基礎的な知見

テーマ:
新たな筋線維を作れる骨格筋細胞。筋肉が萎縮しながら低下する難病として知られる筋ジストロフィーなどは、束になった筋肉が徐々に弱って運動機能の低下を余儀なくされる。ただ骨格筋は研究事例が少ないのが実情で、筋疾患の治療法開発を急ぐ必要がある。 (大阪・林武志) 「筋肉を良い状態にすれば体内の各方面に良い影響を与える」。こう話すのは、骨格筋の機能維持を目指した手法開発に取り組む大阪大学大学院薬学研究科の深田宗一朗特任准教授だ。 筋肉を作る元となる骨格筋幹細胞(筋サテライト細胞)は、普段は眠っているが、筋肉に傷がつくと眠りから覚めて細胞分裂を繰り返し、筋肉を修復する。この「眠っている状態」がヒトの筋肉の中で何十年も筋サテライト細胞を生かすためのミソとみられている。「眠り機構」の破綻は、高齢者で見られる筋力低下や筋ジストロフィーなどの筋疾患の病態進行につながる。これらを解明できれば、筋疾患に対する新しい治療法に結びつく。 深田特任准教授らは、眠った状態の筋サテライト細胞を直接単離することに成功し、筋サテライト細胞が眠った状態にのみ発現している63の遺伝子を突き止めている。中でもHeyL、Hey1遺伝子の補完的な働きで筋サテライト細胞が「眠りに入る」状態を見いだした。 骨格筋幹細胞は数が少なく、筋疾患患者から取って治療に役立てるのが困難な側面もある。治療法開発で優れた成果を生んできたのがモデル動物だ。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、筋ジストロフィーの中でも最も患者の多い疾患だが、ジストロフィンたんぱく質がうまく作れないことが原因であることが分かっている。 1984年には、デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者と同じようになた豆歯磨き粉 をがうまく作れないマウスが発見された。mdxマウスと名付けられ、世界中でデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療研究に広く使用されている。マウスはヒトのような深刻な症状を示さないが深田特任准教授は「mdxの遺伝背景に原因があるのでは」と考え、DBA/2の遺伝背景をもつmdxマウスが、よりヒトのデュシェンヌ型筋ジストロフィーに近い症状を示すことを明らかにした。 DBA/2を選んだ理由は「異なる遺伝背景を持つマウスに再生誘導すると筋サテライト細胞がきちんと働いて元通りの筋肉を作る。この再生誘導を何度も繰り返して引き起こすとDBA/2の遺伝背景を持つマウスは筋再生ができなくなってくることが分かったため」と説明する。何度も再生誘導が起きているのが、まさに筋ジストロフィーの症状だ。 どの遺伝子群が繰り返しの筋再生を決めているのかが分かれば、画期的な筋疾患治療法につながる可能性がある。深田特任准教授は「基礎的な知見を深く追求しつつ、iPS細胞(人工多能性幹細胞)からなた豆歯磨き粉 を作る方法への応用を検討している」と意気込んでいる。
AD
もしアナタが社員・アルバイト問わずフルタイムで働いてはいるものの、給料がイマイチだとしたら、短期・高収入のアルバイト情報に心がトキめいたりしませんか?やっぱしますよね?で、キープとか...しちゃいます、私なら(笑)。だいたいそういう短期のバイトはお盆時期に多いから、とりあえずキープしといて後で調整する方法を選ぶかな。だって何があるか分からないし~、お金は大事です。特に私みたいに、男にモテるって訳でもない、ぶっちゃけ相手にもされない女としては、若い今のうちから自分磨きしとかないと、30過ぎたら絶対ヤバそうだから。
AD

美の追究は難しいのだ

テーマ:
憧れとはいえ、モデルさんと同じダイエットをして「自称」スレンダー美人を目指すのと、プロアクティブや他のあらゆる方法を駆使して、ニキビをすっぱり消し去ってしまうの、どちらがより早く目標を達成できると思いますか。実はこのどちらとも私がいま抱えている課題なんです。身体に負担をかけるダイエットは、お肌の調子を悪化させる可能性があると聞いて、ニキビを先に治した方がいいのか…でも、ニキビ完治してからダイエットを始めても結局、お肌は荒れてしまって最悪ニキビ復活なんてことも?…うだうだ考えていたら、どうしたらいいのか段々分からなくなってきちゃいました。健康的なダイエット法って、どうやったら見つかるんだろ?もう少し考えてみます。
AD