「NANA」

テーマ:

NANA 」観に行っちゃいました。

原作読んだことないんだけどね。。。



「NANA」


出演:中島美嘉、宮崎あおい etc.


大人気少女マンガ「NANA」の実写化。
物語は原作の5巻目までを忠実に映像化。

(現在13巻まで発売されてるのかな?)



恋人の元へ向かうべく小松奈々は上京する。

列車の中で偶然、同じ名前、同じ年の

大崎ナナと出会う。
そしてひょんなことから二人の同棲生活が始まる。

夢に恋する奈々。

夢を歌うナナ。

二人の運命は・・・?


面白かったです。

原作を読んだことないけど楽しめました。

本当にマンガを忠実に再現してるみたいです。

やはり原作ファンと思われる女性客が目立ちました。

今度原作読んでみたいなぁ。


ただ原作を知っている人は

役者とキャラのギャップが嫌な人がいるかも。。。

(↑はマンガを実写化するときに問題となる点ですが)


映画としての出来は上々。

役者の演技はちょっと・・・。

雰囲気は凄く良かったです。


今回が5巻目までらしいので

続編が作られるかもしれませんね。

評価は「『NANA』ファンならずとも楽しめる!」です。

AD

またしても久しぶりの更新です。

かなりジコマン更新で申し訳ない。。。

「容疑者 室井慎次」六本木ヒルズで観てきました。




「容疑者 室井慎次」


出演:柳葉敏郎、田中麗奈 etc.


『踊る大捜査線』スピンオフ企画第2弾
柳葉さん演じる室井警視正が主人公。




ある殺人事件を捜査していた室井。

その容疑者が不運にも事故で死んでしまう。

責任を追及され、逮捕される室井。

彼はどうなってしまうのか・・・?



そこそこ面白かったです。

やはり『踊る大捜査線』シリーズは安心して観ることが出来ますね。

(面白さがある程度確約されているから)

ただ監督が今までと違い、「不完全燃焼」感は否めないかも。。。

ちなみに今回の映画で室井さんの過去が明らかになります。



今回は「警察」というテーマだけでなく

「警察と法律」という対比が表現されています。


そのためこれまでの『踊る大捜査線』シリーズとは一風変わった感じ。

好き嫌いが分かれそうな映画です。

(特に今までの『踊る大捜査線』シリーズ好きの意見が割れそう)



映画としての出来は上々。

役者の演技上手い。



評価は「一風変わった『踊る大捜査線』シリーズ観たいならどうぞ!」です。

AD

久しぶりの更新です。

見ちゃいました、スターウォーズ。

できたら「宇宙戦争」もみたい今日この頃。



「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

出演:ユアン・マグレガー ナタリー・ポートマン etc.


言わずと知られたSF超大作。
ついに公開されました。

一線で活躍するオビ=ワンとアナキン。

アナキンはパドメ(アミダラ)と他には秘密で結婚していた。

分離主義の勢力が強まる中、共和国は窮地に立たされる。

自分のジェダイとしての存在に疑問を抱き始めるアナキン。

アナキンに暗黒面が忍び寄る。。。


いやぁ、面白かったです。

これですべてが繋がりました。

1・2(アナキンの成長を描く)と4・5・6(アナキンの子供を描く)

スターウォーズという超大作がここに完成したと言えます。


映像美はもちろんですが、今までの謎がすべて解けます。

なぜアナキンは暗黒面に堕ちたのか?

なぜダースベイダーは常に黒いスーツを着ているのか?

などなど

最高でした。


評価は「ファンならずとも必見!(でも他のエピソードも見てね)」です。

AD

DVDで見ました。

本当は劇場で見たかったんですがね・・・。

見ることができただけで良しとしよう。



「僕の彼女を紹介します」

出演:チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク etc.


韓国映画。
以前紹介した「猟奇的な彼女」と同じ監督&女優。

正義感に熱い(熱すぎる)女性警官のヨ・ギョンジンは窃盗犯と間違えて高校教師を掴まえる。

その後非行青年の取り締まりで再会する二人。

性格の全く異なる二人だが、惹かれあい付き合うことになる。

しかし二人は事件に巻き込まれてしまう。。。



泣いた。

試写会で86%が泣いたってCMはまんざらでもない。
いろいろ伏線があって面白かった。


ただ前作「猟奇的な彼女」熱狂的ファンには概してウケが悪いようだ。

前作の「リアルな人間・世界描写」に対し、今作は「ファンタジー風というかリアルさが欠落気味」。

ただ個人的には満足した。

補足として「文庫がイイ」とのこと(映画でハショられてる部分が書いてある)


何気にチョン・ジヒョンかなり好きなんで(笑)

なんか雰囲気がいいっす。


評価としては「一風変わった『猟奇的な彼女』を見たいならコレ!」です。

久々の更新です(汗)

忙しかったのもあるんですが、ここんとこ映画を観てなかったもので。。。

ぼちぼち書いていきます!

「ザ・インタープリター」

出演:ニコール・キッドマン、ショーン・ペン etc.


現在公開中のサスペンス。
キャストが凄いですね。

国連で通訳として働くシルビア。

彼女は偶然にも「ある暗殺計画」を耳にしてしまう。
そのことが原因か、シルビアに迫る怪しい影。
シルビアの警護のため、シークレット・サービスのトビンが任務につく。
トビンはシルビアが隠し事をしていると睨む。

その真相は?

うーん、微妙。
面白くないわけではないが、名作ってわけでもない。

ストーリーはありきたり(よく言えば王道)

途中で「オチ」がわかってしまった。。。

ただ主役の2人はさすが!(特にショーン・ペンの演技)

ニコール・キッドマンは相変わらず綺麗です。


評価としては「主演の2大俳優が好きならどうぞ!」です。


発音を考えると邦題は「ジ・インタープリター」じゃないのかな??

わかる人(帰国子女など)いたら教えてください(笑)

ないです。
いろんなことに忙殺されて映画を観る時間がない。
とゆーわけで、ブログ更新が出来ない言いわけとさせていただきます。

映画を観る時間がないのは真実です。。。
でも、観たい映画はたくさんある。
コメント付でいくつか紹介します。


公開中のもの

Mr.インクレディブル
 「ファインディング・ニモ」などで有名なディズニー/ピクサーの映画。
 単純に面白そうだから観てみたいですね。
 スーパー・ヒーローが現実世界にいたら・・・って考えると楽しい。

笑の大学
 みなさんご存知だと思います。
 三谷幸喜の脚本に期待。
 観たいんだけど、そうこうしてるうちに公開が終わりそうな気が。。。


近日公開のもの

僕の彼女を紹介します
 「猟奇的な彼女」のキャストによる映画。
 実はココにあげた映画で一番観てみたい映画です。
 「猟奇的な彼女」は今まで観た映画でかなり好きな映画なので。
 クァク・ジェヨン監督とチョン・ジヒョンのタッグには期待大です。
 試写会で86%(たぶん)が泣いたってCMが脳裏に焼きついてます。


参考になりましたか?
時間とお金に余裕があるならゼヒ映画を!
(注:私は制作会社や配給会社の人じゃないです)




 
ハウル観てきました!
最近「読者さん」が増えてくれて嬉しい。
凄く嬉しい。

「ハウルの動く城」

出演:倍賞千恵子 、木村拓哉 etc.


現在公開中のジブリ作品。
日本はアニメ大国ですから。

平凡な女の子と自称するソフィー。
ある日ソフィーは荒地の魔女に呪いをかけられる。
老婆になってしまったソフィー。
彼女はひょんなことからハウルの元で掃除婦として働くことになる。
ソフィーは元の姿に戻れるのか・・・?

賛否両論だと思う。
とりあえず言える事は・・・
・前2作(もののけ姫&千と千尋)とは違った雰囲気。
・若干ストーリーが荒い(語られていない部分が多い)
・意外と(?)キムタクの声がマッチしている。
こんな感じです。
個人的には面白いと感じた。
ハッピーエンドだしね。

評価としては「ジブリのネームバリューを考えずに観て!」です。


やっぱ映画は先入観を持って観ちゃいかんですよ。
いやぁ、久々に映画観ました。
やっぱ映画っていいです。
最近は観る機会が少なかったので尚更。


「いま、会いにゆきます」

出演:竹内結子 、中村獅童  etc.


現在公開中のラブストーリー映画。
最近の邦画はラブ系かホラー系が熱いですね。

妻に先立たれた巧(たくみ)は息子の佑司と暮らしていた。
妻の澪(みお)は死ぬ前に佑司に「絵本」を渡していた。
「絵本」には雨の時期に会いに来ると書かれていた。
澪が亡くなった次の梅雨、奇跡が起こった。。。

「綺麗」な映画。
この一言に尽きますね。
夫婦間、家族間の純愛が美しく描かれています。
舞台の情景も綺麗。
役者の演技も良い。
久々に「ヒット」した映画でした。

評価しては「感動系が嫌いじゃない方はゼヒ!!」です。


獅童さんの役の名前が「たくみ」(私の名前)でテンションが上がりました(笑)
漢字は違うんですけどね。。。
昔「ショコラ」と「チョコレート」を混同してました。
タイトル似てますよね・・・?


「チョコレート」

出演:ビリー・ボブ・ソーントン 、ハル・ベリー  etc.


2001年に公開されたラブ+ヒューマン映画。
ハル・ベリーのアカデミー主演女優賞受賞作品。

長年死刑囚人の看守を勤めてきたハンク。
彼の父も彼の息子も同じ看守の道を歩んでいた。
ハンクと彼の父は人種差別主義者。
ハンクの息子は心優しい青年だった。
ある黒人囚人の処刑に立ち会うハンクと息子。
その直後の「事件」を境にハンクの心境が変わり始める。。。

うーん、クセのある映画。
好きな人は凄く好きだろうし、嫌いな人は嫌いかも。。。
役者の演技は素晴らしい。
ただ心境の変化が激しい気が・・・。

評価としては「異色なラブストーリーならコレ」です。
ちょっと気になっていた「隣のヒットマン」。
「気になったら観る!」が鉄則です。


「隣のヒットマン」

出演:ブルース・ウィリス 、マシュー・ペリー  etc.


2000年に公開されたアクション(?)コメディ映画。
続編もあるみたいだが。。。

冷え切った関係の末、殺意すら抱くようになった夫婦。
しかし離婚に踏み出せないでいた。
そんなとき隣の家に「超大物ヒットマン」が越してきた。
彼はボスを裏切ったために終われる身。
やがて様々な殺意が入り乱れることになる。。。

面白い。
アクションというか完全にコメディ。
ストーリーの展開がよく飽きさせない。
どの役者もイイ味だしている。
特にマシュー・ペリーの「小心者っぷり」は笑える。

評価としては「破天荒なコメディならコレ」です!