cikeのブログ

小池貴幸のトーナメント参戦記録やガイド情報等をアップ!!


テーマ:
ここ最近の琵琶湖…
爆発的な釣果も出る事が多いにありますが、そこの境界線は皮一枚。

狙いの魚に場所やタイミング、釣り方等ハメて行かないと外す事もしばしば。

僕はどちらかと言うと外してしまった方…
その中で何とか釣果を出す苦しい展開の日々でした。

狙いの魚、先ずはスポーニングを意識し、ハードボトムにエビモが絡むエリアでのサンショウウオを使ったテキサスリグ。
{1D093B79-95E2-4FC4-8A4D-AB6F994E1C36}

{B141A6CC-CDA3-4E29-90FC-9DB81D4BC540}
{F96F5999-D9B9-4487-B572-07BAE8F39180}
{E9C1E272-4507-4B15-8317-275F85CE273E}

{FA624638-F67C-4E17-A745-0B0618681C16}



この手の魚は風が弱いタイミングをキーに狙うのですが、日光の関係で出来るシェードもキーになってるぽく、時間帯で投げるコースも重要。
更に、多くの人が狙いやすくプレッシャーも高めなので人が見落としがちな所も狙いの1つに入れるとアタリは多くなっていきました。

そして、次はフィーディングの魚。
風が吹く事でベイトが溜まるエリアがありそこでのチャターベイト展開。
スティーズカバーチャターにDDDシャッドの組み合わせがメイン。

濁りのラインに通したり、ウィードの中からバスを引っ張りだせる波動の有るルアーが有効でしたね。
{2C929F78-4521-4839-BBAA-1AC20A5B46F2}

{D5048DD6-B356-4C64-959E-EA22A35387FE}

{A2EA4C2B-8580-4EBA-AA0F-BE2599888ACD}

{14479C5F-DEDB-4D05-BB30-6F1C85820BF5}
水面がやや騒ついた時や、薄曇りなんかは横に広く探りを入れる。
濁りのラインも見落とさないように…大切な事かな?

そして、バンバンに風が吹いて荒れ荒れなタイミング。
最近多いですが…そんな時はウィードのアウトサイドにディープクランクで群れ狙い!
ディープX300をメインに狙いのウィードベットをローテーションして行く展開。
{B2F20D60-F299-49DE-B3AB-5A88C9567E2C}

{7DCF9AD2-F7D4-49FE-99D8-4141EFF4D76E}

{B1AF2E0C-37AD-4097-85F5-300262D75EF8}
巻き切ってしまわずに、ウィードにコンタクトさせほぐすように外したり、ラインを張りサスペンドさせたりと、止める動作が重要っぽく、アタリは全部そのタイミング。
更に、ウィードベットの中でもバスの居るラインがハッキリしている為、確実にそのコースをトレースできるボートコントロールも忘れる事はできません。


今後の展開の予告もありました。
シャローのヒシモやカバー周りでは、アユの接岸が目で見えて、フロッグにもバイトが出たりグラビンバズにもアタリが出始めたり、ローライト時のエビモ周りでは羽根モノでプリスポーンがバイトして来たり…
{80FF1AA5-CDFE-4C22-9C9C-E545E23F298E}

様々な魚、展開が楽しめるシーズンの始まりですね!!

何だか色々やって小難しくごちゃごちゃ書きましたが、結局シンプルな事をした時に釣れているので、素直に自然を感じて明日からも又バスを探しながらバスフィッシングを楽しんで行きたいです(^_^)☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

cike 小池貴幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。