同級生とのつながり

テーマ:

こんばんは。どん太くんです。今日は最高気温が30℃超えの日でした。この暑い中、アスティ店では「第40回ほっとカード会員様特別ご招待会」が開かれました。今から20年前に第1回目を行ってから、もう40回になるのですね。感慨深いものもありますが、その一方で常に新しいものへ変化していかなければならない必要性を感じます。

さて昨日今日と、「同級生デー」でした。

昨日朝、いきなり携帯電話が鳴りました。見知らぬ電話番号でしたが出てみると中学校の同級生でした。船舶にかかわる仕事をしている社長になっていることは以前同窓会で話しておりました。

彼曰く、今朝寄港した豪華客船から食材のオーダーがあり、時間がないのと量が量だっただけに、どん太くんのところに電話がありました。

すぐにバイヤーに連絡・・・。バイヤーのおかげで、市場中から野菜、果物を集め?何とか対応出来ました。

久しぶりに聞いた懐かしい声に対応出来て、うれしく思いました。

そして今日、駐車場でカートを集めていると「あ、○○君!」とご年配のお客様から・・・。「久しぶりね。この間のでか山の時にも、長野から息子帰ってきたのよ。○○君は書き入れ時だから、会いたくても声かけられないね。って話してたのよ」と、幼稚園、小学校、中学校一緒だった友人の母親からでした。こうやってすぐに同級生のお母さんから声をかけてもらえる、この仕事冥利に尽きると思います。

もう1件、同級生のお母さまから声をかけていただきました。「○○くんのおかげで、息子が作った商品を扱ってくれて、前から会ってお礼が言いたかったのよ。」ということで、どん太くんの名札を見たお母さんから声をかけてもらいました。この同級生は、現在小さなパン工房を営んでおり、どん太くんの会社のPBのパンを作ってくれてます。どん太くんが仲介したということでなく、パン自体がうまくて採用されて、今ではヒット商品になっています。

さらに夕方、同じ七尾市にある食品メーカーさんの営業さんから、「同級生の●●さんの部下に会ってくださいよ。」ということで、夕方このメーカーさんと取り組もうとしているアンケートの件で、担当である同級生の部下なる人に会いました。

本当にこの2日間で同級生がらみで、いろいろと楽しいことがありました。同級生からあてにされたり、この仕事を通じて繋がっていられる・・・。

他の仕事をしていたら、この「快感」はなかったのではないか?と思うと、あらためて店頭という場所でいろんな人に会えるこの仕事って魅力があると思えてきました。

ペタしてね どん太くんのひとりごと-バナー
AD