結婚相手紹介会社を通じて知り合った女性から650万円をだまし取ったとして、京都府警は17日、詐欺容疑で大阪府豊中市の無職、坂野和也被告(41)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年11月ごろ、結婚相手紹介会社のサイトを通じて知り合った兵庫県内の女性会社員(42)に「事業資金が足りない。数カ月後には返す」とうそをつき、数回に分けて計650万円をだまし取ったとしている。

 坂野容疑者は、架空の投資話を持ちかける同様の手口で、別の女性(45)から約3千万円をだまし取ったとして起訴。府警はこのほかにも余罪があるとみて調べている。

【関連記事】
ホントは出会えない“出会い系”サイト、衝撃の実態とは
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
木島被告、不審死男性への詐欺で再逮捕
【エディターズEye】許せない「婚活サイト」の悪用
便利な「婚活サイト」利用に注意、悪用の恐れ 出会い系まがいも
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

はやぶさ カプセルの写真を公開(産経新聞)
民主“七人の侍” 高嶋氏慰労(産経新聞)
<口蹄疫>殺処分停滞、進ちょく率64% 宮崎県まとめ(毎日新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
省庁版仕分けを視察=蓮舫行政刷新相(時事通信)
AD
 ビルなどの建築物用のシャッターの販売価格でカルテルを結んだなどとして、公正取引委員会は9日、三和シヤッター工業(東京都板橋区)、文化シヤッター(文京区)、東洋シヤッター(大阪市中央区)に独占禁止法違反(不当な取引制限)で排除措置命令を出し、総額55億2164万円の課徴金納付を命じた。

 文化シヤッターは平成20年11月に公取委が3社を立ち入り検査した後、関連資料を提出し、課徴金減免を申請した。しかし公取委は、提出資料の修正があったり、追加資料の提出に応じなかったとして却下した。課徴金減免申請が却下されたのは初めて。

 課徴金の額は三和が持ち株会社分と合わせ28億1540万円、文化が20億2592万円、東洋が6億8032万円。

 公取委によると、3社と三和の持ち株会社の計4社は、遅くとも平成19年5月以降、近畿地区で販売するゼネコン向けシャッターの見積もり価格を支店長級が集まる会合で話し合い、談合して決めた。また3社は20年3月、文京区のホテルの高級レストランに役員が集まり、4月1日見積もり分から価格を10%値上げするよう取り決めた。

 三和ホールディングスは「審判請求を含めて対応する」、東洋シヤッターは「内容を精査し、検討したい」としている。

【関連記事】
「平成最大の公共事業」光ファイバー網を食い物に…“3強連合”主導で600億円を山分け
光ケーブル5社、カルテルで課徴金160億円
エルピーダなど半導体10社に罰金 総額370億円
シャッター3社に課徴金55億円通知 カルテルの疑いで公取委
業界単位の排出枠割り当て否定 環境相が排出量取引で 独禁法に配慮

宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も生き残り容認へ―口蹄疫問題(時事通信)
鳩山前首相 福島社民党首に退任あいさつ(毎日新聞)
<みんなの党>参院選比例代表に米田雅子氏を擁立(毎日新聞)
7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
<鳩山前首相>福島社民党首に退任あいさつ(毎日新聞)
 メッセージは5月25日に東京都内で決算説明会を開き、今年度から特定地域で包括的な介護や生活の支援サービスを開始すると発表した。訪問介護事業所を中心に据えた地域で、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)を集中して設置。緊急時や夜間に対応する緊急対応型訪問介護事業も開始する。今後の屋台骨に育てる高専賃事業の強化が目的で、まず都内から始め、来年度以降に関西圏や中部圏へサービスを広げる。

 前期までに高専賃を黒字化する事業モデルに一定のめどが付いたと判断。食事サービスなども含めれば、主力の有料老人ホームと同程度の営業利益率25%を確保できるとしている。住み慣れた地域居住を望む高齢者に、地域で包括的な訪問介護サービスを受けられる高専賃を提供できれば、有料老人ホームに次ぐ収益基盤になるとの考えだ。

 新サービスは既存の高専賃に比べ、部屋数が半分程度の50室前後の小規模高専賃を軸に展開する。まず訪問介護事業所を中心に、10―20棟の高専賃を特定地域で幅広く設置。同地域の他の施設入所者や在宅介護の利用者にもサービスを提供する。将来的には緊急時や夜間にも対応して、介護から生活支援までを総合的に行う。

 古江博社長は「ノウハウを持つ他社との提携を視野に入れている」とし、訪問介護事業を主力とする企業に提携を打診していることを明らかにした。

■前期連結、伸び2ケタの増収・増益

 メッセージの今年3月期の連結決算は、売上高が前期比17.8%増の319億2600万円、営業利益が28.7%増の46億3700万円、経常利益が35.1%増の47億2000万円、純利益が40.4%増の26億5800万円と、伸びが2ケタ台の増収・増益だった。主力の有料老人ホームを3施設増やしたほか、医療機関からの紹介で入所者が増えたことなどで売上高が伸びた。

 今期(来年3月期)の連結決算は、売上高が前期比9.6%増の350億円、営業利益が14.3%増の53億円、経常利益が14.4%増の54億円、純利益が1.6%増の27億円を予想。有料老人ホーム6施設、高専賃1施設を新設する計画だ。


【関連記事】
2ケタの増収増益、有料ホームに注力―メッセージ4-9月期
ツクイ、9.5%増収も費用増で減益-大都市中心の施設展開も
コムスン継承事業黒字に、利益回復に寄与―ジャパンケア4-9月期
稼働率向上で営業利益52%増―セントケアHD4-9月期
ヘルスケア事業好調、黒字に転換―ニチイ学館4-9月期

家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)
<普天間問題>「島民の結束固い」…徳之島3町長(毎日新聞)
沢尻エリカ復帰で夫の高城剛氏が激励「僕は誰よりもうれしく思います」。
<携帯電話>「うちのルール」つくり違反には没収も フィルタリングしっかり(毎日新聞)
社民党 鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定(毎日新聞)