アンジーから離婚通告された?ブラピ。年内に上映する「白い帽子の女」が最後の共演作品になりそうですね。

チラシをアップしましたがブラピがプロデュースした世界最速を競うロードレース”MotoGP」のドキュメンタリーの上映が決まりました。

館主もオートバイが好きで17歳から現在までいろいろな車種に乗りました。一番好きだったのはイタリアのドガティでしたが体力が落ちて止めました。今は休養中ですが人生最後は再度のんびりハーレーで締めたいですが・・・

 

 

AD

豊島圭介監督来場です。

テーマ:

浜松出身の豊島圭介監督はシネマイーラでの舞台挨拶登板回数1位です。今回は「森山中教習所」の上映でお越しいただきました。

前作「ヒーローマニア」はシネコンでの上映でしたので昨年正月の「花宵道中」以来となります。

中学・高校の同級生もお越しになるのでロビーは同窓会の雰囲気でした。

「オーバーフェンス」を鑑賞しましたが○ですよ。「そこのみにて光輝く」の池脇千鶴さんと蒼井優さんに共通点を感じました。静かですが力ある力作です。

日曜日に午前10時の映画祭「いまを生きる」鑑賞しました。この作品は今は無き浜松東映パラスでロードショー公開でしたので当時支配人だった館主にとって思い出のさくひんでした。ロビン・ウィリアムス若かった。イーサン・フォークは少年。最後に机に立つシーンにジィーンと来ました。

AD

片渕素直監督お疲れ様でした。「この世界の片隅に」完成したようです。尺も出ました。125分。

通信も♯52回を迎えました。”すず”さんの声はのんさんです。映像がたくさん届きましたのでアップしますね。

中野量太監督(脚本も)最新作、宮沢りえ×オダギリジョー「湯を沸かすほどの熱い愛」の宣材が届きました。今年の邦画の賞レースには絶対絡む作品だと館主は思います。上映中の「オーバーフェンス」も絡みそうなので年末が非常に楽しみですね。

”のん”さんですよ。どこかで見たこと有りますよね。

一番右が片渕監督です。

 

AD

10月2日(日)16:30分~上映会を開催します。少しでも多くの方にこの映画を知っていただき足を運んで貰いたいので中日新聞社に紹介記事を依頼しました。本日の朝刊に出ましたのでアップします。きっかけは上映会をお願いしますとK-MIXのパーソナリてティ河村由美さんから連絡が入りました。浜松出身の競艇選手、木村さゆきさんもこの作品に共感されているので当日はお二人の夢のようなトークショーも上映後に行います。入場料金はどなたさまも1.000円です。

 

今日の朝刊に”よもやま話”掲載されましたのでぜひ読んで下さい。今回のテーマは地元発映画に関してです。

たまに販売店のサービスで入っているスポーツ新聞に小さいですが、興味ある記事が有りましたのであわせてアップします。良質な映画の配給製作をしているキノフィルム(現在上映中の団地・シークレット・アイズ・・・)が”映画新人監督賞”を新設しました。審査委員長は河瀬直美監督です。インディーズ映画界に取っては朗報ですね。噂ですが河瀬監督の最新作の配給もキノフィルム?来年以降目が離せないです。

「この世界の片隅に」のサポーター通信も50回を超えました。主役の声優が”のん”さんに決まりましたよ。

 

 

袋井市が合併10周年を記念して制作資金を提供した「袋井発ダキュメンタリー」が完成しました。池田千尋監督は旧浅羽町出身ですが今は袋井市になりましたので地元ですね。

シネマイーラ最初のゲストは「東南角部屋二階の女」上映の池田千尋監督でした。その後は三ケ日の町おこし映画「とんねるらんでびゅー」の上映会にも来てくれました。袋井市生涯学習課から先日電話が有り春休みころにシネマイーラで上映して欲しいと依頼を受けました。

林監督の講演聞きました。

テーマ:

浜松市生涯学習課主催の「人を巻き込み、心に火をつける監督術」の林弘樹監督講演を拝聴しました。メリハリの効いた話を2時間たっぷり聞かせてもらい充実の時間を過ごせました。

林監督の最新作が「惑う」で三島市周辺でロケして完成したドラマです。シネマイーラでの上映は来年2月ころで決まりました。「惑う」のチラシが届きましたのでアップしますね。

「恋恋風塵」を鑑賞したのですが台湾語(ビン南語)は「マー(母)」以外全くわかりませんでした。1980年代の台湾では日本統治時代の建造物がたくさん残っていました。今は地下になった台北駅は日本の駅の風景を色濃く残していました。

 

今日の中日新聞朝刊を読んでいましたら「21世紀の映画トップ25」がありました。シネマイーラの開業は2008年12月ですので21世紀16年間のまだ半分ですが上映した作品は8作品でした。

8年で25分の8ですので合格でしょうね。

9位の「別離」11位「インサイド・ルーウィン・ディヴィス名もなき男の歌」14位「アクト・オブ・キリング」16位「ホーリー・モーターズ」18位「白いリボン」20位「脳内ニューヨーク」21位「グランド・ブタペスト・ホテル」24位「ザ・マスター」以上です。

 

明日発送します。

テーマ:

シネマイーラ会報9月号は諸般の事情により発送が遅れてしまいました。明日のは出せますので週末にはお手元に届くと思います。少しお待ち下さいね。

上映中の「団地」は奇抜な終わり方なので理解出来るのか?やや不安ですが藤山直美と岸部一徳の円熟の演技にくすくす笑い声が聞こえて来ます。一見の価値の有る作品です。

静岡新聞社のフリーペーパー”びぶれ”に館主の趣味紹介されました。お恥ずかしい限りです。

平均年齢84歳 ノリノリ・・・

テーマ:

東京などで公開となった「はじまりはヒップホップ」の上映は11月12日(土)からで決まりました。

このドキュメンタリーに出演した世界最高齢、平均年齢84歳のダンスグループがキャンペーンで来日しました。身体を動かすことの大切さを教えてくれますよ。