ローズマリーを救え❗その①

テーマ:
こんにちは。お久しぶりです。

暑い日が続いていますね。

私は、夏風邪が長引いて随分ゆっくりと過ごしてしまいました、、ニコ


さて、うちには4月に新居に越してきてから、近所に友人もおらず寂しさを紛らすために購入したローズマリーさんがいます。





ここまですくすく元気に育って、お料理にも活躍してくれているローズマリーさんなのですが、、


最近変化が、、。


台風のために室内に避難させた時に気づきました。


なんか、葉っぱに白い粉がついているぞ❔





カビかな❔


白い粉の付近の葉っぱが、黒っぽいぞ?






黒くなった葉っぱや、白い粉のついてる部分を触るとベタベタします。

ローズマリーさんに何が、、❔


という訳で、インターネットや手持ちのガーデニングの本で調べまくりました。


はじめは、「うどん粉病」という、カビの一種かなと思ったのですが、もう少し色々調べてみると、


「ミカンコナカカイガラムシ」



この害虫の可能性が高まりました。

まずは、うどん粉病というのは、葉っぱ自体に白い斑点(変色)が現れます。
しかし、うちのローズマリーさんは、葉っぱは白く変色しておらず、葉の付け根と裏側に白い粉が付着しており、指で払うととれます。


そして、ベタベタするというのがポイントで、上記のカイガラムシは樹液を吸って排泄するのですが、排泄物に多く糖分が含まれており、ベタベタするとのことです。


そして、その排泄物が沢山葉っぱに付着すると、「すす病」と言って葉っぱが黒く変色してきて、光合成が出来なくなってしまう大変な状態になってしまいますえーん


ローズマリーさんが危ない❗プンプン


打倒カイガラムシ❗



葉の付け根についているグレーの楕円形の虫、、わかりますかね。こやつが白い粉を出しているのです。



カイガラムシに効く殺虫剤を調べ始めましたが、、、なかなか良いのが無いのです。

あまり強い薬は使いたくないし、、、


一番ナチュラルな駆除方は、歯ブラシで虫を取り除くことらしいのですが、

、、だいぶ地道な作業になりますよねえー


いやいや、大切なローズマリーさんの為なら何でもできますとも❗


とりあえず、すす病になりかかっている部位を中心に枝をカットして、目につく虫はブラシで落としました。





カットしてすっきりしているローズマリーさん。


さて、とことん毛嫌いしたカイガラムシですが、

実は、蝋燭やワックスの原料に使われたり、毒性がないことから、薬の錠剤のコーティングや野菜やお菓子などのつや出しワックスとしても使用しているとのことです。


そうです。誰もが知らないうちに食べたことがあるはずの、、、カイガラムシ。


実物を見て、これを食べてるのかと思うとうげーガーンと思いますが、、


お世話になっています、、



が、ローズマリーさんからは早く去ってくれますようにえーん


AD

へるぱんぎーな?

テーマ:
こんにちは。


暑い日が続いていますね。


先週、夫が夏風邪をひき、発熱したのですが、

私にはうつらなかったので、

私、免疫高いお願いと喜んでいましたが、、




その後、少し咽頭炎気味の甥っ子(1歳8カ月)を花火大会に連れて出掛けたのでした。



屋台でベビーカステラを買ったのですが、



可愛い可愛い甥っ子が、自分の口に一回入れたベビーカステラを私に「まりー、あーんおねがい」と、満面の笑みで渡してくるのです。


そりゃぁもう、可愛くて、


咽頭炎なんだろうけど、

鼻水垂らしてますけど、、、、



ありがとう~♥と食べちゃいますよね。



しかし、幼児の持つ菌は強力だったのでした。



翌日私は発熱して、久しぶりの39度。

熱は一晩で下がりましたが、そのあとに喉の激痛が。

『乳幼児からもらう』『発熱のあとの咽頭痛』の夏風邪の代表と言えば、、


ヘルパンギーナかなぁ、、、、


ってことは、喉に水泡とか潰瘍が出来てんのかなぁ、、



こんな激痛久しぶりゲホゲホ


同じく甥っ子も同じ日に発熱したので、確定的ですね。

甥っ子ちゃんは、喉痛にならず、熱が出ても元気だそうで。痛みがなくて何よりです照れ


私は、風邪ひいても特に予定に支障は来さないので、薬は一切のまずに免疫獲得までの感覚をじっくり体感したいと思いました。


自分も風邪の治りかけなのに優しく気遣って看病くれる夫にも感謝ですおねがい

では皆さんも夏風邪には十分気をつけてくださいね✨


思い出写真ラブラブ






AD

夏らしい日

テーマ:
夏らしい日が続いていますね。


先日は花火大会に行ってきました✨


実家の近くの、飯岡海岸という場所で行われた花火大会。


実は、東日本大震災の時に津波の被害が大きかった海岸で、東北に続く『隠れ被災地』と言われていました。


さて、あの日の地震から、飯岡の街の方々は、堤防を作り、非難塔を作って、愛する街と人を守ろうと、盛り上げようと頑張ってこられました。


そんな人々の頑張りが垣間見えた花火大会でした。


会場から比較的近い実家で、浴衣に着替えていたのですが、

浴衣の準備が完了した瞬間に、千葉東方沖を震源としたM4の地震が発生。


いちおう、、、何かあった時、走って逃げられるように、靴を持っていくことにしました。



本当に、今のご時世、、、というか、何時なんどき誰もが、一寸先のことは解らないのですからね。


そして、2時間前くらいから席とりをして、無事に見られました。

都会ではなかなか見られなかった、水平線と花火の美しさに感動しました(* ´ ▽ ` *)












AD