危険な人探し

テーマ:
男性が女性を探してほしい、という依頼が危険度MAXです。

DVから逃げている奥さんや彼女である場合。

ストーカーだったり。

平気でうその理由をつけて相談・依頼してくるのです。

日本総合探偵事務所では、ほとんどの場合(当然例外はあります)、男性が女性を探す依頼は断っています。


人探しは日本総合探偵事務所
AD

人探し、偶然②

テーマ:
1週間後に女から男(依頼者)に電話がかかってきた。

母親の病気がガンであることを告げたのです。

女は「母親の病気はガンだった」

男は「俺もお見舞いに行くよ」

女は「過労と一緒なので面会ができないの」

男は「悪いときには悪いことが重なるね、しっかり看病をしてあげてね。困ったことがあれば遠慮なく言ってよ」

それから度々二人は電話で話をしていたが、1ヶ月が過ぎたころから電話が途絶えたのです。

そしてまた1ヶ月、女から電話が入り「母親が亡くなった、争議も終わらせた、2ヶ月の看病と葬儀、2ヶ月の欠勤でお金が底をついたので助けて、50万円」

男は「いいよ、振り込むよ」<br><br>女は「ごめんなさい、銀行カードはマンションで持ってないし、貴方にも会ってないので会いたいから、会った時に渡してね」

二人は翌日に待ち合わせをして、食事をし、お金を女に渡したのです。

それから1ヶ月、時々電話で話をする程度の付き合いをしていたのですが、女は「疲れが出たのか、体調が悪い、仕事にも復帰できないし、借金も返せないし、もう私はダメみたい」

男は「いくら有れば、借金が返済できて自由になれるの?」

女は「父親の借金の残金の400万円のうち100万円は返済できたので、あと300万円です」<

男は300万円を用意し、先月会ったレストランで女と会い、300万円を渡したのです。

それから程なくして女との連絡が取れなくなってしまったのです。

心配した男は、日本総合探偵事務所に「人探しの依頼」に来たのです。

事情を聞いて、「完全な結婚詐欺」だとわかったのですが、依頼者は女を完全に信用していたので「人探し」として依頼を受けたのです。

手がかりは何故かほとんど無かったのです。

本名不明、居住地不明、実家不明、勤務先不明

わかっているのは、夜の勤務先と源氏名(店の履歴書は虚偽)と写真のみでした。

探すこと1ヶ月、何の手がかりもありませんでした。

ところが、別の調査で神戸へ行き、調査が終わり、夕食を食べようと居酒屋へ入り、相棒と二人で入り口近くのテーブルに座って注文をしていると、店にアベックが入ってきてビックリ・・・

アベックの女は、捜し求めていた詐欺女だったのです。

アベックが食事を済ませ出て行くのを確認し、尾行し、マンションを(同居)確認。

次の日に職場を確認し、依頼者に報告したのです。

そのうえで、依頼者が騙されている可能性を説き、女の実家を確認したのです。

父親、母親共に健在、職場も休まず出勤していたことを確認し、依頼者に報告。

結局女は、同居している男との遊ぶお金を依頼者から騙し取っていたのでした。

警察と弁護士に相談に行き、刑事事件(詐欺罪)・民事事件(1000万円の返還請求)の両方で告訴することになったのです。

今回は、人探し偶然と詐欺証拠収集の両方の調査になったのです。

偶然、あるのですね・・・
AD

詐欺証拠収集調査

テーマ:
厳密にいうと結婚詐欺という犯罪はありません。

結婚話を出して財物を騙し取ることを結婚詐欺といっているだけで、これは財物を騙し取るという「詐欺罪」なのです。

投資、おれおれ等もすべて「詐欺罪」

詐欺で立件するのは難しく、証拠が必要で、「騙し取られた証拠」「と騙し取ろうとした明確な意思」が必要なのです。

日本総合探偵事務所は証拠を固めていくお手伝いをさせていただくのです。

警察で門前払いされた方でも、一度ご相談ください。

何らかの方法はあるはずです。


詐欺証拠収集は日本総合探偵事務所
AD

人探し、偶然①

テーマ:
ある男性からの依頼。

ラウンジへ客として通っていたが、ここで親密な関係になり付き合いが始まる。

「なぜ昼も働きながら、ラウンジで働いているの?」「実家の父が病弱で働けないから」と答えていたのです。

ひと月過ぎると、「父が入院した、大手術でお金がたくさんかかる、200万円は用意できたけど100万円足りないので困ってる」と・・・

優しい男性は「いいよ、俺がだしてあげる」と100万円を女に手渡す。

またひと月後、女は「父が死んだ、実家に帰るから当分会えない」

男性は「残念だったね、気を落とさずゆっくりしておいで」

二週間後、女は「父が借金を残して死んでいてもうどうしようもなくなった。母は疲れて入院した。お金を作らないといけないので明日からまた働く」

次の日から女は元のラウンジで毎日働くようになったのです。

ひと月が過ぎ、女は「お父さんの借金返済がきつくて困ってる」

男は「いくらあるの?」

女は「700万円、あと母親の入院費とかもあるから・・・」

男は「全部は無理だけど400万円なら助けてあげる」これで貯金の半分が消えたのです。

女は「ありがとう、でも前の出してもらった100万円も返していないから迷惑をかけれない、昼間の仕事を辞めて、高収入のバイトをするつもり」

男は「俺が助けるから、そんな仕事はやめてくれ。俺は結婚を考えているから」

女は「ありがとう、甘えていいならお願いします。私も貴男との結婚を考えていたところで、こんな大変なことが次々と起こったの」

男は快く400万円を女に渡したのです。

男と女は月に1度のデートと週に2度のラウンジ通いでの関係だったのです。

またひと月後、女は「母の調子がずっと悪いので様子を見に帰る、連絡するね」

男は「俺も一緒に行こうか?挨拶もしときたいし・・・」

女は「母が元気になってからにして、度々申し訳ないけど、母の入院費も貯まっているので50万円ほど助けてくれる?」

男は「わかった、でもお母さん大丈夫なの?なんの病気?」

女は「まだはっきりしないけど、過労だったのが、それだけじゃなく他の病気もあるみたい」

男は50万円を女に渡したのです。


詐欺証拠収集、人探しは日本総合探偵事務所






難易度s級の人探し

テーマ:
借金数億円、家族(本人・嫁・両親・子供3人)で夜逃げをした男の行方調査。

親戚をたどり、本人の交友関係をたどり、嫁の実家や親戚、子供の学校関係をたどりました。

自宅も何日も張り込みました。

しかし、足取りがつかめません。

バクチでできた借金でした。

迷宮入りにできないので現在も情報を収集中。


行方調査は日本総合探偵事務所