小さな彼氏③(最終回)

テーマ:
チャオーーーーーーー!!!



まだ心が虚無感でいっぱいですが、
今日からはいつも通りの記事でお送りしたいと思います。
あけすけ育児ブログを書いてみんなに笑ってもらえることが私の使命だ~とか言ったりなんかして。
改めまして小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。どうぞ安らかにお眠りください。


今日でひとまず小さな彼氏シリーズ最後!


このシリーズは言動や行動は現実に起こったことをそのままに、
こ憎たらしい我が子を顔だけイケメン俳優に差し替えて苦境を乗り越えるという一種の妄想です。




最後の登場は~~、三男ほーちゃん!


ほーちゃんは、菅田将暉君でいこ。



抜群の処世術を持ち合わせている鬼ちゃん、菅田くん。


寝起きにさらっと平気な顔で




とか言ってきたりするんだから、
女はすぐほだされる。


ブシャァァァァーー!!!(母性)
鼻血ダクダクダクダク・・・・。



なんやこいつ。

天性のヒモ気質(^o^)/。




置き薬のお姉さんが家に来て、
おまけに風船をくれた。






貰った瞬間すぐに「ふくらませて~!」って持ってきたけど、


お金払ったり、薬箱片付けたりしてすぐには膨らませなかった私。


私:「ちょっと待って~」


こういう場合、東出くんなら「どうせそんなこと言って膨らませてくれないんでしょ」とすね、
綾野剛なら「今すぐ膨らませろぉぉ!!」と殴りかかってくるところだけれど、

菅田くんは違う。


菅田くんは無駄が嫌いなのである。

早く動いてくれない女に用はない。



説得するために時間を割くぐらいなら、
すぐさま動いてくれる女を、


瞬時にレーダーで探し出し、


直接頼みに行ったほうが速いのだぁ~~!!




菅田くん:「ねねちゃんのおかあしゃぁぁ~~ん!!!

風船ふくらまって~~!♥」

外にねねちゃんのママがいるのを見つけて走り出した。


だあぁぁーー!!
ちょっと待て~~い!!ねねちゃんのママ、今、どこぞのママと井戸端会議中!!



菅田くん「これ!ふくらまって~~!♥」


ぬちゃぁっ。(よだれでどろどろの風船差し出す)


おおぅ・・。(白目)


はいはいはい!今すぐ膨らましますから!!やりますともやりますとも!!!(服従)



菅田君のほうが一枚上手。

菅田君は新種のドS。

他の女にうつつを抜かされて焦った本命を自ら動かせるのだ。





菅田くんは最初っから絶対断られると分かってる時には、

当たって砕けることすらしない。


受け入れてくれる女を探す。



うぉおおおおーーーい!!!!


その場かぎりの女の方が優しいことをよーーく分かっている。

おまけに自分のチャームポイントもよーーーーく熟知しとる。



こいつ、


相当な策士(睨)。

天性の嗅覚持っとる。
(どの女なら使えるかなぁ、、、じろじろ。)





向こうからやってくる友達に、

フランクに挨拶する菅田。




めっちゃ先輩風吹かせて名字呼び捨てしてるけど、


お友だちは



大先輩。


ちっさ。


この人自分3歳やと思ってへんで、絶対。


菅田くんが「よっ!加藤~!」って挨拶してるのに
小5の加藤くんは「ちゃん」付けで呼んどるからな。
なんやこれ。



おとといの夕方、ピンポンが鳴ったから出たら、




加藤くんが菅田くんを誘いに来てたからな。



なんだよ。





リア充かよ!!

幅広い交友関係繰り広げてんじゃねぇよ!!!チキショーーー!!!
私なんていまだにぼっちなのに、菅田めぇぇ!!


加藤くんと菅田くんちょくちょく遊んでるけど何して遊んでるのか、果たして遊びが成立してるのかはわからない。
とりあえず加藤くんがいい子で惚れる。





菅田くんは地道でもある。
見えないところであちこち種を撒いているのだ。

宅配便を届けてくれた宅急便のおばちゃんが、

宅配レディ:「おたくの坊っちゃんかわいいですねぇぇ~~!」

あ、そうっすか?ただのずんぐりむっくりですけど。



宅配レディ:「この間ね、私が荷物を運んでたら
あたしのこと、指差してね、






喜んどる。

近所でこんなことしてるなんて全然知らなかった。




それゆけ菅田くん、ぬかりなし!





いけいけ菅田!ゴーゴー菅田!


菅田くんはおねだり上手でもある。





二人だけで薬局に行った時、

ふと目に留まった飴。


すかさず欲しがった。



イチゴミルクキャンディー欲しがる、菅田きゅん。



私:「ダメ!いらないよ!」

菅田くん:「買ってぇぇ~!」

私:「ダメダメ。いらない~~」



菅田くん:一生懸命背伸びしてイチゴミルクキャンディーを取り、

女の言うことなど気にするそぶりも見せず、



強引にカートの中に



満面の笑みでねじ込む!!


ブシャァァァァ!!!!(母性汁)

ははーっ!

仰せの通りに。((;´Д`)ハァハァ)


私は今日も菅田君の下僕。


手のひらの上でコロコロ転がされているのです。



菅田くんはとんだ策士だ。





・・・・・・・・・・・・・・・・
ウーマンエキサイト
ご案内が遅れました!木曜日に更新になってます!


今回のテーマは、
↓↓↓

 です。

よかったら読んでみてください^0^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すくパラ公開の記事。
こっちも木曜日に更新になってます~~!!


すくパラは軽めのさくっと読める記事を載せていく予定です。
今から買おうと思ってる人は読んでみて!
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・



AD

お悔やみ申し上げます。

テーマ:
小林麻央さんがお亡くなりになられました。

それを知ったのはお昼前。
いつものようにブログを書こうかとイラストを準備している時でした。

多くの人がそうであったように、私も影ながらなんとか奇跡が起きてほしいと祈っていた一人だったので、
ショックで、しばらく呆然としてしまいました。
いつものようなドタバタ劇場を書くエネルギーが起きませんでしたし、
書いてていいのかなと躊躇してしまいました。

私がこのような事を書くのはおこがましいですが
心からお悔やみを申し上げずにはいられません。

こんなにも生きたい・生きていてほしいと願われている人を奪っていってしまう運命の非情さを感じます。
こんなにも必要とされている人にさえ奇跡は起きなかったと無力感を感じ、
ぐるぐると考えさせられた一日でした。

苦しい状況の中でもひたすら希望の光を見つけ、最期まで強い光を放った女性だったと思いますが、
強く光るものの裏側の影は色濃かったと思います。その辛さは想像を絶するにあまりあります。

私は父を癌で亡くしていますが、奇跡でも起こらない限り治らないという現実の中で生きていかなくてはいけない状況、死に向かって走り出した病魔をどんなに止めようと思っても止まってくれない状況は、
綺麗事で語れるような感情ではありません。

どうして自分がこんな目に合わなければいけないんだと運命を呪った日もあったでしょう。
ドボドボとわき出てくる不安に必死で蓋をした日もたくさんあったと思います。
泣いた日だって、疲れてもうやめてしまいたくなった瞬間だってあったと思います。

なにより、小さな子供たちを遺して先立たなければいけないことがどんなに無念だったでしょう。

きっと多くのお母さんたちが同じように考えを巡らせたと思います。
麻央さんがどれだけ生きたいと思ったか。
もう一度当たり前のように歩いて、しゃべって、食べて、子育てして普通の毎日を送りたかったと思います。

今、私が何気なく過ごしている日常
麻央さんにとっては叶えたくてしかたなかった、戻りたくてしかたがなかった夢だと思います。
私の生きている今日は、明日を生きたいと願った人たちの叶えられなかった明日でもあります。

だからこそ、今ある命を一生懸命輝かさなければいけないと改めて考えさせられました。



麻央さんのブログには私を含めたくさんの人たちが勇気付けられ、励まされ、突き動かされたことと思います。
彼女のブログは、SNSの持つ意義、使命を見事に体現させたものだったと思います。
見ず知らずの人たちにこれほどの影響力を与えられたのは彼女の勇気があったからこそです。
私は彼女のような強い力も心も持ち合わせていませんが、ブログを書く立場の者として、
誰かの力になれるように、誰かの肩の力を抜くことが出来るように頑張りたいと思います。


最期の言葉、聞くたびに泣けてきますね。
でも、不思議なことに本当にあるんですよね。
私の父も意識不明でずっと昏睡状態だったのに最期の瞬間には目を開き、じっとこちらを見つめ旅立ちました。
乳ガンで亡くなった幼稚園のママは五歳の息子くんがお母さんと呼び掛けた時瞬間笑い息を引き取ったそうです。

たくさんの人たちが生きたいと思った明日を私は精一杯生きなくてはいけません。

泥んこの体操服をごしごしと洗えること、
散らかった部屋を片付けられること、
さんざん外で遊んだ子供たちを羊飼いのように部屋の中に追い込めること、
こんな些細なことが当たり前のようで当たり前じゃないんだと噛み締めながら、
一生懸命生きようと思います。

自分には出来ることなんて何もないだなんて思わないで、
自分にも出来ることがある、自分にもどこかの誰かになにか差し出せるものがあると信じて、
一生懸命生きようと思います。


遺された海老蔵さん、お子さまたち、ご家族の悲しみはいかばかりかとお察しいたします。
ご冥福をお祈りいたします。
痛みからも苦しみからも解き放たれてゆっくりと休んでください。
お子さまたちの成長はきっと日本中のみんなが温かく見守ってくれると思います。安心してください。



AD

人類の飽くなき好奇心。

テーマ:
チャオーーーーー!!!


本日二本目。一本目はこちら。(さっそくたくさんのコメントありがとうございます!)


おととい、夕方なんか熱いと思って計ってみたら39.3℃の熱があったゆいたん(次男)。
実は先週はひそかにほーちゃん(三男)が同じように39.7℃の熱を出してたんだよね。

大人からしたら39℃台の熱を出すなんて三途の川に片足突っ込んだぐらい辛いのに、

なんなの。この生き物たち。



めっちゃ動くんですけど。


マグロか。


                                               
いい加減にしなさいっ!!!
じっとしてないと治らないよ!!

幼稚園お休みしないといけなくなるよ!!(脅)



二人:「いいよ~~\(^-^)/」


いやいや、
全然よくないわ。(私が)


とにかく下二人が一緒にいると調子に乗ってばかりで全然じっとしない。
いっそ麻酔銃撃ちたい。


で、

さんざん動き回った夜。



夜中の三時に突如、







三男マーライオン化。ゴフォォオオ!!!



ええええーー!!

ゆいたんにばっかり気を取られてたからまさかほーちゃんがマー化するとは思っておらず、



もうさ、

経験した人なら分かってくれると思うけど・・・


夜中の三時に布団にマられた時の絶望ったら・・・。


立ち尽くすしかないよね(呆然)

夫がほーちゃんの介抱をし、私は布団を処理し、
翌朝夫婦ともども寝不足。

なのに、起きてきた二人、

むっちゃ元気。


なんやこれ。

親を睡眠不足に陥れるための嫌がらせかよ(白目)


しかし、あれだな。
うちの三兄弟。毎回毎回よくもそんなにまでちょっとした事で楽しめるなって思う。






人類で初めて


冷えピタを発見したんか。

つーぐらい毎回新鮮に喜ぶんですけど、
アホなんかな。




おとといの夜、冷えピタを発見した人類。





舞う。(ピタ祭)



ほーちゃんはまだいいわ。

小3のちゅんたん、冷えピタで喜んでるとかいいんかな。




そもそも男子はだいたい正規の使用方法で物を使わない。

絶対脱線する(白目)


最初はおでこに貼ってたけど、そのうちすぐに、





いかに冷やせるか戦い始めた。(ちゅんたん)

人類と冷えピタとの戦いの幕開けである。





扇風機で冷やしたものを~~、

貼る。




そして、



舞う。


それを見た他の二人も、





貼る。


からの~、






舞う。


もはや止める気にもならない。



より一層冷えるものはないかと探し始めたちゅんたん。



今度は、



エアコンの風で冷やしてみようと試みる。

っつーーーかウロウロしてないで早く宿題しなさいっ!!



そして、こっちの下二人はというと、


うーーーーーわっ。







冷えピタで股間に目貼り。


「ち○こがスースーする~~!!!」って爆笑してた。


なんて残念な息子たち。。



母ちゃんに「やめなさい!」と叱られたものの、

いかに冷えピタをち○こに近づけるか、戦いは続く。

(戦いの趣旨違っとるがな)





今度は服の上から貼って、





冷えピタをち○こに見立てる。

冷えピタ、とうとう ち○こ役。

冷えピタ会社の人が読んだら泣くぞ。




もうさ、

リビングで股間に冷えピタくっつけて、
「ち○こが落ちる~~!」「うわー!落ちるーー!」とか言ってがに股でガニガニ歩いててごらんなさいよ。




たいがいのことどうでもよくなる。(白目)




で、エアコンの風と戦っていたちゅんたんが最終的に行き着いた形。






何言うてんのか全然わからへん。



こんなことして散々遊んでて、
夜中に吐くとか

嫌がらせでしかない。(確信)





・・・・・・・・・・・・・・・・
ウーマンエキサイト



今回のテーマは、
↓↓↓

 です。

よかったら読んでみてください^0^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すくパラ公開の記事。


当初4回限定の予定だったのですが
引き続き書かせてもらえることになりました。(祝)

すくパラは軽めのさくっと読める記事を載せていく予定です。

↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・



AD

小さな彼氏ってなに②

テーマ:
チャオーーーーーー!!!!



いやはや、小さい組の風邪が落ち着きましたわ。
昨日は更新をお休みしたのにも関わらずいつもにも増して読者登録がピュンピュン飛んできて凄かったです。
登録してくださった皆さま、ありがとうございました\(^-^)/
ここんところビックリするぐらいのアクセス数で、
コソダテフルに一体何が起こったんだと驚いております。
読んでくださる皆様がいらっしゃるからこうしてモチベーションを保って続けていくことができています。ありがとうございます~!エイエイオー!


何日か前に次男・ゆいたんの彼氏バージョンを記事にしたら意外とウケがよくって、(予想外)
他の二人バージョンでも見たい!という声を複数いただきましたのでさっそく書いてみました。


このシリーズは、
言動や行動は現実に起こったとおりだけれど、
顔面だけ俳優さんに置き換えるという一種の妄想です。


次男・ゆいたんは綾野剛に脳内変換させてもらったんだよね。



今度は長男・ちゅんたん(小3)


東出昌大でいってみよう。





昨日の夜、晩御飯を食べながら週末の予定の確認になった。




東出くん:「ねぇ、





私:「あ。その事なんだけどさ、





土曜日はせっかくだからパパに行ってもらおうかなって思ってるんだけど。」



東出くん:「え??

なんで??





私:「しゅ・・

習字飾ってあるんだ。・・・へーーーーー」

(本音:学期末に持って帰ってくるだろうし、なんなら夫に写メでも撮ってもらえばいいから正直別に見なくていいい)


東出くん:「ねぇ、来てよ。」

私:「え。ママのほうがよかった?
パパもたまにはいいじゃん。」



東出くん:「え。なに?




ヒィィィ・・・・。


重い・・・・重いよ。ガクブルガクブル。

東出くん:「僕の習字、見たくないんだぁ~。
へぇ~~。
悲しいなぁ~~~」


私:「いや、興味、全然あるよ・・・!!わーーー見たいなぁ(棒)」

東出くん:「ほんと?

嘘でしょ。

ほんとはどうでもいいって思ってんでしょ。」


バレたか。

あかん。
どんどん狂気じみていっとる。



私:「いやいや、じゃぁ、土曜日はママが行くね?

アア、タノシミダナーー」




東出くん:「




おもっ・・・・。



昨日は寝る時間が遅くなってしまって、

さっさと寝かそうと一緒にお布団に入ったんだけれど、



ちょっ、あの・・・






近いから。


圧がすごい、圧が。

しかもなんか全体的にネチッこい。(鼻息)

小3なんだからもう一人で寝てほしいのに、彼はいつまで経ってもやたらママが好き。
大好き。大大大好き。(白目)


いつもは下二人のママの隣をとられてしまうけれど、
昨日はたまたま空いてたから隣に寝たかったらしい。



がしかし、それを見つけた綾野剛が、



割って入る。

そして、喧嘩。

東出:「たまにはいいじゃん!!」
剛:「ダメ!あっちいけ!!」
東出:「なんでよっ!このっ!このこのっ!!」
剛:ゴッ!!(蹴)

ボカスカボカスカ。



あーーー、うるさい。

ていうか、


左側の過疎化が激しすぎるんですけど。

なんで左こんなに空いてんのに全員こっち来んねん。
偏りすぎやろ。
なんやここ。東京か。






で、結局、綾野剛が力業でねじ伏せて、




東出くん、泣く。グスッ・・・・スンスン・・・・・



なんでこんなに愛してくれるのかわからない。
人見る目ないんちゃうんか、この子。



学校から帰ってきたあとは、

冷蔵庫から飲み物をコップに注ぎながらさらっと聞いてきた。












持ってるかー!!

持っとるわけないやろ、自分の母親どんだけ凄いと思てんねん。
買いかぶりすぎや。

私:「持ってないよ。
持ってるわけないじゃん。」


東出:「えぇ~?なんで持ってないん。」


持ってて当たり前みたいな言い方すんな。


東出:「じゃーさぁ、








いやいや。なんで。


なんでママが頑張ってギネスに挑戦せなあかんねん。どちらかといえば老い先短いぞ。

どうせなら君が狙いにいってくれよ。前途洋々なんやから。


私:「ちゅんたんがギネスに挑戦したらいいじゃん。

なんか頑張ってよ。」



東出:「なんでよ。





親子で目指そうよ」


なんでやねん。

どこまでママと一緒のつもりや。

友達とでも、彼女とでもいいから自分で勝手に挑戦してくれ!!(自立大歓迎!はよ巣立て!!)





そして風呂上がりにはまたスイッチが入ってしまった彼。

定期的にこの質問が飛んでくる。





はいーーー。出たーーー。


「世界で一番誰が好き?」症候群発症。


これ、何度も繰り返してるけど、いまだに治療法が見つからない。



「ちゅんたんが一番好きだよ」と言ったら下二人がめっちゃ反撃してくるし、
隠れてこそっと「ちゅんたんだよ」と言っても「ほんと?嘘でしょ」って信じてくれないし、
かといって「パパだよ」と言ってみても丸く収まらない。

ので、

私:「み~~んな好き」と言っても、
「みんなじゃダメ、。順番つけて」って言ってくる。


でも、この日はめんどくさかったので、


「みんな大好き」って答えた。



東出:「え?みんな大好きなの?」

私:「うん、みんな大好き」


東出:「みんなってみんな?」

私:「うん、みんな。
オケラだってミミズだってみんな大好き。」



東出:「じゃぁさ、







う、うざい(笑)。


ちなみにこれ、さっきも聞いてきた。


愛情を与えても与えてもまだまだ足りないらしい。


燃費悪い男。






・・・・・・・・・・・・・・・・
ウーマンエキサイト



今回のテーマは、
↓↓↓

 です。

よかったら読んでみてください^0^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すくパラ公開の記事。


当初4回限定の予定だったのですが
引き続き書かせてもらえることになりました。(祝)

すくパラは軽めのさくっと読める記事を載せていく予定です。

↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・




重役が使えない。

テーマ:
チャオーーーーーー!!!




本日二本目。


今日、幼稚園からお帰りになられましたら
常務(次男)が喉が苦しいとおっしゃられましたものの、

それ以外は特に変わったところがなかったので
通常通り勤務いたしておりました。

が、

夕方六時前になって何かおかしいと
熱を測ってみたところ、

なんと39、3!!


いつもの狂犬っぷりなど見る影もなくヒィヒィ言い始める常務。




常務っ!!しっかり・・・・!!!

アホみたいに毎日水遊びしすぎですって!!!


と、そこへ、

専務(長男)がやってきた。





ゴフッ!!

知るかぁぁー!!!!



知るわけがない。


学校から帰ってきて、ランドセルを今はじめて開けたんですよね?
わたしが計算ノートをわざわざランドセルから引き抜いて何事もなかったように蓋を閉めたとでも言いたいんですか!?

なんのために(白目)




この人、こないだも全く同じことしてた。

よくこんなんで専務が勤まるな。(勤まってない)




私たちが計算ノートの行方についてディベートしていると、

背後で部長(三男)がなんかやいやい言ってる。

そんでまた、
この部長が、これまた、クレイジーで。
(クレイジー部長)



わたし:「しっかりしてよ!何回目で!?なんでないのよ!!」(ガミガミ)

専務:「えぇ~~?入れたと思ったのになあぁ~~」(のほほーん)



部長:「あっち向いて!!あっち向いて~~!!」

ちょっ、なに!?

「だーかーら、入れたと思ったって入ってないんだかr・・・・

部長:「あっち向いてってばぁぁぁ!!!}




あんだよ!部長うるさいなもう!!

(言いなりに向こうを向く)



わたし:「ないっつったってどうすんのよ!

もう一回探してみるしかないじゃ・・・




ぷちゅぅぅぅうーー!!!」



ひゃあああああぅお!!!!
部長ぉぉぉおお!!何すんのよ!!!

真剣に専務とやり取りしてる最中に、
部長がカンチョー。

しかも、専務のリコーダーの掃除の棒(悲報)


も・・・もう・・・・なんなのこの部長。

どっから持ってきたん、その棒。(白目)



今、計算ノートのほうが大事なんだからちょっと黙ってて。





部長:「ギーコギーコギーコ」


棒でわたしのおケツをギコギコ。(哀)





もうさ・・・・



理想の暮らしから遠すぎるわ。


なんやねん、この図。


お尻にリコーダーの棒刺されながら
専務に説教して、
扉の向こうからは常務のいななきが聞こえる。


劣悪(-.-)

わたし:「も~~!!その棒、片付けてきて!!やめて!!」


怒ったわたしにたいして部長のとった行動。








ポイ捨て。(逆ギレ)
キィィー!腹立つ~~!!


そして、そのまま放置。




専務よ。次にリコーダーを掃除することがあったら、
そのときは・・・

その棒、わたしのおケツに刺さったものです。(洗ってやれよ)



計算ノートを机周辺で探し直すも、やはり見つからず、
わたしの頭からはニョキニョキと角が生えてきて、
イライライラ・・・・!!



その横でクレイジー部長が、ねぇねぇねえねえ呼びまくってくる。
イライライライラ・・・・!!!



あに!?あんですか!?(怒)





部長が、どうみてもお取り込み中のわたしを一生懸命呼んでまで、
伝えたかったこと。













せんでいいわーーーー!!!(殴)

傷どこよ!!!

え?



1ミリじゃん。








はーしんど!!!



今日もお疲れ~~~\(^-^)/




・・・・・・・・・・・・・・・・
ウーマンエキサイト



今回のテーマは、
↓↓↓

 です。

よかったら読んでみてください^0^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すくパラ公開の記事。


当初4回限定の予定だったのですが
引き続き書かせてもらえることになりました。(祝)

すくパラは軽めのさくっと読める記事を載せていく予定です。

↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・