シネマな時間に考察を。

心に届く映画を語る、シネマな時間に考察を。ヨーロッパ・中東・アジアを中心とした愛すべき短館系作品のレビューを綴っています。映画と心のちょっといい関係をさがして。心がきらりとひかる瞬間を大切に。


テーマ:

軍事境界線を巡る、花嫁一家の悲喜交々。
嫁ぎゆく者が国の境遇を越えて運命を選択する、
自立と自決の物語。


シネマな時間に考察を。

『シリアの花嫁』 THE SYRIAN BRIDE
2004年/イスラエル、フランス、ドイツ/97min
監督・脚本: エラン・リクリス 出演:ヒアム・アッバス


境界線。
踏みとどまる事、越える事。
地球の真上から見ればそんな線など存在しないのに。
国と国との都合で勝手に引かれた、軍事境界線。


シリアの西側に広がるゴラン高原、ここはイスラエル占領下ののち、占有権の継続を主張するシリアと侵攻イスラエルの間で、どちらの国にも属さない“ノーマンズランド”となっていた。ゴラン高原に住むイスラム教ドゥルーズ派の村人たちは、現在「無国籍」となっている。驚くことに彼らのパスポートにも「無国籍」と印されているのだ。


シネマな時間に考察を。本作は、ゴラン高原の村娘モナがシリア側の男性のもとへ嫁ぐ結婚式当日の数時間を描いたものである。その僅か数時間のあいだに我々は、モナの一家にいつしか同行しながら、イスラエル側の計略とシリア側の思惑の狭間で彼らとともに立ち往生し、今なお複雑な政治的影を落とす中東情勢を、美しき花嫁とともに噛み締めることになる。イスラエル人である監督が描いたこの作品はしかし、決してプロパガンダ的ではない。自国と相手国とを俯瞰で見据えたその視点は、実に深い考察をもたらす。


本作が素晴らしいのは、その中東情勢を「家族の物語」の中に切り取るように浮かび上がらせたドラマ的手法である。政治情勢の影は、まるで間逆な印象とも言えるハイライトの飛んだ白っぽく眩しい映像を背景色にして、ゆったりと描かれている筈の時間軸はしかし、短い好転を何度も反復させながら観る者の心を揺れ動かして離さない。


6人家族のモナの一家は、親シリア派で投獄された経緯を持つ父や、家族に背き国を出てロシアで結婚した長兄、親に従い地元の男性と結婚するも不幸せな生活を送る姉、結婚せず外国で自由に暮らす弟、裏切り者を断固許さない親戚筋の長老たちなど、それぞれがそれぞれに事情を抱えている様子。妹の幸せを何より願う姉アマルと花嫁モナ、父と長男との和解など家族の絆の描かれ方も秀逸だ。


シネマな時間に考察を。 花嫁を送り出すパーティも終え、モナとその家族たちはいよいよ新郎が待つ境界線へと向かう。大きな柵があるこの境界線を越えるためには手続きが必要だ。両国には国交がないため、国際赤十字に従事するジャンヌが代行役となる。モナのパスポートはジャンヌに手渡され、一行は暫く境界線のこちら側で留まることに。


ここから始まる、通行手続きを巡る一連のトラブルを描くシークエンスは見事。イスラエルの出国審査官は、ゴラン高原がイスラエルの領地であるという認識からパスポートに「イスラエルの出国印」を押す。ジャンヌはそれを持って境界線を越えシリア側の出国審査官に入国の許可を求めるのだが、シリアの審査官はこの「出国印」が気に食わない。


シリアの言い分はこうだ。ゴラン高原は元々シリア領であるのだからこの場合はシリアからシリアへの単なる移動となるべきで、イスラエルから出国したという事実はない、というもの。出国印がある限り許可できないとし、修正ペンでそれを消してしまうという奇策に出る。


シネマな時間に考察を。 とにかくこれで無事境界線を渡れる手はずだったのだが、ジャンヌがシリア側に入国許可印をもらいに行くと審査官が別の人間と交代しており、こんなパスポートは受理できないと主張され事態は振り出しに戻ってしまう。


何とか式を挙げさせてあげたいと願っていたジャンヌもお手上げ。

花嫁の親族から責められる騒動のさなか、ふと花嫁の姿が消えているのに気付く姉。


モナの決意。
花嫁はひとり軍事境界線を越えシリア側へと歩を進めていた。出国でも入国でもない境界線を越えた時、それはもう二度とこちら側へは戻れない事を意味する。そのモナの決意がとくとくと画面に溢れ、やがてカメラはモナから離れると境界線のこちら側で妹の後姿を見守る姉アマルの複雑な表情を捉え、今度はアマルの決意をもとくとくと画面に満たしてゆく。


結婚式の日に、縺れていた家族のしがらみはゆっくりと解けていく一方で、国と国との和解は依然遠く、建前とエゴで設えられた境界線は、

いまだ消えそうもない。


姉妹の不安は、中東の現在の不安に繋がり、
姉妹の希望は、中東の未来の希望へと繋がる。


世界中に存在する、悲しみの境界線を越えて。



『シリアの花嫁』:2010年12月1日 DVDにて鑑賞

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きらり+さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。