健康予報の情報を充実

テーマ:
現在同研究会はNPO法人化し、いであ以外の企業もメンバーに参加している。ドイツでの先進事例の調査やデータ解析など、予報アルゴリズムを作るため日々研究している。同研究会は生気象学の普及を目指し「健康気象アドバイザー」という資格認定事業も行っている。 研究会を通して健康予報の情報を充実させ、同社は次の展開を見据える。今後、患者の体質やその時の体調に合わせた「テーラーメード型」の治療が増え、それに伴い個人ごとの情報サービスが必要になる。そこで同社は「センサーを使ったテーラーメード型の予防医療サービス」を提供しQOL(生活の質)を高める取り組みに挑んでいる。 11年から個人宅の各部屋にセンサーを設置し、利用者に小型センサーを携帯させることで、インターネットを介し利用者の生活空間をリアルタイムでモニターする試みを始めた。同時に利用者につけた別のセンサーで心拍数や活動量を計測し、環境の変動と体調変化を同時にモニターする。宮下良治執行役員は「いくつかのセンサーを組み合わせ、リビングから浴室など温度差がある場所の間の移動で起きるヒートショックのリスクを知らせるといったサービスをやりたい」と意気込む。 なた豆歯磨き粉 のセンサーで得られたデータは利用者が持つスマートフォンなどに送られ、その後クラウド上に集められた後、データとして蓄積される仕組み。ビッグデータ(大量データ)を使ったサービスの準備をセンサーメーカーなどと進めている。また医療機関とのタイアップも進めており、なた豆茶 15年にモデル事業、17年に商用開始を目指す。 健康・医学予報技術が発展し、テーラーメード型の情報サービスが幅広く普及することが期待できそうだ。
AD
脱毛の種類がS.S.Cだとか、難しいことがニガテな私にはよく分からないこともあったけど、私がミュゼ東北に決めた1番の理由は、カウンセリングでの印象の良さと、何より丁寧に対応してくれたからです。脱毛という繊細な問題を扱う都合上「ヒト」にこだわりたいと思ったんです。そう考えると脱毛サロンのスタッフさんて、看護師さんと共通する部分がありそう。何だか若いスタッフさんの姿に「看護師になるには」と、何度も進路の悩みを聞いていた学生の頃の友人の姿をふと思い出してしまったりして♪彼女は今や立派なベテラン看護師さんですけどね。
AD

学習の秋

テーマ:
猛暑も去って過ごしやすい季節になってきました。
この季節、何か新しいことを始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
私もその一人。
実は今、資格取得 に向けて勉強中なんです。
ずっと資格を取りたいと考えていたのですが、何からどう手をつけていいのかわからず先延ばしになっていましたが、来年に就職活動 を控えていることもあって今から準備しておかなければと、行動に出たわけです。
資格講座 の資料を見ながら、就職に有利な資格をと思い、宅建社会保険労務士 あたりを狙っています。
通信教育 を受講しているのですが、テキストがわかりやすく、質問メールが出来たりと心強いサービスがいっぱいです。
資格は人生にかかわることだから、頑張っていますよ。
AD