました。

(っていっても、閉店間際に行ったので、売り切れでした・・・。)


   食器がとても個性的。


一つ一つ、違ったデザインの器に乗せて出してくれます。

無地の陶器が多く、脚(っていうのかな。)が付いた下駄のようなものとか・・目を楽しませてくれます。


私がいただいてきたのは、「大吟醸チーズケーキ」とフレンチコーヒー。

友達は「ブルーベリィタルト」、「和風ティラミス」。(あー。もう一個食べてもよかったかなぁ・・・・。)


のどかな風景に囲まれて、の~んびりとケーキを食らう。ってのは、いかがでしょう?

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
August 01, 2005

miel cafe

テーマ:東京カフェ

もんじゃを食べた後に寄ってみてくださいな、月島のカフェのご紹介。


2匹の犬がお出迎え。

dog cafeとして、愛犬と一緒に行く方が多いみたいです。

だって、愛犬の写真をとって、お店に飾ってくれるから。(レジ前にビッシリ貼ってありました!)
でも、私は一人でいきます。

店内はこじんまりとしていますが、とっても日当たりのいいオープンテラスになる席もあって、

休日の午後をゆっくり過ごすには最適な場所なのです。

お仕事でくたくたになった体にうるおいを!

そんな気持ちでよく行きました。


カフェに行くために「月島に行く。」って、ちょっと不思議な感覚です。

下町風情たっぷりの月島に!だもの。

そういえば・・miel cafeには、いくつもカフェソファが並んでいて、よく並びを変えているようでしたが、

使い込まれた風のソファは、なんとなく「下町風」な感じがしたものです。


実は以前、ここのカフェを貸し切って、会社の歓送迎会をやったことがあります。

party用に用意していただいた料理は、とっても美味しくて、「この値段でいいんですか?」というものばかり。

老若男女(といっても、最年長者は40歳だった・・。)、かなり満足した様子でした。

そんな使い方もできるカフェです!

あいおい橋のたもとにあります。)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。