―人材育成の基本方針は。 「オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)が基本だ。実践あるのみ。現場での経験を通してしか技術、技能は習得できない。現在、キャリア30年から40年の熟練者が2人おり、経験が5年から10年の中堅社員に技術、ノウハウを伝えている。中堅、若手には失敗を恐れず、新しいことにチャレンジしてほしい」 ―技術、技能向上の手応えは。 「1人の社員で、顧客との打ち合わせ、見積もり作成から機械の設計、据え付け、最終チェックまで一貫してなた豆茶効用 対応できるのが理想。各過程のチェックシートを作成しており、同じ機械でも、次に手がける時は、改善を進めた機械を提供できるようになってきている」 ―今後の課題は。 「ユーザーのニーズはますます厳しくなり、なたまめ茶 を機械を一段と進化させるための技術力に磨きをかける。これまで実践主義でやってきたが、海外での受注案件が増えるにつれて、語学などの社内研修を制度として取り入れる必要性を感じている」
AD