強い産業基盤構築へ
疲弊する地域経済を立て直そうと、国は「強い産業基盤」の再構築に乗り出す。産業集積を生かした新事業や技術革新を促すモデル事業には17地域が名乗りを上げ、採択事業には省庁横断で政策資源を投入。産業クラスター予算も5年ぶりに復活した。大手企業を頂点としたピラミッド型産業構造が見直される時代。地域企業が持つ多様な技術を融合し、潜在力をどう発揮するか―。各地がこうした課題に直面するなか、中小企業連携による経済成長の成功モデルが首都圏1都2県にまたがる「広域多摩地域」にある。その活発な活動に地域イノベーションのヒントが見いだせる。(神崎明子)
■事業生む土壌


政府の成長戦略に地方の実情をどう反映させるのか議論も始まっている(4月21日、国と自治体が意見交換)
地域の産学官がネットワークを構築し、その連携効果で新たな産業や事業が生まれる土壌を目指す―。その代表施策である「産業クラスター」は民主党政権下の事業仕分けで廃止され、2010年度以降、予算措置されず、国の事業としては下火の時代が続いていた。 だが、リーマン・ショックの痛手、超円高に伴う相次ぐ工場閉鎖や海外への拠点移転で、各地の産業集積力は弱まる一方。安倍晋三政権は「全国津々浦々に景気回復の実感を」と繰り返すが、地方経済はなお厳しい状況にある。そこで13年の政府の「日本再興戦略」では「地域中核企業を中心とした新たなクラスターを創出し、地域企業群の活性化を進める」との方針が明記された。 始動する一連の施策は同方針に基づくもので、内閣府が4月にかけて募った地域活性化のモデル事業は、地域産業の成長につながる取り組みの掘り起こしが狙い。経済産業省は、まずは産学官や金融機関など地域内の関係者の連携を促す環境整備を進める。なた豆歯磨き粉 の共通するのは地域の中小企業の技術融合に重きを置いている点。かつて地元に多くの仕事を発注していた大手企業と中小企業のなた豆茶 の取引関係が希薄化。大手に依存せず地域内で仕事を生み出す仕組みを作り出さなければならないからだ。
AD
美容の悩みって色々あると思いますが、その中に「脱毛」というのは大きな位置を占めてはいませんか。いい加減な脱毛を続けると、お肌がゾウのように固くなってしまうと聞いて、私が東京のミュゼプラチナムへ通い始めたのは1年ほど前でした。以来、両足から始まって、ちょこちょこと脱毛に励んでいるんですが、しみじみ感じたのは「やっぱりプロは違う」ということ。思わず学生時代からの親友が、専門の美容サロンでニキビケアをしてもらい、お肌がとてもキレイになったのを思い出しました。そして、その時の彼女の感激ぶりも...自分で体感してみて初めて分かることってあるんですね。
AD

ご褒美はフラッシュ脱毛機♪

テーマ:
私とフラッシュ脱毛機との関係は、私だけが一方的に好意を寄せ続ける片思いのようなもの。以前、友人所有のあるメーカーのフラッシュ脱毛機を使わせてもらう機会があって、その時の使用感のあまりの良さに感動して以来、ずっと「欲しい!」という気持ちを心にしまって来ました。あれから数年、たまたまネットでその後の進化したフラッシュ脱毛機のすごさを知るに至って、もう絶対に買いたい!とまで思うようになってしまって...今、ユーキャンで勉強している資格が取得できたら、自分へのご褒美にゲットしようと決めました。数年来の夢を叶えるためにも今は勉強をがんばります♪
AD