自民党の川崎二郎国対委員長は25日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる虚偽献金事件で在宅起訴された首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告の判決が確定した場合、首相の実母から提供された資金の使途を記した資料を開示するよう首相に要求していくことを明らかにした。

 川崎氏は「これまで鳩山首相や小沢一郎民主党幹事長を辞任に追い込めなかったことは誠に残念だ。今後の国会審議を通じ、首相らをどう追い込むか、民主党の体質をどう追い込むかが大きな課題だ」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
鳩山首相の偽装献金問題 ずさんな資金管理次々と
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
党首討論 首相、小沢氏の国会説明を進言へ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

湿地埋め立てで住民ら提訴=京急相手に-横浜地裁(時事通信)
会議欠席に批判噴出=生方氏「出る必要ない」-民主(時事通信)
大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ-無職男性、8日後釈放(時事通信)
両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)
<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
AD