中華料理はアプリの作成・制作で集客、売上アップ


皆さんこんにちは!

 

中華料理経営コンサルタントをしております。宗田と申します!

 

このブログでは中華料理店開業経営者様に向けてスマホアプリを使った、

経営戦略をお話ししていきますので、よろしくお願いします!

 

早速ですがこのようなツールが特におすすめです!

 

店舗アプリ作成サービス⇒【アプリーチ】


突然ですが、売上を上げたいと思う時、どのような集客方法を考えますか?

 

ホームページブログチラシや店頭看板集客など、おそらく新規のお客さんを
集めることを考える方が多いかと思います。

 

これは中華料理屋などの飲食店に限ったお話しではないのですが、
経営において新規顧客集客は絶対に必要です。

 

しかし、問題は新規顧客が少ないということではないかもしれません。

 

たしかに新規顧客をどんどん呼び寄せられれば、客数は増えるでしょう。

 

ですが、売り上げを上げる方法は新規顧客の獲得だけではありません。

 

一度確認していただきたいことが2点あります。

 

それは、お客さんのリピート率や年間来店数です。

 

1年目に500人の新規顧客がいたとして2年目に通ってくれるお客様は何人いますか?

 

お店の規模によって変わってきますが、中華料理店舗経営で500人中100人の
お客様が確実にリピーターになってくれなければ、
その中華料理店はいくら新規顧客を増やしても赤字経営になるでしょう。

 

2,000人の客を必要とする中華料理屋だと10,000人の新規顧客が必要ということになります。

 

地域内で10,000人のお客さんを集めることは容易ではありません。

 

このような経営状態で、売上をあげたいと考えたときに、
大事なことはどこを一番の課題とするかです。

 

私が経営者だとしたら、なぜ500人中100人しかリピーターになってくれないのか考えます。

 

【主に考えられる原因】

 

・料理が美味しくない
・売る商品を間違えている
・接客態度、マナーが悪い
・内装、お店の雰囲気が悪い
・リピート対策を行っていない

 

このような原因が考えられます。

 

大半の経営者はどこに問題があるか、よくわかっていません。

 

 

自分の料理に自信を持ってしまってるからです。

 

接客についても普通だと思っている方が多く、改善しないまま。

 

また、1番に大事なリピート対策もとらずに状況が悪化していく一方です。

 

500人中リピーターになってくれるのが、100人であっても200人であっても考え方は同じです。

 

せっかく来店してくれた新規顧客が1度きりで終わってしまうことはないでしょうか?

 

1年間に500人の新規顧客がいたとして、2年目に通ってくれるお客さんは何人いますか?

 

まず、ここから考えてみてください。

 

儲かっている繁盛店はリピーターを非常に大事にしているのです。

 

あなたが本気でリピーターを増やしたいと考えているなら店舗アプリを活用するべきです。

 

店舗アプリとはその名の通りお店のアプリを誰でも簡単に作成できる最新のアプリです。

 

告知広告など集客に関する機能をほぼ網羅していて、

特に飲食店との相性が非常に優れているため、

お客さんの囲い込みが容易に可能になるでしょう!

 

それがこちらのアプリです!

 

店舗アプリ作成サービス⇒【アプリーチ】


実際に導入している中華料理屋はリピーターを着実に増やしていて、

売上も5倍10倍と急上昇です!

 

 

 

ブログと同じく初期費用無料で制作できるので、一度お試しされてみてください!

 

 

>>中華料理はアプリの作成・制作で集客、売上アップ TOPへ

 

AD