燕屋さんとの事前交流会

テーマ:

今年4月に行われた「たっちゃんの紙芝居」が記憶に新しい地域公演)ですが、既に次の地域公演への活動がスタートしています!

 

地域公演とは、普段会員しか見ることが出来ないプロの舞台を地域の皆さんと一緒に観て楽しもう!という公演です)

 

来年3月に行われる地域公演は人形芝居燕屋くすのき燕さをお迎えしての肩掛け人形芝居です!

(燕屋さんて?という方はこちらをご参照下さい)

 

そして10月19日、その燕屋さんをお招きして地域公演 事前交流会が事務所にて行われました。

 

燕さんを囲んで、地域公演への想いや、なぜ肩掛けというスタイルなのか・・・など公演に関するお話から奥さんとの出会いは!?なんてプライベートなお話まで聞いちゃって交流会は大盛り上がりv(o´∀`o)v

 

 

参加できなかった方の為に、一部紹介しますと・・・。

 

――なぜ「肩掛け人形芝居」をしているのか?

肩掛け芝居は、舞台ごと動けるという事もあり場所を選ばずに出来るのが魅力。

室町時代の“洛中洛外図”に肩掛け芝居が描かれていて「民衆の中にいる芝居だ!」と感じ、このスタイルで人形芝居をしている。

少ないパーツで豊かな世界を表現したい!と思いやっている

 

――地域公演が好きな理由は?

赤ちゃんからおじいさんおばあさんまで色んな人が居る面白さがあり、やりがいがある。

 

地域公演が好きな理由に、「小学生が馴染みの居酒屋を紹介するおじさんのように友達をこっちこっち!と席へ呼ぶ姿や会場担当者の必死な様子を見ているのが面白い」というお話もありそっちの面白いですか!?とツッコまれる燕さんのお茶目な一面も見させていだたきました( *´艸`)

 

他にも演出家としての活動、ポーランドで見た人形劇のお話、燕さんの幼少期のお話・・・など色んな話を聞かせていただきましたが、軽快でテンポの良い語り口はさすが!!

お昼もはさんで約4時間、あっっっというに過ぎてしまい終わる頃には参加者皆すっかり燕さんの虜になっておりましたらぶ1

 

燕さん、楽しい時間をありがとうございました♪

 

燕さん(前列左から2番目)と虜になった参加者達

 

 

次回、燕屋さんとお会い出来るのは3月の地域公演です!

日程はこちら!

 

3月24日(金) 25日(土) 26日(日)

 

中央おやこと燕屋さんが自信を持ってお届けする肩掛け人形芝居!

ちいさい人から大きい人まで絶対皆が楽しめます!

今から予定を空けておきましょうね♪

 

(相馬)

 

AD