公開日 2008年11月29日


2007年製作 韓国 90分


ジャンル SF/パニック


オフィシャル・サイト





解説/ストーリー 怪獣特撮映画好きを自認するコメディアン出身のシム・ヒョンレ監督が「怪獣大決戦 ヤンガリー」に続いて撮り上げたモンスター・パニック・ムービー。

主演は「THE JUON/呪怨」のジェイソン・ベア。

全米でも公開され、興行成績で初登場5位となり話題に。 






ロサンジェルスの街中が突如巨大ハリケーンに襲われたような惨事に見舞われる。

取材に訪れたレポーターのイーサンは、ふとしたことから少年時代の記憶を蘇らせる。

それは、古美術店の店主が語る“500年に一度、運命の女性を巡って正邪の戦いが勃発し、人類が滅亡の危機に直面する”という奇想天外な話。

しかし、それが今現実になろうとしていた。そしてイーサンが、その運命の女性を探し当てたとき、突然巨大なモンスターが現われ、2人に襲いかかってきた。(allcinema)






コメント 本当は今日(土曜)観に行こうと思ってたんですよ。

CM観てると面白そうだし、特撮モノ好きだし(^^)


でも、


うっかり他の方のレビュー見てしまったために、もう観る気が失せました~


なんかね、レビュー拝見してると、「グエムル」思い出したんですよ(;^_^A

あの映画はあまり好きじゃなかったんで。


それにしても、“韓国映画”っていうだけで批判してる人、多いですね。

なんでだろ?

良い映画だったらどこの国の映画でもちゃんと評価できるし、

面白くないんだったら、どこが面白くないのかちゃんと書いてほしい。

まぁ、ちゃんと書いてる方もいますが、だいたいが評価になってないように思えます。



やっぱり観る前には先入観があったら邪魔ですね。



十人十色ですので、もしかしたら私的に面白い映画だったのかもと思うと、

どうしようかなぁと迷います。

今度、「252」を観に行く予定なので、その時にスケジュールが合えば観ようかな。




監督: シム・ヒョンレ

製作: ジェームズ・B・カン

製作総指揮: シム・ヒョンレ、 キム・ウテク

脚本: シム・ヒョンレ

撮影: ヒューバート・タクザノウスキー

編集: ティム・アルヴァーソン

音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー

出演: ジェイソン・ベア (イーサン・ケンドリック)、 アマンダ・ブルックス (サラ・ダニエルズ)、 ロバート・フォスター (ジャック)、 エイミー・ガルシア (ブランディ)、 クレイグ・ロビンソン ブルース クリス・マルケイ (フランク・ピンスキー)、 ジョン・アレス (ジュダ・キャンベル)、 エリザベス・ペーニャ (リンダ・ペレス)、 ビリー・ガーデル、 ホームズ・オズボーン、 ニコール・ロビンソン、 ジェフリー・ピアソン



にほんブログ村 映画ブログへ ベルポチッと応援してくださると舞い上がりますロケット


グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]
¥2,000
Amazon.co.jp

AD