2005-07-31 01:10:22

「ユートピア」 超能力テーマの傑作の一つ・・・か?

テーマ:サスペンス

どうも。

毎度おなじみ深夜の更新です。


さて、今日はさっき見たばかりの作品を紹介します。

ハピネット・ピクチャーズ
ユートピア

スペイン・フランス映画の「ユートピア」です。

タイトルにもあるとおり超能力・・・「予知」が題材の作品です。


僕的にこのジャンルの最高はクローネンバーグ監督の「デッドゾーン」だと思っているんですが・・・


まぁとりあえず簡単な内容から・・・


アドリアンは「予知夢」を幼い頃から見ていた。

事故で両親を失った彼は”ユートピア”と呼ばれる「見えるもの達」の集団に育てられて、その能力の使い方を教わっていた。


成長した彼はある日南米で惨事に見舞われているアンヘラという女性の夢を見る。


過去の苦い経験から夢と”ユートピア”を避けていたアンドリアだったが育ての親であり力の使い方を教えてくれたサムエルの願いでアンヘラを助ける決意をするのだが・・・


と、言ったところです。


この映画の肝はなんと言っても「予知夢」にあるんですがその区別が中々面白いんですよ。

「寝ているときに見る夢は過去のこと。起きている時に見る夢はこれから起きること」

と言うセリフがあるんです。

まぁこれがこの作品のテーマでもあるんですけどね。


で、アンドリアは次々とアンヘラ関係の予知夢を見ていくんですよ。

この夢と物語が(当然ですが)シンクロしていまして、中々面白いなぁと思いました。


途中もたつくシーンもあるんですけど、終盤の展開は中々良いものがあると思います。

特にラスト、力強いメッセージがありまして、「デッドゾーン」とは違った良さを出していると思います。



超能力物が好きな方、是非見てみてください。

ラスト、結構気持ちのいい締めで僕はいいと思いました。お勧めです。




ユートピア@映画生活


ああそうだ。今回から「映画生活」 のリンクを貼る事にしました。

って、以前からトラックバックはしていたんですけどリンクを貼るのを忘れていました(笑)


良かったら見に行ってみて下さいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 01:20:36

「パニッシャー」 いや、新しい方じゃなくて古い方

テーマ:アクション

どうも。

今日は「パニッシャー」です。

っても、ドルフ・ラングレンの方です。

パニッシャー

ポニーキャニオン/日本ヘラルド映画
パニッシャー

いや、今トム・ジェーン版の方を見ていたんですけどね・・・

やっぱりこっちの方が面白かったなぁと思いまして。


簡単な内容は・・・

マフィアに妻子を殺された元警官のフランク・キャッスルは地下に潜伏してマフィアに復讐する殺し屋=パニッシャーとなっていた!



と、このくらいしか覚えてないです(笑)

が!


この映画のいいところは若かりし日のラングレンのキレのあるかっこいいアクションです!

それが全てだと思います(笑)


新作の方は決して駄作ではないんですけどどうもアクションとして見るとラングレン版の方が数段かっこいいです。


黒い衣装に身を包み悪人達を次々と倒してゆく・・・

ラスト、人殺しになりきれない、優しさをも見せるラングレンのかっこよさ・・


未見の方、是非見てみてください。


参考までに新しい方も。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
パニッシャー コレクターズ・エディション

こちらは「パニッシャー」誕生編ということで・・・

どうやらパート2も作られるようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-15 00:42:44

「デモリショニスト」 題名はアノ映画だが、内容はアノ映画

テーマ:SF

さて、トラバステーションがSFと言うことで僕も参加します。

デモリショニスト


ジェネオン エンタテインメント
デモリショニスト【字幕版】

タイトルにも有るとおり、スタローンの映画のパクリかと思いきや・・・


内容は・・・


女潜入捜査官のアリッサは刑務所から脱獄したマット・ドッグのアジトに潜入し、近付くことに成功したが自身の行き過ぎた行動によりパートナーと共に囚われ瀕死の重症に陥る。


その彼女を死の渕から救ったのはクロウリー教授だった。

彼女は教授の研究の成果の強化プロテインにより脅威の復活力を持つ戦闘マシーンとして生き返ったのだ!


アリッサは復讐の為、マット・ドック一味に立ち向かってゆくが、強化プロテインによって次第に人間的感情を失っていく・・・・



と、内容自体はロボコップみたいな感じです(笑)


全体的にC級映画の雰囲気なのですが・・・・


とにかくこの作品、アリッサの戦う姿がかっこいいんです!

トラックの荷台に飛び乗り、二挺のハンド・マシンガンで悪党を撃ちまくる!

背中に背負った回転ブレード付きの棒(笑)で悪党を叩きまくる!

彼女専用のバイクに跨り、ハンド・マシンガンで悪党を追いかけ、撃ちまくる!


等等、とにかく彼女の戦いぶりがかっこいいんです!



言い換えればそれだけです!(笑)


しかし、このかっこよさは一見の価値があると思います。

レンタル屋、その他で見かけたら是非見てください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-09 23:20:42

「レコニングデイ」 素晴らしき自己製作映画!

テーマ:アクション

どうもお久しぶりです。

最近仕事でココロも体もズタボロです(汗)


と、そんな時には何も考えなくていいこんな映画を見ましょう


エスピーオー
レコニング・デイ[デラックス版]

知る人ぞ知る「レコニングデイ ~血まみれドッグ~」です。


今日のタイトルにもあるとおりほぼ低予算な自主制作映画です。

が!この映画の凄いところはそんなものを感じさせないパワーにあると思います。


簡単な内容は・・・


コードネーム”エド”と呼ばれる特殊部隊員は「未知の力」と呼ばれる麻薬を追っていた。

が、その麻薬を追ううちにかつて国境近くで壮絶な銃撃戦の末射殺したはずのテロリストが絡んでいることを掴む。


なぜ死んだはずのヤツが生きているのか?

そして「未知の力」の正体とは・・・


壮絶な銃撃戦の末に全ては見えるのか・・・



な~んて・・・


まぁ内容なんてあってないようなものです。

見てもらいたいのはその凄まじいまでの銃撃戦です!!

その世界ではタランティーノの再来と言われているらしい監督のジュリアン・ギルビーさんのこだわりとセンスがいい感じに出ています。


いかに格好よく銃を撃つか?

どうしたら格好よく見せられるのか?


この辺りに凄いこだわりがあると思われます。

ストーリーもちょっとは考えているみたいでラストの辺りは結構良いものがあります。


そして、DVDでご覧になる方は是非見ていただきたいのが監督のインタビューです。


これを見るとひときわこの作品に対する情熱を知ることが出来ると思います。

昨今、CG技術の発達でこの手の特殊効果がテレビゲームと似通っているところがありますが、この作品のようにリアルでここまで凄いものを見せてくれるモノは余りないと思います。


この手のアクション物が好きな方、是非見てください!


公式サイト(英語)


良かったら公式サイトにも行ってみてくださいね。

ギルビー監督の次回作・・・どうなったんだろ?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。