『量子場調整』との遭遇 7

テーマ:
こんにちは、雅です。




ただ自分が軽く望んだことが
現象として起こる。

その現象に良いも悪いもなく
それは自分が後から意味づけをしてるだけ。

でも、本人は大脳で考えていることで
記憶がいっぱいで
その『軽く望んだこと』自体にさえ
気づいていないことが多い。





自分の身に起こっていることを
観察し続けながら
そんなことに最近気づいていました。

もちろん
長年意識していた願望も実現してるんですけれど
でも、こっちの方の現実化の方が
遥かに早いペースで起きてます。

そして、このセミナーの内容で
巷に出ている『引き寄せの誤解』みたいなのもの
自分でも以前そうだと思っていたものの誤解が
解けるような感じがしました。

「本に書いてあることを実践しても
ぜんぜん願いは叶わない」

という人の行動のからくりさえも
受講生の質問等で
はらりとこんがらがった糸が解けるような。

大脳と小脳の記憶の仕方が違うこと。

小脳のやってくれる現実に委ねること。

想念は重く、ビジョンは軽いこと。

凄く興味深いです。

少し前から私がサレンダーな生き方を
するようになりましたが
それによって展開する事象の訳が解るよう。




75cm前方にヴィジョンを作る

これが量子場調整技術の要で
これは本当に自分にとっては新しいことで
実際やってみてもむずかしかったです。

「… 見えねーよ」

そうですよね。『観る』んですから

これはもう練習を重ねて身体で会得するしか
ないんでしょうけれど。

執着を持たず固執せず
遊びのように軽やかに続けることが
コツのような気がします。

要は信じたが、思い込んだが勝ち

これは完全に『自分との信頼関係』による
テクニックでしかない
のです。

そういえば、以前『麻布の魔法使い』と呼ぶ
ヒーラーを紹介したことがあるけれど
まるでちょいちょいとしか触れない施術
離れている彼の手の動きだけで
私の身体が動いたりして凄く不思議でした。

それを「なぜなんだ~」って深く考えて
う~ん、と唸っていた私に
「ふふふ」と笑っているだけの彼が

「宇宙と繋がってちょちょいと
軽くやるのがコツなんです」

ってちらっと言った意味を
今やっと理解するようです。




私もレイキを始めたばかりのころは
ふんばるような自分の『気』を使ったり
『想念』を使っていたりしたけれど
やがて場数をふまえ相手の反応を見て
それがどんどんシンプルになってきたし
最終的には

「レイキは『意図』だ」 ( ゚ロ゚) キッパリ

と、あっさり友人に一言で説明した自分がいましたが
このセミナーでも意図という言葉がでました。

『意図とは神のようなもの』

その言葉を聞いた時には震えましたね。

まさしく、自分もそう思っていました。




英語で言えばインテンション。

結局は単純にそこに戻る訳です。





↓ブログ村ランキングをまた始めてみましたよ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
AD

コメント(2)