脳男 [レンタル落ち]/生田斗真,松雪泰子,江口洋介
¥価格不明
Amazon.co.jp




公開日 2013年2月9日


製作国 日本(2013) 125分


ジャンル アクション/ミステリー


満足度 80点


解説/あらすじ
 “脳男”というユニークなキャラクターが評判を呼び第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於の同名ベストセラー・ミステリーを「源氏物語 千年の謎」「僕等がいた」の生田斗真主演で映画化したサスペンス・アクション。

連続爆破事件が巷を震撼させる中、容疑者として逮捕された心を持たない男・鈴木一郎をめぐる謎と事件の行方を迫力のアクション・シーンとともにミステリアスに綴る。

共演は松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ。

監督は「イキガミ」「はやぶさ 遥かなる帰還」の瀧本智行。 


都内近郊で無差別連続爆破事件が発生、人々を恐怖に陥れていた。

そんな中、爆弾魔・緑川のアジトを急襲した茶屋刑事は、緑川を捕り逃すも、共犯者と見られる男を逮捕する。

取り調べでは鈴木一郎と名乗る以外、なにも供述しようとはせず、精神科医・鷲谷真梨子による精神鑑定が行われることに。

真梨子は感情を一切表に出さない男に興味を抱き、その過去を調べ始めるが…。(allcinema)









感想

あまり邦画は観ないのですが、こういった内容の映画は割と好きです(o^-^o)


「DEATH NOTE」、「20世紀少年」、「ATARU」、「SPEC」等々、好きです。


主人公、“鈴木一郎(偽名)”役には生田斗真。


とても鍛えられたボディはすごかったです。


何せ、鈴木一郎は頭脳だけでなく、並外れた身体能力を持つので、撮影前、半年間のトレーニングしたそうですよ。


「脳男」って、どんな映画なのだろうと、その不思議なタイトルに??????でした。




“正義感あふれる殺人ロボット・鈴木一郎”



一度見たものは何でも記憶し決して忘れない。



とてつもない頭脳の持ち主。


担当医から“脳男”と呼ばれる。


だが感情はまったく見せない。


痛みも感じないらしく、ナイフで刺されても眉ひとつ動かさない。


不思議な青年(^-^;)




本名は、入陶 大威(いりす たけきみ)


子供の頃、両親をひき逃げ事故で亡くし、祖父に育てられる。


人形のように無表情の子供だった。


命令されなければ自分からご飯も食べない。


祖父は息子を奪ったひき逃げ犯を憎み、恨み、たけきみを殺人マシーンとして訓練することを考えつく。


ある日、祖父が強盗に遭い、たけきみは祖父の命令で初めて殺人を犯した。


無表情で。


祖父の死後、莫大な財産を相続した(というより勝手に抜き取った。でもこれも祖父から命令されていたみたい)


その数年後、中部地方で連続爆破事件が起こる。


犯人は二人の女の子。


女の子という設定にはびっくりしましたが、この女優さん、凄かったです(^-^;)


連続爆破犯のアジトに踏み込んだ刑事たち。


と、突然の大爆発。


その中にいたのは「鈴木一郎」と名乗る青年だった。


女の子二人はまんまと逃げました。


共犯として捕まった鈴木一郎は、背中にガラス破片が刺さっても痛みすら感じてない様子。


そして、精神鑑定を受けるのです―。



面白かったぁ。


殺人ロボットとして作り上げられた鈴木一郎は、ちょっとかわいそうだった。


原作を読んでないのですが、続編「指し手の顔 脳男2」があるみたいなので、映画も続編があるといいのに。


ちょっと問題作らしいので無理かな。


「脳男」、動画も配信されているみたいですよ。


検索してみてください(o^-^o)


あ、そうそう。忘れてました。


染谷将太が出てました。


11月公開の「寄生獣」もとっても楽しみです。





指し手の顔(上) 脳男2 (講談社文庫)/首藤 瓜於
¥782
Amazon.co.jp

指し手の顔(下) 脳男2 (講談社文庫)/首藤 瓜於
¥782
Amazon.co.jp

脳男 (KCデラックス )/外薗 昌也
¥700
Amazon.co.jp

AD