ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
アイデンティティー コレクターズ・エディション

初回鑑賞日 2006/1/26 レンタルDVD


2003年製作 アメリカ 90分


ジャンル スリラー/サスペンス


総合評価 2000円


感動 ★★★☆☆

笑う ★★☆☆☆

泣く ★★☆☆☆

脚本 ★★★★★

映像 ★★★★☆

音楽 ★★★☆☆

出演 ★★★☆☆


コメント すっかりヤラレタ~っていうのが正直な気持ち(^^)

こういう映画だったのね~

もっとサスペンス色の濃い映画かと思ってました。

冒頭シーンからちょっと違和感があって、回想なんだけど、まるで逆回しのような感覚に感じます。

結果を先に見せて、あとからどうつながっているのかをジックリ見せる。


ストーリーは、大雨の中、まるで関係のない11人が、一軒のモーテルに集まる。

それはまるで誰かに仕組まれたよう。

目に見えない何かに・・・。

やがて殺人事件が発生する。


殺人のシーンはすごかったです!

生々しくてかなり衝撃的。

R指定映画の多い昨今ですが、脚本がうまいせいか

メッチャ!怖い!


アイデンティティ


そしてストーリーが読めないからどんどん惹きこまれていきます。

いったい誰が犯人なの?!

それとも、そもそも殺人なんてなかったの?

え?オカルト映画ァ?!


と、まぁこういう風に想像を掻き立てられじっくり観ることが出来ました(^^)

途中で展開に気がつき(それもちょっと衝撃を受けました)、納得してエンディングかと思いきや、

まさかあんなラストが待ってようとは!

時間も90分と短く簡潔で、見る価値アリです!


解説 嵐の夜、一軒のモーテルで身動きのとれない11人の男女が一人ずつ謎の死を遂げていく恐怖をミステリアスに描いたサイコ・スリラー。

監督は「17歳のカルテ」「ニューヨークの恋人」のジェームズ・マンゴールド。

巧みなストーリー展開と驚きの結末が評判となり全米でスマッシュ・ヒットを記録した。


ストーリー 激しい豪雨が降り続く夜、人里離れた一軒のモーテル。

管理人ラリーがくつろいでいるところへ、ひとりの男が飛び込んでくる。

彼、ジョージは息子ティミーを伴い、交通事故で大ケガをした妻アリスを運び込む。

救助を要請しようとするが電話は不通だった。

アリスをはねたのは女優キャロラインの運転手で元警官のエド。

彼は助けを呼びに病院へ向け車を走らせるが、途中で立ち往生し、やむなくモーテルへ引き返すことに…。


ある時、ある一室で、既に死刑判決の下った事件について再審理が行われようとしている。

ポイントとなっているのは、その事件の連続殺人犯である囚人が書いた日記だった。(allcinema)


監督 ジェームズ・マンゴールド

製作 キャシー・コンラッド

製作総指揮 スチュアート・M・ベッサー

脚本 マイケル・クーニー

音楽 アラン・シルヴェストリ

出演 ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ、アマンダ・ピート、ジョン・ホークス、アルフレッド・モリナ、クレア・デュヴァル、ウィリアム・リー・スコット、プルイット・テイラー・ヴィンス、ジョン・C・マッギンレー、ブレット・ローア、レイラ・ケンズル、ジェイク・ビューシイ、カーメン・アルジェンツィアノ、マーシャル・ベル

AD