SP3

待ちに待った「スパイダーマン3」がいよいよ来週公開ですね!

すっごく楽しみです~♪



解説/ストーリー 全世界が待ちに待ったスパイダーマンがついにスクリーンに帰ってきた。

前2作をはるかに超えるパワーと感動を携えて、スパイダーマンの活躍を圧巻の映像に描ききる。

第1作でスパイダーマンとして生きる運命が示され、第2作ではヒーローであることの苦悩を体験したピーター・パーカーだったが、ここではさらなる人間的試練を体験し、ヒーローとしてのモラルが問われることになる。

MJとの心のすれ違い、叔父を殺した人間への復讐心。

液状生命体によるブラックスパイダーマンへの変貌や父の復讐に燃えるハリー(ニュー・ゴブリン)との確執。

加えて、因縁の敵サンドマンと最強の敵ヴェノムが登場するに及んで、まさに疾風怒濤のクライマックスに突入していく。

シリーズを成功に導いた監督、サム・ライミが兄アイヴァン・ライミともに練りこんだストーリーをもとに、『普通の人々』と『ジュリア』でアカデミー脚色賞に輝いたアルヴィン・サージャントがドラマチックでメリハリの利いた脚本に仕上げ、これを得たライミは文句のつけようがない演出を披露してくれる。

スピーディでひとときも観客をあきさせない語り口のなかに、スリルとサスペンスを随所に織り込みつつ、ユーモアを散りばめ、その上で胸に沁みる感動を用意する。

ヒーローがヒーローであるための資質を問いかけ、試練を乗り越えるピーター・パーカーの人間的成長を高らかに謳いあげる。

もちろんVFX、CGを存分に導入し、これまでみたこともない驚きの映像が次々と映し出される。

これぞアメリカン・エンターテインメントの頂点といいたくなる仕上がりだ。(オフィシャル・サイト)


トム デファルコ
スパイダーマン パーフェクト・ガイド
マーク・コッタ ヴァズ, Mark Cotta Vaz, 池谷 律代
スパイダーマンシークレットファイル
AD