kyotenのブログ

ここは金澤恭典のブログです。
ここでは、金澤恭典が作曲した作品のコメントを受け付けます。
ご自由に投稿して下さい!

ペトルッチに掲載している作品↓
http://imslp.org/wiki/Category:Kanazawa,_Yasunori


テーマ:
第3回洗足現代音楽作曲コンクールの動画がアップされました。



すいませんが、以下をコピペして下さい。↓

https://www.youtube.com/watch?v=5O0JZbk3bWE&list=PL9GdrNWcvCfIEkWd6JvZm2ItbcIqFMonO&index=2



残念ながら入賞は出来ませんでしたが、独奏コントラバスの演奏が素晴らしいので、是非ご覧下さい。



以下、当日のプログラムの解説文です。



<「Gnome」の曲目解説>

「Gnome(ノーム)」とは大地の精霊です。

傷ついた大地を蘇らそうとするGnome達を独奏コントラバスとオーケストラで表現しています。

以下の6つの断章から出来ています。

1:Prologue…低音楽器による「大地の主題」で、ステージを大地へと導きます。※「大地の主題」は「ジュピター音型」(C-D-F-E)の反行を用いています。

2:Prayer…長老のGnomeが癒しの祈りを捧げます。(最初に独奏コントラバスが出る部分)

3:Dance of the revival…祈りによって蘇る大地をGnome達が喜び、踊ります。(2+2+3拍子の部分)

4:Aria…人々の愚かな行為を嘆き、Gnome達は歌います。(独奏コントラバスと弦の部分)

5:Carnival…Gnome達は宴を催し、大地の繁栄を願います。(スネアドラムに続き、トランペットが主旋律の部分、途中にアイヌの民謡(C-E-D)の反行が出て来ます。)

6:Epilogue…いつまでも消えることの無い大地の傷跡を暗示し、この作品は終わります。(オーケストラのユニゾンの後から最後まで)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇