公開日 2008年12月19日


2008年製作 アメリカ


ジャンル SF/ドラマ


オフィシャルサイト





コメント キアヌ・リーヴス、待望の新作SFドラマ。


1951年の「地球の静止する日」のリメイク版。

オリジナルは観てないので詳しい内容は分かりませんが、

突然地球に降り立った円盤から、異星人クラトゥが巨大ロボットゴートと共に現れ、

世界中の全エネルギーを止めろと警告を発す。



オフィシャルサイトの予告編を見る限り、面白そうな映画です。


今回リメイク版のメガホンを取ったのは「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン監督。


オリジナルに固執することなく、新たな道を模索したそうです。

オリジナルでは、クラトゥは平和の使者で、地球の未来を懸念して

人類に核兵器の放棄を要求する警告を発しましたが、

リメイク版での要求は「環境破壊を止めろ」と、

まさに現代ならではの発想と言えますね。


今回もうひとつのみどころは、「ハンコック」で今話題の人ウィル・スミスの息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(9歳)が出演することになったこと。

ジェイデンの役どころは、女性化学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)の反抗的な義理の息子ジェイコブ。

母と一緒に人間型異星人クラトゥ(キアヌ)と最初にコンタクトを持つ地球人の役を演じる。

ジェイデンは「幸せのちから」で数々の賞を受賞してるし、父譲り?或いはそれ以上の、

将来楽しみな俳優さんです。



全米では12月12日公開。


12月が楽しみです。



解説 クラトゥの出現と共に、競ってその謎を解明しようとする全世界の政府と科学者の姿を描いたSF映画。

その過程でクラトゥの使命に巻き込まれたジェイコブとヘレンは、彼が自らを称して言う「地球の友人」の本当の意味を知ることになる。

1951年に製作されたオリジナル版を現代に甦らせる監督は、「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン。

ジェイデンは、父親と共演した「幸せのちから」(06)でティーン・チョイス・アワードとMTVムービー・アワードを受賞している。(eiga.com)



監督: スコット・デリクソン

製作: ポール・ハリス・ボードマン、 グレゴリー・グッドマン、 アーウィン・ストフ

脚本: デヴィッド・スカルパ

音楽: タイラー・ベイツ

出演: キアヌ・リーヴス (クラトゥ)、 ジェニファー・コネリー (ヘレン)、 キャシー・ベイツ、 ジョン・クリーズ、 ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、 ジョン・ハム、 アーロン・ダグラス

地球の静止する日
¥2,990
Amazon.co.jp


映画とはぜんぜん関係ないですが、羊毛ドッグ最新作のシェルティちゃんです(^^)

作品:シェルティちゃん




シェルティちゃんをもっと見る⇒作品集

AD