公開日 2017年11月3日

製作国 アメリカ 131分

ジャンル アクション/アドベンチャー/SF

 

初回鑑賞日 2017/11/9 ユナイテッドシネマ

満足度 100点

 

 

解説/あらすじ

 クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクター“ソー”が主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作。

復讐に燃える最強の敵を前に、盟友ハルクや宿敵ロキと手を組み、迫り来る世界の終わり(ラグナロク)を食い止めるべく極限のバトルを繰り広げるソーの活躍を圧倒的スケールで描き出す。

共演はマーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、アンソニー・ホプキンスのほか、最強の敵ヘラ役でケイト・ブランシェット。

監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」のタイカ・ワイティティ。  

 

アスガルドの王子でありながらアベンジャーズの一員となり、地球を守る戦いに身を投じてきたソーはある日、再会した父オーディンから世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。

そこに現れたのは、ある理由からアスガルドに対し強烈な恨みを抱く死の女神ヘラ。

ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊する圧倒的なパワーを持つ彼女は、アスガルドの文明を崩壊させるという恐るべき復讐を計画していた。

そんな中、ヘラによって宇宙の辺境サカール星に飛ばされてしまうソーだっただが…。

(allcinema)

 

 

 

感想

むちゃくちゃ面白かったです!

 

思わずお腹を抱えて笑いそうになるシーンも盛り沢山でバトルも迫力ありました。

 

「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」には参加してなかったソーとハルクが激突します!

 

ハルク、ちょっと見ない間に言葉も話すし理解力もある・・・・

 

進歩したのかな(笑)

 

ソーのあの素敵な長髪が短髪に変わっちゃうのがすごく残念!

 

何でもソー演じるクリス・ヘムズワースが飽きたとか何とか・・・・

 

真相は謎ですが。

 

長髪のソーのが断然良かったです~カットする理髪師(?)はあの方でした笑う

 

今回、ソーしか扱えない最強の武器ムニョムニョ・・・が破壊されます!

 

そのシーンは予告編で観ましたが謎でしたけど、分かりました。

 

でも、ソーはどうするの?勝てるの?

 

って不安でしたが、ソーの真の強さはムジョルニアがあるからではなかったんですね。

 

覚醒したソー、ものすごくカッコ良かったですキラーン

 

ロキは相変わらず・・・でもこのキャラって実は大好きなキャラです。

 

ソーに付かず離れず、裏切っても内心は優しい心の持ち主ですよね。

 

ちょっとコメディ・キャラになってますが(笑)

 

でもマイティー・ソーにはなくてはならない方。

 

トム・ヒドルストンが似合い過ぎハート どうかこのまま降板せず最後まで出演してほしいです。

 

噂では次のアベンジャーズで主要なメンバー、誰か抜ける?降板?みたいな事が書いてありました。

 

まさかアイアンマンだったりして・・・・年齢的にも・・・ちょっと不安になります凹む

 

話はソレましたあせる

 

ドクター・ストレンジャー、ソーと手を組み悪に挑むのかなと思っていましたが、最初のちょっとだけ手助けをする感じでした。

 

たったあれだけのシーンでこの映画に出演するなんて、なんて大盤振る舞いなんだろう(笑)

 

さすがマーベルですね。

 

マーベル・キャラって全体的に明るいキャラが多いですよね。

 

ジェフ・ゴールドブラムもコメディアンっぽいキャラになってましたし(笑)

 

でもオーディンとソーの別れのシーンは感動しました泣く

 

最高に面白かった!

 

序盤からラストまでバトルシーン満載の楽しめる映画になってました。

 

次回も楽しみです♪.・。*

 

 

 

 

 

AD