見方を変えてみる

テーマ:

こんばんは。どん太くんです。寒波もやっと去り、やっと雪は降らなくなりましたが、道路には雪が残り、朝は渋滞がある七尾です。そういう状態なので、やはり通勤は長靴・・・。昨日ぐらいですと商談にいらっしゃる方も「長靴」の方も多いので、公式シューズ?として認められている感もあります。今日くらいになると会社で履き替えて対応します。

さて昨日のワークライフバランスではないですが、きちっと仕事を切り上げて、ジムへ・・・。今までジム入りの時間が8時を回ることもあり、十分にメニューをこなせなかったのですが、今日はしっかりと走り、しっかりとウエートトレーニング・・・。いい汗をかきました。もちろん、今晩は休肝日です。

今日はランニングに使うトレッドミルという機械が、新しいものしか空いてなかったので初めて使いました。使い方もわからないので、とりあえずはいつものように速度を設定して走ります。これまでの機械は、「走った時間」か「距離」か「消費カロリー」の3つの指標のいずれか一つしか出なかったのですが、この新しい機械は、「走った時間」「距離」「消費カロリー」の3つ同時にが大きな画面で見ることが出来、特に走った時間が大きな文字で1秒ごとに表示されるので、それをメインに見て走ります。

これまでは、「距離」を見て走っていたので、5キロを過ぎると飽きてきて、1キロ当たりの時間がものすごく長く感じたのですが、今日は走っている時間を1秒単位で眺めながら、しかも60秒立つとすぐに1分が繰り上がっていくので、40秒過ぎることに、繰り上がる分が楽しみになり、飽きません。そうするといつもは5キロ過ぎると飽きてしまうイヤイヤ走りが、改善されてあっという間に8キロ以上走ったことになり、さわやかな大汗をかき切っている自分がいました。

いつもの指標を変えるだけで、同じ取り組みもこんなに違うのか?これが素直な感想です。自分自身の仕事も部下に対して指示した仕事の評価ももしかすると、ゴールが同じならばちょっとやり方を変えてみるとか、評価する指標を違うものを使ってみるとかで、もしかすると達成度が違ってくるのではないかと感じました。とかく、売上や荒利といった「結果指標」にとらわれがちな私たちはもう少し見方を変えることによって、さらに高い成果を得られるようになるのだと改めて学ぶことが出来ました。


ペタしてね  バナー
AD