公開日 2014年11月21日

製作国  中国 110分

ジャンル  アドベンチャー/コメディ/ファンタジー

監督/製作  チャウ・シンチー

脚本  チャウ・シンチー、 デレク・クォック、ローラ・フオ、ワン・ユン、フォン・チーチャン、ルー・ジェンユー、リー・ションチン、アイヴィ・コン

出演

ウェン・ジャン 玄奘(後の三蔵法師)

スー・チー 段

ホアン・ボー 孫悟空

ショウ・ルオ 空虚王子(虚弱王子)

クリッシー・チョウ

シン・ユー

リー・ションチン チウ・チーリン

 

初回鑑賞日 2016/3/19 ケーブルTV

満足度 97点

 

解説/あらすじ

「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が“西遊記”をモチーフに描く奇想天外ファンタジー・アドベンチャー・コメディ大作。

主演は「トランスポーター」「クローサー」のスー・チーと「海洋天堂」「ドラゴン・コップス -微笑(ほほえみ)捜査線-」のウェン・ジャン。  

 

 

 

これは、三蔵法師が孫悟空たちと天竺目指して旅に出る前のおはなし。

彼がまだ玄奘という名の冴えない妖怪ハンターの若者だった頃。

玄奘は川に出没する謎の妖怪(後の沙悟浄)を退治しようと悪戦苦闘中。

そこへ、美人の妖怪ハンター段が現われ、妖怪を鮮やかに退治する。

 

 

山奥の料理屋にやって来た玄奘は、またしても謎の妖怪(後の猪八戒)相手に苦戦しているところを、突然現われた段に救われる。

しかし一度は生け捕りにしたものの、豚から巨大なイノシシに姿を変え逃げられてしまう。

やがて師匠から“あの妖怪を倒せるのは、五指山のふもとに閉じ込められた孫悟空だけ”と教えられ、五指山へと向かう玄奘だったが…。(allcinema)

 

 

 

感想

面白かったー

 
公開された時、観に行きたいって思ったのですが時間の都合が取れなくて観に行けませんでした。
 
昨日ケーブルTVで観て、むちゃくちゃ笑った!
 
この映画、なんとチャウ・シンチーの映画だったんですね!
 
観に行く前はあまり調べたりしないので、まさかチャウ・シンチー(周星馳)監督・製作の映画だとはぜんぜん知りませんでした
 
それ知ってたら無理してでも時間作って観に行ったのに残念です。
 
チャウ・シンチー大好きLOVE
 
役者としても映画の作り手としても好きです
 
そう言えばミラクル以来観てなかったです~
 
 
 
「西遊記~」は「カンフーハッスル」以来の面白い映画でした!
 
要所要所にチャウ・シンチーらしさが出ていて、笑いの中にもシリアルで感動するシーンもありで、本当に観て良かった。
 
残念だったのはチャウ・シンチー自身が出ていないこと。
 
検索したらチャウ・シンチーのインタビューがありました。
 
インタビューより抜粋
『「特に出番がなかったので今回は監督に専念しました(笑)」
チョイ役でも良いから出てほしかった...というのが正直なファンのきもちかもしれないが、本人いわく、「僕としても出演したいのは間違いないんですけど、ミス段は僕が女の役を演じるわけにもいかないし、玄奘は若いから僕の年齢を超えているし、猪八戒はマスクをかぶっているから意味ないし、沙悟浄は短いからあまり興味ない(笑)。孫悟空は醜いキャラクターなので僕のような美男子じゃないから、ちょっとね...(笑)。でもメインキャラには最高の役者さんたちが揃ったので、僕の出番がなくても全然問題ありませんでしたよ」。』
 
 
なるほどチャウ・シンチーらしい言葉ですね笑顔
 
ラストのシーンでなぜかGメン75のテーマ曲(かな?)が流れていて不思議だったのですが、
 
チャウ・シンチーはGメン75のファンだとか。
 
知らなかった~
 
続編も今年に撮り終わるそうなので来年公開かも。
 
今度は絶対劇場で観たいと思います笑う
 
「カンフーハッスル」のノリが好きな方なら「西遊記~」も楽しめると思いますよん。
 
 
 
映画はほとんど毎日ケーブルで観ているのだけど(録画ですが)なかなかレビューが書けません凹む
 
新作映画も観に行ってはいるのだけどそれすら書けなくて・・・・・・
 
これからは時間がなくても「一言感想」だけでも書いていきたいと思います。
 
 
 
 
 
AD