2006-12-06 00:27:50

「VERSUS ヴァーサス」 今までの邦画アクションとは違う

テーマ:アクション
どうも。
さて、今日はお約束どおり「VERSUS」です。

VERSUS ヴァーサス/坂口拓

¥4,441
Amazon.co.jp

北村龍平監督の名を世界に轟かせた作品です。

さて、内容は・・・

囚人仲間と脱獄し森の中を逃げる男。やがて囚人仲間を迎えに来た4人のレザボアと諍いをおこし記憶を亡くした謎の女と森の中に逃げ込むことになる。
が、その森は”黄泉帰りの森”と呼ばれるところだった。

逃げる男=誰にも負けないダークヒーローは森の中でゾンビ達と遭遇、男を追ってきたレザボア達も巻き込み格闘あり、銃撃ありの激しい戦いになっていく。

そして、全てを知る謎の男と男が対峙した時、最も激しい戦いが起ころうとしていた・・・



と、要するに格闘あり、銃撃戦あり、因縁あり、ゾンビありのごった煮アクション映画です。
一度見ればわかります!

今までの、そして今現在での邦画アクションの最高峰だと言えるでしょう。

・・・ま、ストーリーとか演技は別ですよ。

この作品は”いかにかっこよく戦うか?”というテーマの作品です。
ですから戦いのシーンがメインです。
それ以外に期待してはいけません(笑)。

しかし海外でも絶賛され、この作品の枕詞にもなっている”誰も見たことのない戦い”は伊達ではありません。

僕はこの作品と同じくらいのアクションシーンは「フェイス/オフ」と「男達の挽歌Ⅱ」などのジョン・ウー作品ぐらいしか見たことがありません。
それほど素晴らしいシーンの連続です!

あくまで戦いのシーンだけですけどね。

まぁ、アクション好きな人でまだみていない方、あまり期待しすぎないで見れば気に入ると思います。

ラストの落しどころも中々小気味良くいい仕上がりになっています。
気になっている方、気になった方は是非見てください。


アルティメットヴァーサス 



ジェネオン エンタテインメント
THE ULTIMATE VERSUS-アルティメット・ヴァーサス-

未公開シーンや追加撮影したシーンなどを加えたこちらもお勧めです。

VERSUS@映画生活
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-03 00:28:30

「デストランス」 Jアクション最新作・・ですが・・

テーマ:アクション
どうも。
今回から『みんなのテーマ』にテーマを作ってそこに絡もうと思います。
まぁ良ければ気軽に投稿してみてくださいね。

さて今回はJアクションの最新作「デストランス」です。
デス・トランス プレミアム・エディション/坂口拓

¥4,293
Amazon.co.jp



僕の好きな坂口拓さん主演の作品で、予告編を見て期待していました。

で、とりあえず簡単な物語を・・・

と、ある国。戦国の世。全ての願いをかなえると言う棺が東の寺から持ち出された。
持ち出したのはグレイブという男。
その寺を守っている僧侶の生き残り、リュウケンは大僧正より神壊刀を持たされ棺を取り戻す旅に出る。

途中、野党からリュウケンを助けた流浪の剣士シドと行動を共にし、グレイブの向かった禁断の森に向かう。

グレイブは謎の少女と共に棺を引きながらより強い相手と戦うために禁断の森を目指していた。

そして全ての運命を見守っている女剣士ユーリが現れたとき、静かに動き始めたのは希望への光なのか、それとも破滅への序曲なのか・・・

棺を巡る戦いは激しさを増していくのだった・・・



と、こんなところですね。

この手のJアクションと言えばやはり北村龍平監督の「VERSUS ヴァーサス」が一番に挙がってくると思うのですけど・・・


VERSUS ヴァーサス/坂口拓

¥4,441
Amazon.co.jp

(↑これです)

残念ですが僕は「ヴァーサス」の方が好きです。

決して面白くないわけではないし、アクションは迫力があるんですけど・・・
なんだか男が棺を引きずって歩いているだけの印象なんですよね。

もうちょっとその辺りをしっかりしてくれれば良かったんですけどねぇ。
売りであるアクションシーンもなんだかコメディチックな演出で・・・

もうちょっと真剣な戦いにしてくれれば良かったんですけどね。
最初のシド登場シーンみたいに死ぬか生きるかに徹底してくれれば面白かったのに。

これだけ魅力的かつ荒唐無稽な設定なんだからもう少しシリアスなものにした方が生きてきたと思うんですけどね。ラストの女神との死闘シーンみたいなのが続けばよかったのに。

まぁ最近のアクション邦画としては面白い方だと思います。

この手のアクション物が好きな人は見ても損はないと思います。

次回は件の「VERSUS」の事を書こうと思います。

デス・トランス@映画生活


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-28 00:44:10

「SPL 狼よ静かに死ね」 因果応報の世界

テーマ:アクション
どうも。
久々更新です。
やっぱり映画は辞められないです。

さて、今回は香港映画で、しかも知る人ぞ知るサモ・ハンことデブゴンが出ている作品です。



ワーナー・ホーム・ビデオ
SPL 狼よ静かに死ね 特別版

これです。

最近韓国映画に押されて元気のない香港映画ですが、香港ノワールはまだまだ健在でした。

さて、簡単な内容は・・・

香港の裏社会を牛耳るボス、ポーを逮捕するべく全力を尽くすチャン捜査官ら4人だったが護送中の証人を殺されポーは無罪で釈放、チャンは頭に重傷を負い検査の結果悪性の腫瘍を告知される。

3年後、腫瘍の悪化で引退を決めたチャンの変わりにマーが着任する。
チャン引退の前日、以前から潜入させていた仲間の警官の死体が発見される。その時のビデオ映像を偶然手に入れたチャンたち。その映像には仲間を殴るポーが写ってはいたが殺したのはその手下だった。

ポーを逮捕するべく証拠を捏造することにしたチャン達。手段を選ばずに暴走する彼らに巻き込まれていくマー。
そしてチャン達の計画がほころび始め、ポーがチャン達の抹殺を始めたとき、男達の熱き思いが香港の夜を地に染めていく・・・



と、こんなところでしょうか。

この映画の焦点はズバリ、オヤジです。
チャンを始め捜査員達全員に人間臭い描写があり、ポーにも人としての側面を持たせています(これが最後のテーマ”因果応報”にかかってきます)。

そして、香港ノワールと言えば忘れてならないのが血と暴力、そして男の描写です。
この作品はそのどれも満たしています。
なんせサモ・ハンとドニー・イェンの対決が見れるんですから凄いです。
それだけでも見る価値はあると思います。

僕としてはもう少し対決シーンがあればもっと良かったですけどね。

ラストは何度も言いますが因果応報です。
今までの激しいシーンからラストの物悲しいシーンまで退屈させない作品です。

SPL/狼よ静かに死ね@映画生活
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-19 16:43:28

「PTU」 香港映画の底力

テーマ:アクション
どうも。
しばらく書こうと思うと物凄く重い日ばっかりで・・・

さて、今日は香港映画です。





キングレコード
PTU

現在、香港映画を担うとされている(まぁいわゆる香港ノワール系ですけど)ジョニー・トウ監督の作品です。

さて、簡単な内容は・・・

眠らない街、香港、深夜。
あるマフィアの幹部が刺殺され、ある刑事はチンピラに拳銃を盗まれ、車上荒らしが多発する。

それぞれの事件を追うのは拳銃を盗まれた組織犯罪課の刑事、香港特殊機動隊=PTU、特捜課=CIDの面々。

CIDは犯罪課の刑事をマフィアと繋がりがあるとマークし、刑事はなくした拳銃をPTUに探してくれるように頼み、PTUはCIDから疑われつつも拳銃を探す。

そして、長い夜が明け始める午前4時に全ての人物が偶然一箇所に集まったとき、何かが起こる・・・


と、こんな感じです。

文章で書くと中々伝わらないですが、映像を見ると物凄く密度の濃い作品に仕上がっています。
で、この物語の根底に流れているのが”仲間意識”と言うものです。
余り詳しく書いてしまうと見たときに面白くなくなってしまうかもしれないので書きません。

まぁ、でも、日本の警察もこうなんではないですかねぇ・・・
それが良い意味で現れれば良いんですけど・・・

それと夜の香港を歩いていくPTUの面々が凄くかっこいいです。
雨が降ってくると警察のトラックが走ってきてコートを置いていったり。
なんだか何気ないシーンが凄く決まっています。

香港ノワールが好きな方は是非見てください。
それ以外の方もかっこいい映画が見たいときにお勧めです。


ラストも中々かっこいいオチです。

PTU@映画生活






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-31 00:02:46

「セブンソード」 中国産武侠映画の期待作だったんですけど・・・

テーマ:アクション

どうも。

昨日は夕方書き込んだんですけど・・・

アマゾンのリンクに失敗して書いたの消えてしまったので・・・


さて、今日は中国の武侠超大作(のはず)です。


ワーナー・ホーム・ビデオ
セブンソード 特別版 (初回限定豪華BOX仕様)

宣伝では「HERO」「LOVERS」に続く武侠映画第三弾!

と言うことでしたが・・・


さて、まずは簡単な内容から・・・


1600年代。中国は清王朝の時代だった。が、各地では反王朝の運動が起こり、王朝はその鎮圧に躍起になっていた。

そこで王朝は武術の研究と実践を禁じた「禁武令」を発令し、叛乱部隊の駆除を行っていた。


その混乱に乗じて私腹を肥やそうとする”風火連城”は反王朝の強硬派が住む寒村、武荘を狙っていた。

ひょんなことからその事を知ってしまった村の女、武元英は過去に政府の処刑人をしていたが、良心の呵責に耐えかね、政府を裏切った傅青主と、村の若者の韓志邦とともに『天山』を目指す旅に出ることになる。


『天山』には「武禁令」により隠遁した武の達人が住むとされており、3人は村を救うために協力してもらおうと言うのだ。


ようやく『天山』にたどり着く3人。そこで4人の剣士の協力と、3本の剣を授かり、「七剣士」として武荘に戻る。

と、村は今まさに風火連城の部隊に襲撃されているときだった!


果たして「七剣士」たちは武荘を救うことが出来るのであろうか・・・



と、こんなところですかね。


まぁこの作品は僕的には「七剣士」誕生編ぐらいに思っています。

この後大活躍するんだろうなぁと言うところで終わってしまいます。


アクションもかっこいいのですが・・・

量が少なすぎます。

もう少し七剣士たちのアクションが見たかったです。


七剣士の最初の戦闘シーンなど、とてもかっこよかったし、映画の最初のシーンもかっこいいんですけどねぇ・・・

なんだか途中だれてしまいました。


七剣士の持つ7本の剣にも色々と謂れがあるみたいなんですけどその辺りもいかしきれていないような・・・

あと、登場人物たちのキャラがあまりわからなかったというのも残念です。


もっとアクションを前面に出して、テンポを良くすれば・・・



まぁ色々と書きましたが2時間30分と言う長さにもかかわらず、一気に見てしまうのは面白いと言うことなのでしょう。

僕自身も結構好きな作品ではあります。


剣戟の好きな方、是非見てください。


そそ、音楽を川井憲次さんが担当しているんですけどとっても良いです。

・・・もしかしたらBGMが良いから飽きなかったのかしらん(笑)




セブンソード@映画生活
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-09 16:44:40

「女囚701号 さそり」 これはある意味アイドル映画?

テーマ:アクション

どうも。

やっと書きます。


東映
女囚701号 さそり

「女囚701号 さそり」です。

かのタランティーノ作品、「キル・ビル」などにリスペクトされるほどの作品です。


簡単な内容はと言いますと・・・


某女子刑務所に松島ナミと言う女囚が居た。彼女は刑務所内で異彩を放ち他人と一線を引く存在だった。

ある日ナミと唯一彼女を慕うユキが脱走を企てるが刑務所長の郷田らの必死の追跡により捕まってしまう。

懲罰房に手足を縛られ入れられるナミ。その時ナミの頭の中には自分を利用して裏切ったかつての恋人で麻薬取締官の杉見への復讐のことしかなかった。

そう、ナミは杉見への復讐の念で生きているようなものだったのだ。


懲罰房から出た直後、騒ぎを起こし女囚全員を巻き込んだ懲罰を起こすナミ。

ナミの、そして女囚達の我慢の限界が来たとき、暴動が起こり・・・


果たしてナミは杉見に復讐することが出来るのか?

そしてこの地獄のような監獄から脱出できるのだろうか?



と、こんなところです。


この映画の見所の一つと言えばやはりさそり役の梶芽衣子さんの姿でしょう(笑)

ハッキリ言ってセリフは殆どありません。

が、その存在感は物凄いものがあります。

その存在感を不動のものにしているのは梶さんの目です。


僕はこの目にやられてしまいました(笑)


いや~~本当に美しい・・・


その吸い込まれるような綺麗な目に宿る力強い光!

もうこれだけで十分です。


まぁ他にももちろん見所はあるんですけどね

物凄いいじめとか、残酷描写とか・・・


未見の方、騙されたと思って一度見てください。

男性ならきっと梶さんの美しさにいちころでしょう(笑)


なぜアイドル映画?と言ったのかがわかると思います。



「さそり」シリーズはこのあと3作品、梶さんの主演で続くことになるのですが・・・

面白いのは第3作までですかねぇ・・・

監督が変わるとこうも変わるのかと言うくらいにパワーダウンしてしまいます。

これはひとえに「さそり」というキャラクターの描き方だとは思いますが・・・


シリーズ通して描かれているのは「女の執念」とか「怨念」だと思います。



興味のある方、是非ごらん下さい。


女囚701号さそり@映画生活
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 01:20:36

「パニッシャー」 いや、新しい方じゃなくて古い方

テーマ:アクション

どうも。

今日は「パニッシャー」です。

っても、ドルフ・ラングレンの方です。

パニッシャー

ポニーキャニオン/日本ヘラルド映画
パニッシャー

いや、今トム・ジェーン版の方を見ていたんですけどね・・・

やっぱりこっちの方が面白かったなぁと思いまして。


簡単な内容は・・・

マフィアに妻子を殺された元警官のフランク・キャッスルは地下に潜伏してマフィアに復讐する殺し屋=パニッシャーとなっていた!



と、このくらいしか覚えてないです(笑)

が!


この映画のいいところは若かりし日のラングレンのキレのあるかっこいいアクションです!

それが全てだと思います(笑)


新作の方は決して駄作ではないんですけどどうもアクションとして見るとラングレン版の方が数段かっこいいです。


黒い衣装に身を包み悪人達を次々と倒してゆく・・・

ラスト、人殺しになりきれない、優しさをも見せるラングレンのかっこよさ・・


未見の方、是非見てみてください。


参考までに新しい方も。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
パニッシャー コレクターズ・エディション

こちらは「パニッシャー」誕生編ということで・・・

どうやらパート2も作られるようです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-09 23:20:42

「レコニングデイ」 素晴らしき自己製作映画!

テーマ:アクション

どうもお久しぶりです。

最近仕事でココロも体もズタボロです(汗)


と、そんな時には何も考えなくていいこんな映画を見ましょう


エスピーオー
レコニング・デイ[デラックス版]

知る人ぞ知る「レコニングデイ ~血まみれドッグ~」です。


今日のタイトルにもあるとおりほぼ低予算な自主制作映画です。

が!この映画の凄いところはそんなものを感じさせないパワーにあると思います。


簡単な内容は・・・


コードネーム”エド”と呼ばれる特殊部隊員は「未知の力」と呼ばれる麻薬を追っていた。

が、その麻薬を追ううちにかつて国境近くで壮絶な銃撃戦の末射殺したはずのテロリストが絡んでいることを掴む。


なぜ死んだはずのヤツが生きているのか?

そして「未知の力」の正体とは・・・


壮絶な銃撃戦の末に全ては見えるのか・・・



な~んて・・・


まぁ内容なんてあってないようなものです。

見てもらいたいのはその凄まじいまでの銃撃戦です!!

その世界ではタランティーノの再来と言われているらしい監督のジュリアン・ギルビーさんのこだわりとセンスがいい感じに出ています。


いかに格好よく銃を撃つか?

どうしたら格好よく見せられるのか?


この辺りに凄いこだわりがあると思われます。

ストーリーもちょっとは考えているみたいでラストの辺りは結構良いものがあります。


そして、DVDでご覧になる方は是非見ていただきたいのが監督のインタビューです。


これを見るとひときわこの作品に対する情熱を知ることが出来ると思います。

昨今、CG技術の発達でこの手の特殊効果がテレビゲームと似通っているところがありますが、この作品のようにリアルでここまで凄いものを見せてくれるモノは余りないと思います。


この手のアクション物が好きな方、是非見てください!


公式サイト(英語)


良かったら公式サイトにも行ってみてくださいね。

ギルビー監督の次回作・・・どうなったんだろ?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-24 01:02:36

「ハードターゲット」 ヴァンダム主演の珍しい傑作

テーマ:アクション

どうもお久しぶりです。

今日はジャンクロード・ヴァンダムとジョン・ウー監督のコラボ作品

「ハードターゲット」です。

タイトル: ハード・ターゲット

「フェイス/オフ」で不動の地位を築いたジョン・ウー監督のハリウッド進出第一弾です。

内容は・・・


行方不明になった父ダグラスを探す為、ニューオーリンズにやってきたナターシャ。チンピラに襲われていたところを助けてくれた元船員のチャンスと共に行方を探すが一向に足取りはつかめないでいた。


そんな時、ダグラスと同じ元海兵隊員でホームレスにまで落ちてしまったイライジャからダグラスが仕事をもらっていたランダルの店に行く。

そこで二人は”殺人ゲーム”の事を知ってしまう。

ダグラスは大金と引き換えにゲームに参加し、殺されていたのだ!


秘密を知った二人をゲームの主催者、フーションが見逃すはずもなく、二人は”殺人ゲーム”の獲物になってしまう・・・・



と、こんな事書いてますが見れば一目瞭然!何も考えることなく最後まで見ることが出来ます。

さすがジョン・ウー、かっこいいアクションが目白押しです!


中でも中盤のバイクのシーンはとてもかっこいいです。

終盤の銃撃シーンも迫力満点で見ごたえがあります。


そんな中に「フェイス/オフ」につながるようなシーンがあったりして中々楽しめます。



しかしヴァン・タ゜ムとジョンが組んだのはこの一作のみで・・・・

だからヴァン・ダムも啼かず飛ばずなんでしょうかねぇ・・・


そそ、一つお勧めのシーンがあります。

港でヴァン・ダムが音楽と共にスローモーションで登場するシーン・・・

かっこよくて未だに目に焼きついて離れません(笑)

良かったらチェックしてみてくださいね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-10 13:13:54

「ブラインド・フューリー」 アメリカ版座頭市?

テーマ:アクション

どうも。

さて、この映画、知っている方・・・まぁ結構いると思います。


ブラインド


タイトル: ブラインド・フューリー

ルトガー・ハウアー主演の「ブラインド・フューリー」です。


アメリカ版座頭市と言えばわかりやすいです。


結構面白いので探してみてください。

良くありがちな障害克服物ではなく、主人公が盲目と言うことを普通のことと受け止めています。

もちろん、大変な苦労などがあったと思いますが・・・


ですからこの作品は痛快なアクションとして撮られています。

それはひとえに主人公のニック・パーカーをルトガー・ハウアーが愛すべきキャラとして演じているからでしょう。

時にコミカルに、殺陣は鋭く。常に前向きに生きる主人公は見ていて好感が持てます。


残念ながら続編等の話は聞きませんが、続いていれば面白いものになっていたと思うんですけどね。

痛快なアクションを見たいときには是非!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。