公開日 2016年1月23日

製作国 アメリカ 96分

ジャンル アクション/コメディ R15+

 

初回鑑賞日 2017/5/15 スターチャンネル

満足度 90点

 

解説/あらすじ

「アドベンチャーランドへようこそ」のジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワートの再共演で贈るハードバイオレンス・アクション・コメディ。

冴えないダメ男が、封印されたCIAの極秘プロジェクトで養成された最強エージェントだったことから巻き起こる大騒動を描く。

監督は「プロジェクト X」のニマ・ヌリザデ。  

 

片田舎のコンビニでバイトする若者マイク・ハウエル。

フィービーという恋人がいながら、ボンクラな毎日を送る典型的なダメ男だった。

ところがある日、店に現われた謎の女性が彼に向かって意味不明な暗号のような言葉を発して立ち去る。

その瞬間、彼の中で何かが覚醒する。直後、彼に襲いかかってきた2人の暴漢をスプーン1本で難なく退治してしまう。マイク自身すら知らない彼の正体は、CIAが極秘のマインド・コントロール実験で生み出したスーパー・エージェントだったのだ。やがてプロジェクトの封印を目論むCIAによって命を狙われるマイクだったが…。(allcinema)

 

 

感想

面白かったー笑う

 

久々見たジェシー・アイゼンバーグは「グランド・イリュージョン」のノリでした笑う

 

冴えないコンビニバイトが実はCIAの凄腕エージェントだった・・・

 

まぁ、ストーリーはありきたりの展開ですが、見せ方がうまくて観ていてスッキリします。

 

吹き替えで観たのですが、クリステン・スチュワートも同じ声優さんでホッとしました。

 

「トワイライト~」シリーズをずっと観てきたのでやはり声優さんが変わると違和感があったりします。

 

2回続けて観ましたが、思わず吹き出す場面もありの面白い映画でした笑う

 

 

 

AD