NPO法人ジャパン・カインドネス協会(永田近理事長・東京都国立市)は、ハイチ大地震の被災者に対する復興支援のため、認定NPO法人国連UNHCR協会(赤野間征盛理事長・東京都渋谷区)を通じ100万円を寄付した。この寄付金は被災者用のテントとビニールシートの購入に使用されるという。同協会は、購入者が特定の自動販売機で飲料を1本購入するごとに自動販売機設置先と飲料メーカーから1円ずつの計2円が「産経新聞明日への旅立ち基金」などの福祉団体に寄付される「ゆび募金」を展開している。

<JR中央線>高円寺駅で人身事故 1万7千人に影響(毎日新聞)
「従来と態様異なる」=麻生政権末期の機密費-政府が見解(時事通信)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
湯浅氏は引き続き協力を=菅副総理(時事通信)
<普天間移設>平野官房長官、沖縄知事に県内移設も示唆(毎日新聞)
AD