一歩でも前に進もう

テーマ:

こんばんは。どん太くんです。今日は石川県主催の合同企業説明会です。この時期に合同企業説明会ってと思われますが、企業の応募は昨年の2倍近くの200社越え・・・。どの企業さんもまだまだ終わっていないという企業が多いようです。もちろん、私たち小売業も終わっていない・・・。

学生さんの出足は思った以上に鈍く、食品メーカーさんや農業関係のビジネスのブースには人が多少集まっていましたが、私たち小売業にはほとんど学生が回ってきません。お互い顔を合わせて出る声は「厳しいね」「何人来た?」という言葉・・・。同じような感想をもつ同業の担当者さんの声を聞いて、「同じでよかった・・・。」という安心を得ようとする。でもその度に何とか自分だけでも抜けてやろうと思う自分がいます。そんな言い訳を探しても何も残らないどころか、これ以上前に進めない・・・。もっと言えば、目標達成できなかった時にまわりの状況を「言い訳」したくない自分がいる、いやしてはいけないと思うのです。

そんな時に浮かぶのが、松下幸之助翁のこの言葉・・・。

商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ。

これに新卒採用を当てはめてみると、

採用に好調不調はない。いずれにしても採用しなければならない・・・。

自分がいるのは商売の会社・・・。こんな時代でも儲けている人がいる。採用をうまくやっている企業、担当者がいるはずである。それに負けないよう、一歩でも前に進んでいくだけである。

ペタしてね


バナー6月

AD