◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



仲鉢沙耶公式Twitter⇨@chusaya1222
PIG7-AC公式Twitter⇨@PIG7_AC


◆◇出演情報◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



▽ミュージカル
『夢に向かって ~ブルースな日々』

脚本・演出 : 是枝正彦
振付 : 相原 愛 / Emily

【日程】
※出演予定のハート組のみの掲載
2016.6.22(水)~26(日)

6月22日(水)14時~♡①
23日(木)19時~♡②
24日(金)14時~♡③
25日(土)13時~♡④ / 17時~♡⑤
(全5ステージ)

【あらすじ】
弁護士になる事が夢で、何度も司法試験を受けては落ち続けた竹之内は、ついに夢を諦めて、ある小さな劇団の制作係としてバイトを始める。
その劇団は、座長を筆頭に、竹之内には考えられない程、破天荒で常識はずれな人々ばかり。
夢に向かう一途な人々の、可笑しくも哀しい日々を、コ―ラス隊のブル―スに載せて送る新しいスタイルの音楽劇です。

【キャスト(敬称略)】
[シングルキャスト]
金すんら
鹿志村篤臣
相原 愛
神原弘之
高杉美羽
一谷伸江
南 健太

[ハート版キャスト]
参川剛史
塩口量平/太田祐樹/武多和勇人
上久保慶子/舞華/仲鉢沙耶/璃娃(レイアイ)
見物俊幸/林洋介/高沢ふうこ/大野ひとみ


【スタッフ】
音楽 : 南 健太
美術 : 松野 潤
照明 : 和田典夫
音響・効果 : OTOGUMI
イラスト : 黒崎 仁
題字 : サトウユカ / 大串潤也
デザイン : Michael
HP : BRIGITTE
票券係 : 山田麻美
協力 : 株式会社オフィスまとば / 夢企画 / 北山ハウス産業株式会社
企画・制作 : 有限会社パン・プランニング

【チケット】
前売り6,000円/当日6,500円
(全席指定/日時指定/税込)

【会場】
築地ブディストホール
(東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2階)

仲鉢沙耶



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



テーマ:
昨日のレッスンで筋肉痛が酷い。

そんなに筋トレさぼった

つもりないんだけどなー笑




明日から

『眠れる森の美女』

稽古参加なので歌の復習中!




ってことで詳細です!







ミュージカル『眠れる森の美女』

<会場>
三越劇場

<料金>
4,000円
※大人・子ども同一
※3才以上有料
※仲鉢沙耶に直接リプやブログのコメントにてご予約頂いた場合に限り、
平日は3300円、土日祝は3600円でご案内させて頂きます。

<公演日程>
※仲鉢沙耶出演回のみ記載※
7/28(木)11:15 / 14:30
7/29(金)11:15 / 14:30
7/30(土)11:15 / 14:30
7/31(日)11:15 / 14:30

<出演>
折井あゆみ、渡辺和貴、小川麻琴、高橋りな、神野美奈実、米山武彦、おーのーお、堀籠成隆、正木聖子、佐藤愛美、由井香穂里、竹之内希美、和田武、渡辺由佳子、浅見かがり、河合美智子、林沙恵、山口真冬、♪仲鉢沙耶♪

作曲 塩谷翔
脚本 重森孝
演出 源紀



<説明>
シャルル・ぺロー原作「眠れる森の美女」は、チャイコフスキー作曲の古典バレエやディズニーの絵本・映画でも製作されおなじみで、世界中の子どもたちに大変親しまれております。劇団東少は、この作品をオリジナルに脚色創作しています。王女様と料理番の娘は、同じ日に誕生します。王女様は、何不自由なく過保護に育てられますが、わがままで思いやりのない娘に育ってしまいます。一方料理番の娘は貧しくても、親から子どもへ、代々受け継がれた糸車を大切にしている心の優しい娘に育ちます。そして白の妖精たちによって王女様は、100 年間の眠りの中で素晴らしい夢を見て、反省し、美しい心に目覚めるという感動的な作品です。
 劇団東少は、ミュージカル「眠れる森の美女」を通して、子どもたちに、人に対して思いやりの心や優しい心を持つことの大切さを伝えたいと思います。ご家族お揃いでのご観劇を、心よりお待ち申し上げております。

■ものがたり
王女様が生まれた日に、お城の料理番の夫婦にも、かわいい女の子が生まれました。今日は、王女様誕生のお祝いの日、三人の妖精たちが、王女様への贈りものを持って来ました。赤の妖精は?美しい声と、上手に歌える力。緑の妖精は?美しい姿で、ちょうちょうのように美しく踊れる力を。白の妖精は?楽しい夢を見られる、眠りの贈り物です。その時、招待されていなかったことを恨みに思った黒の妖精がやって来て、「王女は死ぬ。18才になった時、糸車の針にさされて、死んでしまう」と、恐ろしい呪いを残して、消えてしまいました。お城の中は大騒ぎになりました。王様は、国中の糸車を燃やすように命令しました。一方、貧しい料理番の娘への贈り物は小皿一杯の料理と代々受け継がれた糸車だけでした。料理番の両親は、娘の為に王様の命令に背き何年も糸車を隠し持っていました。それから18年が過ぎ18才になった王女様が、黒の妖精によって、料理番の娘が唯一大切にして、隠し持っていた糸車の針にさされて、百年間も眠らされてしまいます。白の妖精たちによって、その眠りの中で、王女様は、素晴らしい夢を見るのです。その夢の中では、いままでお城にいた人々が、動物に変身しています。料理番の娘は、白うさぎに変身して、糸車は、スミレの花になっています。遠い谷川から毎日水を運び、そのみすぼらしいスミレの花を一生懸命育てています。王女様は、白うさぎとぶつかって、水をこぼして、その花を踏み倒してしまいますが、謝ることさえしないのです。その様子を見ていた王子様が現れ、傍若無人に振る舞うわがままな王女様に対して、反省を促します。そこへ黒の妖精が王女様に死の呪いをかけて迫ってきますが、王子様と赤、緑、白の妖精たちによって黒の妖精は滅ぼされ、王女様は百年の夢から覚め、美しい心も目覚めるのです。「本当に美しいものは眼には見えない!心の眼で見なければ、それは見えない!」と言う王子様の心が、王女様に伝わり、めでたく二人は結ばれ、国中の人々も幸せになる物語です。



スタッフ 原作:シャルル・ペロー

プロデューサー 相羽源之助
制  作 深田 倫紀・川島 清和
音  楽 塩谷 翔
振  付 山本 教子・相羽 源氏
舞台監督 正井 令二
美  術 園 良昭
照  明 立川 直也
音  響 木谷 晶代
衣  裳 山田 いずみ
声楽指導 市川 祐子

製  作 三越劇場
制  作 劇団東少
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。