パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション [DVD]/ジョニー・デップ,オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ
¥1,313
Amazon.co.jp


パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [DVD]/ジョニー・デップ,オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ
¥1,890
Amazon.co.jp


パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド [DVD]/ジョニー・デップ,オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ
¥1,890
Amazon.co.jp


日曜洋画劇場44周年記念として、

3月21日より4週にわたって『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが放送されます。


見逃した方、この機会にじっくり観るのもいいですね(*^-^*)


ジョニー・デップ主演映画はたいてい観ているのですが、

数多くある中、このシリーズが一番好きです。


ジャック・スパロウ船長=ジョニデというイメージが強いです(笑)


さて、シリーズ最終章となる(?)『パイレーツ・オブ・カリビアン4(仮)』が来年公開予定だそうです。


オーリーやキーラが降板と聞いてちょっとガッカリですが、船長の活躍を楽しみにしています。




ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン4(仮題)」に、実在した海賊“黒ひげ”ことエドワード・ティーチが悪役キャラクターとして登場することが分かった。


米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、「デス・レース」「ライラの冒険/黄金の羅針盤」のイギリス人俳優イアン・マクシェーンが黒ひげ役で出演交渉中だという。

ティーチは、18世紀初頭のカリブ海を荒し回ったイギリス生まれの海賊。

そのあだ名の通り、もじゃもじゃの長い黒髭がトレードマークで、のちの小説や映画に登場する海賊の原型となった。


「パイレーツ4」には、降板したオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイの代わりにペネロペ・クルスが参戦し、若返りの泉をめぐる物語を展開する。

ロブ・マーシャル監督がメガホンをとり、今夏ハワイでクランクイン。2011年5月20日の全米公開が決定している。




CLⅡ  - やっぱり映画は面白い -

エドワード・ティーチ




なお、ジョニー・デップはパートナーであるバネッサ・パラディと新作映画「マイ・アメリカン・ラバー(原題)」で初共演することが分かった。


デップとパラディは約12年交際しており、2人の間には10歳の娘リリー・ローズと7歳の息子ジャックがいる。

英エンパイア誌によると、パラディは20世紀フェミニズム運動の先駆者で著書「第二の性」で知られる仏哲学者シモーヌ・ド・ボーボワール(1908~1986)を、デップは彼女の恋人で著書「黄金の腕」で第1回全米図書賞を受賞した米作家ネルソン・オルグレン(1909~1981)を演じる。


映画は、1947年に2人が出会って恋に落ちてから20年間、ボーボワールがオルグレン宛にしたためた恋文のうち、現存する約300通を1冊の本にまとめた「A Transatlantic Love Affair: Letters to Nelson Algren」をもとに製作されるようだ。


監督は、デップ主演「ギルバート・グレイプ」「ショコラ」のメガホンをとったラッセ・ハルストレムが務める。

撮影は、2011年にスタートの予定。


デップは、ティム・バートン監督と7度目のタッグを組んだ新作「アリス・イン・ワンダーランド」が4月17日に日本公開される。

現在は、アンジェリーナ・ジョリーと共演するスパイスリラー「ザ・ツーリスト(原題)」を撮影中で、今夏にはシリーズ第4弾「パイレーツ・オブ・カリビアン4(仮題)」のクランクインが控えている。

(映画ニュースより)



CLⅡ  - やっぱり映画は面白い -


ジョニデ、やっぱりカッコイイ!


AD