1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年11月18日(土)

激寒ロッポンギナイツ

テーマ:雑記

はいさい!

強い寒気がやってきて、八重山も20度!!!(激サムイ)
となってのですが、そんな中、東京へ。

思わず半袖短パン、ギョサンで家を出てしまい…
完全に白い目で見られておりました、はい。

 

久々に花の都大東京へ行ったのは、日本文化デザインフォーラムに
スピーカーとして参加するため。

アート、デザイン、建築、科学、文学、食、音楽など多彩な分野で活躍する専門家がとジャンルの垣根を超えて多角的な視点から「文化をデザイン」することを目的に活動している、一般社団法人日本文化デザインフォーラムにてトーク&プレゼンテーション(T&P)『Carpe diem=今を摘め』

自然を抜け出して、そんなことも時々するのですが、
今回はちょっと異色でした。

しゃべる方々がスゴい面白そう。
外は激サム、中は激アツ!
実際、凄い面白かったので簡単にシェア致します。

 

(1)国際的評価の高い建築家の一人であり、神戸大学大学院教授の遠藤秀平さん
コルビュジェが愛したアジールフロッタン再生のお話。
http://www.asileflottant.net/index.html
なんだか凄いプロジェクトです。

建築界では知らぬものはいないだろうコルビュジェなのですが、
わたしはほとんど知らず…(あとで勉強しよ)
子供が20名いる(多数の女性で)ことに反応してしまった私です…
 

(2)女性の視線から男性の美と謎を追い求めている写真家の大串祥子さん
秩序、制服、階級、規則、不条理にいろどられた究極の男性社会に潜入し、
女性の視線から男性の美と謎を追い求めているとのこと。
ドイツ軍兵役、嵩山少林寺、イートン校などに入り込み美少年論を展開。
ただ格好いいでなく、欲望に囚われる以前のオスの「美しい一瞬」をおさめるのだとか。

聞いていて、これがやりたいこと!!!という熱量が凄くて、圧倒されました。
しかし、面白いな。


(3)ヤクルト球団教育アドバイザーをはじめ、アスリートの人材育成を多数手がける株式会社ホープス代表取締役の坂井伸一郎さん
なぜ今、アスリートが学ばなければならないのか?
スポーツに肉体的な強さ、技術は、一瞬で世界中が共有される時代、今、一番必要とされているのは考える力だと力説。
これはスポーツに限らず、生きることにおいても当てはまることが多く、うんうんとうなずきながら拝聴しました。
自然を前にしたら、どれだけ強くても、考えられないと死んじゃいますからね。
 

(4)お笑いコンビ「米粒写経」として活動しながら、複数の大学非常勤講師も務める“日本初の学者芸人”サンキュータツオさん
学ぶとは、自ら問いを立てること。学ぶことは面白い。
走れメロスは、時速何キロで走っていたか?
プロ野球選手と結婚するにはどうしたらいいか?
そんな面白い論文を例に挙げて、学ぶとはわかっていることをするのでなく、
わからないことに対して、問いをたてることだ。
それをわからないやつは「バカヤロー」だと笑いを交えて話しておりました。
まさに正論。
 

(5)株式会社goen°を主宰し、広告の企画をはじめMr.Children、松任谷由実といったミュージシャンのアートワークなども手がける森本千絵さん。
身体を大事にして、人に伝えること。
世に活躍する女性として有名らしいのですが(自分は全く知らずの世界でしたが)、
そんな有名だとか無名だとか関係なく、とっても共感できました。
とっても動物っぽい方で、漁村でみてきた女性のイイオーラ全開でして、
わまりを幸せにしていく感じ。
都会にいて凄いな。
一緒に仕事したいなーと思ってしまいました。


いやしかし、どの方も、刺激的な話でして、
ためになることばかりでした。
興味のある方は、お名前で検索してみてください。

とわたしは、とえば、
そんな、熱い話が続いていたので、自分もテンションあげよっ!と
東京エールビールを3杯も、こっそり飲みほし登壇。
15分の制限時間の中、20分くらいしゃべってしまったのでした(;´・ω・)

旅してたら、自分の本能が解放されて、凄い楽しかった。
人間って動物だから、その動物的な部分をもう少し解放してあげて、
人間ではどうにもできない自然(今回はそれを不条理としました)に触れる時間を作ったら、
子供も大人も肩肘はらず、少し楽しく生きられるんじゃないかな?というようなこと。
ま、いつもの話です。

都会の良さは、こうしたいろんな考え、行動を起こしている方と
交流できるところですかね。

そして島に戻って泡盛を煽るのでした。

はちべえ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月17日(金)

西表島のマングローブカヤック

テーマ:ツアー@西表島

西表島のマングローブ。

 

マングローブの川を漕ぐ、

 

と言っても、色々な景色があります。

 

 

潮が引いているときにはマングローブの枝のトンネルの下を

 

 

茂った木々の支流を行けば

 

コントラストの美しいこんな景色も

 

 

黄色やオレンジ色になった葉が浮かぶ川面の中を

 

疾走

 

 

上流には大きなサキシマスオウノ木を見ることができます

 

この根っこ 板根 といいますが

 

昔は海人の乗る船「サバに」の舵に使われていたそうで

 

この木は樹齢400年を超えるといわれています

 

 

遊覧船の折り返し地点を通り過ぎ

 

さらに先へ漕いでいきますと

 

仲間川源流部へ近づいていきます

 

カヤックを降りて少し山側へはいるだけで

 

こんな景色に出会えるのも西表島ならではですね

 

yuki

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月16日(木)

ハッピーバースデー

テーマ:
ハイサイッ!

先日は度々登場する娘の3歳バースデー。
早いもんです。

誕生日らしい飯でも作ってやるか!

ということで、全てマングローブから調達。
{9A160EAA-C66A-40FD-A75B-4806BFBDB677}

ノコギリガザミ、アラスジケマンガイ、オオウナギ。
{2178FFD7-8E23-4CA2-A6B8-932A2309DF0C}

{2FDDA9C1-F0D8-4044-B740-79058F0C431C}

{FEFAE3DB-1960-461B-A4E9-FF5C2D5ADD9E}

マングローブ0円パエリアの完成!!!

見事にカニとウナギを避けて黄色いご飯だけ召し上がってくれました。笑

イキイキ動いてる状態からの調理なので、きっと食べるのが怖いのでしょう。

まぁ、仕方ない、これが生きるということだ!
と常に言い続けてるのでいつかベジタリアンになるかもしれません笑

チキンが大好きなので、いつか一緒に育てて食べさせます。
最高の食育環境に感謝です。

いっぱい食べて大きくなれよー!

運天

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月15日(水)

イツモがイツモでなくなるとき。

テーマ:ツアー@西表島

はいさい!

冬の気圧配置になってからというもの、
八重山諸島は、雨雨 晴 雨雨 曇 というような気候になってきました。

あぁ~夏も終わりか…
という声も聞こえますが、こんな季節が結構好きなはちべえです。

何故なら、いつもの場所が、いつもの様子でなくなることがあるから。



大雨で、誰もが知っている滝も、人おらず。
さらにいつもの滝にあらず。

自然は、一部の良いところを切り取られるだけでなく、
季節を通しての全体像で、その姿を図られるべきだと思えたり。


地球は凄いです。

 

はちべえ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月14日(火)

オニダルマオコゼ

テーマ:
2017年11月13日(月)

無人島チャレンジ始まってます!!

テーマ:ツアー@小浜島
ハイサイッ!

11月も早半ば、小浜島では冬期メニューとして普段はマングローブ域でカヤックツアーしていますが、潮位が低くてマングローブで漕げないときは無人島チャレンジツアー募集しております!

時には北風吹き荒れるなか、時には穏やかな風に包まれながら直線距離2キロの無人島まで漕ぎ渡るチャレンジツアーです。

先日、記念すべき第1回ツアーが行われました!

北風8ー10メートル、初心者にはかなりキツめの風速。

普段、夏場のツアーは無人島まで漕いでシュノーケリングしてまた漕いで帰ってくるという内容ですが、この無人島チャレンジは自然と対峙して目に見えない達成感や無力感、自然への畏怖を感じてもらうことを最大の目的としています。なので、漕げなくても基本的には牽引しません!!!
というスタンスでいくことにしました。

そしてなんと初回は無人島へ漕ぎ渡ることができませんでした。
もちろんガイドが牽引してたら普通に渡れてます。けど、きっとそれでは得られないモノを得たはず。

綺麗な海を気持ちよく漕ぐツアーはどこにでもあります、普通じゃできない体験をしてみたい方、小浜島でお待ちしてます。

運天
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月12日(日)

光と影

テーマ:雑記

 

晴れ渡る空も好きですが

 

雲の加減で無限に変わる

 

空が大好きです

 

yuki

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月11日(土)

不思議の光景

テーマ:ツアー@西表島

のんびり、のんびり、夕刻の川を行く。


雨が降っていたのに、束の間、太陽が水平線近くで顔を出したとき
マングローブが照らし出され、えも言われぬ光景になりました。

不思議な時間は、狙って見られないし、感じられない。
だから良いのかもしれません。

はちべえ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月10日(金)

今日は最高の夕陽が拝めました!

テーマ:ツアー@小浜島
ハイサイッ!

本日午前中は、久しぶりに西表に渡り仲間川ツアーへ行って参りました。
{6E55F2A7-37C9-420E-8FE7-7E170AB3E0B8}

やっぱり西表のマングローブは圧巻の素晴らしさですね。言うことなしです!
ただその空間にいるだけで凄みを感じるし癒されます。

午後は小浜に戻り娘を連れ浜辺とマングローブで作業。

そして夕方には最高の夕陽が登場!
{C70C0F38-EEE4-4D9A-B7C3-FB97D26CBE35}

マングローブを見下ろせる展望台からパシャリ。

そして、ちょうど潮が引いてたのでカニさん捕まえたいという要望を聞いて干潟へおり、、
{08CFF3E3-AF90-492C-9DC1-682613EF65A0}

棒でツンツンとカニポイントを巡ります。

ツアーで歩く倍以上のスピードで歩かせ1匹だけカニさんゲット!!

リアルなカニの出現に大泣き。

その後も小ガニの襲来に怯えながら泣きながら水辺を歩いてゴール!

終わってみればいつものパターンで、楽しかったまた行きたい、カニさん食べたい!と言ってました。

小浜島冬期限定のマングローブ体験ツアーは娘と同じ2-3歳ぐらいから自分で歩いてマングローブと干潟を散策できます。

泥だらけになりながらマングローブジャングルを冒険してもよし、干潟に出て生き物を探すのもよし、ただただ景色を見ながら散歩してるだけでも楽しめます。

もちろん、大人用のハードコースも用意してますので、どなた様もご参加お待ちしております!

運天
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月09日(木)

違和感

テーマ:雑記

 

ふと目に入った違和感

何だろう?と思って見てみたら・・・

 

 

こんな隙間から

こんなに大きな(台湾からの?)客船

 

竹富と石垣の間に航路があるのですが

岸から近いので

こんなに大きな船があるとちょっとびっくりしますね

 

yuki

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。