成長率に対する内需寄与度は0・1―0・6%、外需寄与度はマイナス0・0―0・5%を見込む。内需主導で日本経済をけん引するものの、これまで低迷が続いていた外需も回復に向かうと予測。設備投資も前年度比2・6―6・3%増と堅調に推移すると見通す。 ただ「新興国企業の追い上げによる(日本企業の)シェア喪失や、生産拠点の海外シフトなどが輸出の重しとなることから(外需による)景気けん引力は限られる見込み」(日本総合研究所)、「夏場以降、自律的反発に向かうものの、実質所得の伸び悩みを背景に、回復ペースは緩慢なものにとどまるとみている」(明治安田生命保険)といった指摘が多い。 15年度の実質GDP成長率は0・9―1・8%で、平均は約1・2%と、14年度より上向くと予測する。内需寄与度は0・3―1・8%、外需寄与度はマイナス0・3―0・9%(マイナス予測は10社中1社)と、輸出も緩やかながらなた豆茶 の増勢を維持する見通し。設備投資も前年度比1・4―4・3%増と引き続き堅調に推移するとみている。 「海外景気の回復を受けて輸出の増加が続く見通し。輸出の増加を背景に企業業績の改善も進み、企業の設備投資も堅調に推移するとみられる」(浜銀総合研究所)、「15年10月になた豆歯磨き粉 へ消費税率が10%に引き上げられると想定しており、駆け込み需要と反動減が発生する。ただし年度中の動きであるため、ならしてみると14年度(の消費増税時)と比べるとマイナスの影響が小さい」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)などの指摘が目立つ。
AD
もう暦の上ではとっくに春を迎えていますが、夏に向けてムダ毛の処理は完璧ですか?ミュゼ神戸に通う前の私は毎年、夏が近づくにつれ、だんだん不機嫌になっていく自分を感じていました。最初はホルモンの影響?程度に思っていたものの、ある時ふと気づいてしまったんです。「私は脱毛に時間を取られることが何よりもキライなんだ」ってことに(汗)。結果的にそれに気づいたことで、ムダ毛対策を激安でしてくれるミュゼの存在を知った訳ですから、まぁ良かったと言えるでしょう。
AD
一応、付き合ってる彼氏はいるものの、よく考えたら最近、会えていません。実は彼、通関士の資格を取ろうと、試験に備えていつも勉強してるので「会いたい」と言いすぎて嫌われたくない気持ちがあるからです。もちろん最初は辛くて「いっそのこと別れちゃった方が楽になるかも」なんて、極端な選択まで考えたりしましたが、現状維持が続くと人って慣れるものなんですね(笑)。今では町田にお気に入りのエステも出来て、それなりに充実した時間を過ごすように...そうしたら、これまで彼の方から連絡してくるなんてこと滅多になかったのに、急にメールが届くようになりました。資格試験のおかげで新しい関係が築けそうな予感を感じています。
AD