週末の全米映画興行成績は、超低予算にもかかわらず口コミによって社会現象を巻き起こす大ヒットとなったサスペンス・ホラー「パラノーマル・アクティビティ」の続編「パラノーマル・アクティビティ2」が、興収4150万ドル(約34億円)の好成績でみごと初登場1位に輝いた。


今作では、1作目の出来事の2ヵ月前、前作のヒロインの姉の家で起きた恐怖の一部始終が監視カメラの映像で描かれていく。


監督は新たに「ドア・イン・ザ・フロア」のトッド・ウィリアムズ。

大物俳優もいらず、大がかりなセットやCGも不要ということで、今回もハリウッド映画としては異例の低予算で出来上がってしまったにもかかわらず、なんと2009年の「13日の金曜日」が記録した4057万ドルを抜いて、ホラー映画の初日3日間のオープニング成績歴代第1位という離れ業を成し遂げてしまった。


かつてない高コストパフォーマンスのシリーズ誕生だけに、スタジオ側としても当然のように浮上してきている第3弾の構想についても一層の慎重さで検討していくとしている。

(allcinema)




続編が製作されたんですね~


前作はDVDで観ましたが、


むっちゃ怖かったです!(((( ;゚A゚))))


賛否両論ある映画ですけど、私には面白かった(o^-')b


2は、2011年2月11日公開予定なので、絶対に観に行かなくっちゃ。


あ、でも、怖くて観れるかな(*^o^*)ゞ





パラノーマル・アクティビティ [DVD]/ケイティ・フェザーストーン,ミカ・スロート
¥3,980
Amazon.co.jp

パラノーマル・アクティビティ [Blu-ray]/ケイティ・フェザーストーン,ミカ・スロート
¥4,980
Amazon.co.jp

AD