メロメロパーク
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
June 28, 2005

コミックバトン

テーマ:映画生活100%

夏だろうが・・・漫画とお菓子を大量に用意!不健全に過ごす日もまたたのし。


Growth of Everyday のtnhくんから回ってきました。(まいどです。)


Comic Baton
 1.あなたのコミックの所蔵数

 2.今、読んでいるコミック

 3.最後に買ったコミック

 4.よく読む、または思い入れのある本5冊

 5.バトンを渡す5人


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


1.あなたのコミックの所蔵数

  30冊程度。

  大事なものを除き、散らばっては消えていきます。


2.今、読んでいるコミック

  NANA / 矢沢あい

  めちゃ流行っていることを知り、ミーハー心を擽られました。

  今11巻を読み終わったところ。(続きって出てるのかなぁ。)


3.最後に買ったコミック

  殴るぞ / 吉田戦車

  我が家は吉田戦車を家族で愛しています!

  (読んでいないと家族の話題に乗り遅れます。)

  

4.よく読む、または思い入れのある本5冊

  

  タッチ / あだち充

  何度読んだことか・・自分でもわかりません。

  就寝時に読み始め、そのまま朝を迎えたことが何度あることか!

  

  へルタースケルター / 岡崎京子

  岡崎京子の作品の中でも、これは最高傑作だと思います。

  かっこいいわ、こわいわ。

  いろんな意味で、漫画の粋を超えてます。


  PLUTO / 浦澤直樹

  今唯一新刊を待ち望んでいる漫画。

  

  ナンバーファイブ―吾 / 松本大洋

  この世界観がたまらないんです!

  「鉄コン筋・・」と迷ったけど、とりあえず、ファイブの方がよく開いています!

  

  脂肪という名の服を着て / 安野モヨコ

  「心がデブなのよ。」っていう台詞にクラクラします。

  ダイエット心に火を点けられるので、定期的に読んでますね。


5.バトンを渡す5人。

  なななんとなく「漫画読んでるかも!」という方に回させてもらいます!

  もし乗り気だったらで結構です。おねがいします。

  

  ・bombernet.com(http://bombernet.ameblo.jp/ )のイエローさん(黄色指名っす・笑)

  ・本を片手にカフェめぐり(http://novel-b.ameblo.jp/ )のnovel-bさま(本を読む勢いで、漫画も?)

  ・時給0円(http://natane.ameblo.jp/ )のnataneさま(前に漫画ネタで話が合ったので!)

  ・僕は駆け出し作家(http://amaki-ichigo.ameblo.jp/ )の雨樹一期先生(再び)

  ・The底辺ズ求ム。(http://teihenz.seesaa.net/ )のTommy!(漫画読んでたっけ?) 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
June 27, 2005

RIMUの森

テーマ:田舎カフェ

モーニング狙いで!週末早起き、カフェに向かう。


モーニングとは、朝だけのスペシャルセット(珈琲に100円足した位のお値段で!)のこと。

地方によって、あったりなかったりするらしいですが、我が田舎では、大抵の喫茶店でやっています。


さてさて、RIMUの森のモーニング。

めっちゃ期待して行ったのですが・・・うん。早起きしてよかった。

・アイス珈琲

・トースト(自家製いちごジャム付)

・バナナマフィン

・パスタサラダ

・卵料理(←なんていう名前か分からない。ココット皿で出てきました。アツアツ!)

・苺とゼリー

・一口おそうめん

ああ・・・。おなかいっぱいゆめいっぱい。


ところで、このRIMUの森では自家製蜂蜜を販売しています。(今年は既にSold Out)

我が家の出来杉君が予約していたので、無事、昨日手に入れて帰りました。

田舎でいう「自家製」って、本当に蜂を飼うところや畑で作るところから始まっていたりするわけで。

・・・・・。

香りがちがうー。

「ぽ。」っていいたくなる、ふんわり。で、ほわん。な香りが致しますー。


最後に、田舎カフェの風景を。今回はスパイダー発見です!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

スパイダーは右です。発見してください!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
June 24, 2005

田舎の岡本太郎カフェ

テーマ:田舎カフェ

田舎にも岡本太郎に想いを馳せるカフェがあります。


私が思う田舎の岡本太郎カフェは、(たぶんこの名前だ!)gumboというカフェ。

繁華街の中心に位置する公園の傍にあって、ビルの中の緑を見下ろすことができるカフェです。


私が行ったときは、ビーグルがいました。

あのカフェに愛犬を連れて行っていいのなら、実家のあばれ犬をちゃんと躾てみようかな。

という気になるというものです。


ででで、どこが岡本太郎的かといえば、本!

カフェに行くと、ついつい興味をもってしまう、本。

オーナーの趣味なんかが想像できて、ちょっと楽しくなりませんか?

このカフェには岡本太郎に関する本が沢山置いてありました。(他には建築の本、かな。)

私にとってはこういう所でした触れないものなので、色々眺めて、とても楽しかったのです。


店内は、こげ茶色で(ものすごい表現なんですけど、つまり素敵だってことを言いたい。)

昼間は公園方向からの太陽の光がいい感じです。

3Fで特に広いわけではないのに、なんだか開放的な空間なのです。


●底辺ズオーナーTommyさま●

 一緒に行ったよね!覚えているかな?

 居心地良くて、時間いっぱい、まったりして過ごしたよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
June 24, 2005

東京の岡本太郎カフェ

テーマ:東京カフェ

青山の岡本太郎記念館の中にあるa piece of cakeのお話です。

(この記念館は岡本太郎氏のアトリエ兼住居 だったところです。)


記念館に入るとすぐあるのがこのカフェ。

木の実をふんだんに使ったパウンドケーキなど、

いかにも珈琲に合いそう&家庭的なスイーツが並んでいます。

お庭には、岡本太郎氏の作品が、全然もったい振らずにデデーン。とおわしまして、

とても不思議な空間だといえます。(でもとても落ち着けます。)


私が行くときはいつも午前中、開店の時間を狙って行きます!


というのも、オープンしたばかりの記念館はまだ人も少なくて、本を読むことができるんです。

岡本太郎氏の作品を前に。ケーキを食べながら。珈琲をすすり。本を読む。

お気に入りの「休日の過ごし方」なのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 24, 2005

岡本太郎

テーマ:家具と雑貨

岡本太郎氏の作品を初めて見たのは、近所のスーパーのタオル。


「自由な私」

1988年、高知市市制100年を記念するシンボルキャラクターとして氏がデザインしたものです。

てこたぁ、当時私は10歳だった訳なんですが、炎の絵に「自由な私」って書いてあるタオルは、

幼心にもかなり強烈だったわけです。

(私の記憶が正しければ)燃え盛る炎が筆で描かれているような絵で。


次に出会ったのが箱根の彫刻の森美術館。

いいですよねぇ・・あの美術館は!

緑の風景を背景に、どどーん。どどーん。と、デカイ像たちが並んでいるわけですよ。

「なななんじゃこりゃー。角がいっぱいあるよ!」とビックリして作者を見れば、氏の名前。

・・・ほのかに憧れのような気持ちが芽生えました。


あまりにも有名な方なので、当然のように知っている名前なのですが。

思いがけず作品に出会うと、毎度ながら強烈な印象を覚えます。

で、なぜかなぜだか、去年何かの雑誌で太陽の塔の置物があることを知り、

大阪に住む友達に「万博公園行ってきて!」と頼んで、・・・手に入れましたー。

本日の記事は、長くなりましたが、ただ、それをお披露目したいだけです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 太陽の塔、手の平サイズであります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 23, 2005

夕日茶房カーサ・アド

テーマ:田舎カフェ

岬の端っこにあって、太平洋を一望できる喫茶店。


オーナーが建築士ということで、とてもユニークな建物です。

店内の一角にガラス張りのスペースがあり、

まるで海の上でお茶をしているような感覚。

はたまた、手入れの行き届いたお庭で、海を見ながら楽しむも良し。


海は広いな大きいな。っていうけれど、

この喫茶店 でお茶をすれば「こういうことね。」と納得していただけるはず。


営業時間は日没まで。という喫茶店で、

まさに、海に沈む夕日を見ながらぼーっとする時間は、なんとも贅沢。の、極み。

そして、とても落ち着いた雰囲気なので、十分物思いに耽ることができると思います。

(ちなみに、私は波の高い日に優越感に浸りながら海を見るのが好きです!)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
June 18, 2005

Stripes

テーマ:田舎カフェ

今回は、東京カフェをリスペクトしているであろう田舎カフェのご紹介です。


1Fエントランスに魅惑のケーキをずらりと構える、雑貨屋ビルを発見しました。

まずは雑貨屋さんをぐるぐるぐる・・ビル内で雑貨屋巡りができるなんて、夏にぴったり。

太陽は僕の敵。ですもんね。

中でも一番楽しかったのがT.T.T.という本とアクセサリのお店。

昔のSTUDIOVOICEがどどどっと山積みしてありました。

当然、漁りましたよ。表紙がYMOとか、他にも色々あったけど・・忘れにけり×

昔のSTUDIOVOICEは今見ても最高にかっこよく、すごい雑誌なのではないか?と思いました。


さて、カフェはB1と1Fにあり、今回はB1に座ってみましたが。
発見がありました!
いいですね・・夏に地下のカフェって!
ちょっとひんやりしていて、ときどきエントランスからの風が吹き込んできます。
強い日差しを気にすることもなし。・・・いいわぁ。(しばし感動。)


ころで、東京カフェにはビルのワンフロアを使ったカフェが多いのに対し、
田舎カフェには一軒屋を(むしろ庭付き、時に景色まで!)使っているところが多いです。


東京カフェには、空間の演出にセンスがキラリ☆隠れ家的な魅力があったり。
それはそれで、私を魅了してやみません。
一方田舎カフェには、もう人力を超えた『超』魅力があるのもまた事実。
岬の端っこ(海に落ちそう!ていうのが魅力。)のおうちカフェやら、
川辺に建てられたログハウスのカフェ、などなど。
(随時紹介していきますよって。)


だから、このStripesは、田舎にある都会タイプのカフェだと思われます。
(この辺、私の偏見なんで!ご勘弁を。)
東京にあったとしたら別に珍しくないカフェかもしれないけれど、
一貫性があって無駄のないファニチャ、センスのいいその配置などは、田舎には珍しいです。


涼しかったし、美味しかったです。

店員さんたちがとても楽しそうに働いていたのが印象的でした。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『すとらいぷす』という響き、WhiteStripesが頭から離れないー。ぷす。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
June 16, 2005

女の子用自転車専門店

テーマ:映画生活100%

女の子の自転車の専門店って、珍しくないですか?


去年の今頃のこと。マイ・チャリが欲しい衝動に駆られ、

品数が多そうな自転車屋さんをウロチョロしておりました。

 夏空の下、おしゃれな自転車に乗っている人は、

 それだけで眩しく感じられるのはわたしだけでしょうか・・。

バイクもかなり多いけど、自転車大国である私の街では、

とにかく若者が乗っている自転車が片っ端からおしゃれ。

黒電話にみるノスタルジックを感じさせる昭和のママチャリから、

ルイガノ、シボレーなどなど、自分らしいマイ・チャリに乗っているのです。


で、私が探した時の条件は、

 1.見た目が女の子らしい。

 2.車に乗せることができる。

 3.しかし、長距離対応であってほしい。

というもの。2の条件を優先させると折畳み自転車になるし、

折畳み自転車だと3の条件が満たされない。・・・弱りました。


街で一番大きい自転車屋さんにも行ったし、二番手も三番手もチェック。

ない!ない!ない!

諦めかけていた頃、ある自転車屋さんの店員さんが、

「あの店なら君の探している自転車が必ずあると思うよ。」と、教えてくれました。

というのが、ここ。”K32”。

http://www.k32.co.jp/index.html


女の子の自転車専門店でやんのー!!

店内にはオリジナル自転車は勿論、おしゃれな自転車でいっぱい!

しかも店の兄さんの商品知識も・・

ああ、私の干上がったボキャブラリーでは伝えられないっ

とにかく最高なのであります。

条件を伝えると、出るわ出るわ~候補の自転車たち!


自転車は、自分の用途に合わせないと結局乗らなくなってしまいますよね。

さすがに見た目だけでは決めることが出来ず、迷いに迷った挙句、決めたのがこれ。

プジョーに乗ってどこまでも。

 車輪が小さいくせにめちゃ速いです。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
June 14, 2005

プウセと宮崎駿

テーマ:映画生活100%
 宮崎駿監督の『魔女の宅急便』みたいなパン屋さん。

市内中心部から海へ向って南下→高知新港に着くか着かないか。

くらいの場所に、ひょっこり見える黄色い看板。

こんなところに!?というような場所にあるのです。

中に入ると、キキが『いらっしゃいませ!』と言ってくれそうなカウンターが。

木で出来たこじんまりとした店内はあったかい感じがしました。


味も・・最高。デニッシュ系のパンは県内でここがナンバーワン!

宮崎駿監督も来たのかな。監督のサインが飾ってありました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 13, 2005

庭園喫茶

テーマ:田舎カフェ

32齢で退職して喫茶店・・・理想かもしれない。


昨日新聞(※地方紙です。)を捲っていたら、すてきな喫茶店の記事を発見。

http://www.kochinews.co.jp/0506/050612headline04.htm#shimen4


こここれは!行かなくては。


と、同時に。色々考えさせられますね。

昨晩観た映画で、

努力していてものんびりTVを観ていても、同じように時間は過ぎていく。

みたいなことを言ってました。(殺し屋のセリフなんですけどね。)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。