公開日 2008年4月26日


2007年製作 アメリカ


ジャンル SF/アクション/サスペンス



解説/ストーリー マイノリティ・リポート」「ブレードランナー」の原作者が描く、衝撃の危機管理超大作!

この作品の原作は「ブレード・ランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」等を書いた大人気SF作家フィリップ・K・ディックによる短編「ゴールデン・マン」。

主演とプロデュースを務めるのは、『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』も期待されるニコラス・ケイジ。

共演は『ハンニバル』『めぐりあう時間たち』などで、4度アカデミー賞候補に上がっているジュリアン・ムーアと、今最も注目される若手女優のジェシカ・ビール。

さらに、伝説の名優ピーター・フォークも脇役ながら印象深い演技を見せる。

監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」を世界的に大ヒットさせたニュージーランド出身のリー・タマホリ。


そして、『マイノリティ・リポート』の製作陣が再びタッグを組み、全く新しいタイムリミット・アクション巨編を創りあげた。



予知能力を持つ男、クリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)。

だが、彼に見えるのは、たった2分だけ先の未来。

しかも、それは自分に関わる未来のみ・・・。

その才能を隠しながら、クリスはみすぼらしいラスベガスのクラブでマジック・ショーを行う日々を過ごしていた。

そんな折、LA史上最悪の事件が勃発。

テロリストグループがLAに潜入、核爆弾をどこかに仕掛けたのだ。

FBIのカリー・フェリス(ジュリアン・ムーア)は、この大量殺戮を防ぐため、クリスの予知能力に目をつけ、事件に巻き込もうとする。

嫌がるクリス。だが、彼の最愛の恋人リズ(ジェシカ・ビール)がテロリストグループに捕らわれてしまったことから、この史上最悪の爆弾テロに立ち向かうことになる。

果たして、彼に運命を変える事ができるのか?今、未来はこの男に託された。



監督: リー・タマホリ

製作: ニコラス・ケイジ トッド・ガーナー ノーム・ゴライトリー アーン・L・シュミット グレアム・キング

製作総指揮: ゲイリー・ゴールドマン ベン・ウェイスブレン ジェイソン・クーアニック

原作: フィリップ・K・ディック 『ゴールデン・マン』

原案: ゲイリー・ゴールドマン

脚本: ゲイリー・ゴールドマン ジョナサン・ヘンズリー ポール・バーンバウム

音楽: マーク・アイシャム

出演: ニコラス・ケイジ、 ジュリアン・ムーア、 ジェシカ・ビール、 トーマス・クレッチマン、 トリー・キトルズ、 ホセ・ズニーガ、 ジム・ビーヴァー

AD